画像: 野杁がピケオーへのリベンジ&王座挑戦目指し「引くようなKO見せる」【3・22 K’FESTA.3】

野杁がピケオーへのリベンジ&王座挑戦目指し「引くようなKO見せる」【3・22 K’FESTA.3】

ISKA王者のダビド・メヒアと対戦
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に出場する野杁正明が神奈川県内の所属ジムで公開練習を行った。
この日はキックも交えた1分半のミット打ちを行ったのだが、ミットを持つ渡辺雅和代表の体が浮き上がるほどの強烈なローやミドルを何発も叩き込んだ。
野杁は2月22日にスペインのダビド・メヒアとの対戦が発表された。大会まで1カ月となった時点での発表となったが、これはもともと海外での試合が予定されていたから。
練習後の会見で野杁は「中国で試合をする予定だった。中国からはもともとオファーをいただいていたが、なかなかタイミングが合わなくて出ることができなかったが、今回、このタイミングでオファーをいただいて、出る方向だった」と話した。今回こそ海外での試合が流れてしまったが「日本だけではなく海外でもオファーをいただければどの大会でも出たい。僕はフランスでも2回していますし。うれしいことも悔しいことも経験してきた。海外に名前を売るためには海外で試合をしなければいけない場面も出てくると思うので、オファーがあればどこでも試合をします」と海外での試合には前向きな姿勢を見せた。
対戦相手のメヒアはISKA世界ウェルター級王座を保持し、近年は中国のクンルンファイトやWLF武林風でも活躍している強豪。野杁は昨年12月のK-1名古屋大会で判定勝ちしたハッサン・トイに続き武林風で活躍する選手との対戦となる。
「武林風でやっているからというわけではなく、海外で名前で売れている選手。そういう選手がたまたま武林風で試合をしていた。武林風でもトーナメントをやっていて、そこで勝ち上がった選手がハッサンだったりするので、そういう強豪と試合を組んでもらえるのはうれしい」と話した。
「この競技をやっている以上はトップにならないと意味がない」
その武林風の-67kgのトーナメントには強豪選手がそろっていたのだが「オファーがあれば挑戦したいという気持ちもある。海外には日本にはまだ来ていない強豪もたくさんいる。ハッサンも日本では知らない人も多かったと思うが、武林風のトーナメントで結果を残している。やはりこの競技をやっている以上はトップにならないと意味がない。世界一と思われる試合がそこにあるなら僕は挑戦していきたい」などと興味を示した。
そして今回戦うメヒアについては「オーソドックスとサウスポーのスイッチができる選手。トリッキーな感じ。でもアグレッシブで結構ガツガツ来てくれるタイプ。いい選手だとは思うが、攻略法はできている。KOできると思う」と話した。
前戦はトイ相手に判定勝ちに終わったが「ハッサンとは戦っている中で倒せるかなと思ったんですが、うまさや根性も感じた。別に圧力負けもしていないし、気にならなかった。今も70kgでやっている藤村さんや、最近はスパーリングはやってないんですけど亮さんとかともやっていて、上の階級の選手に圧力負けとか力負けはしていないのでフィジカルはそんなに気にしていない」と試合を振り返り、海外の強豪選手をKOするための強化ポイントとして「自分の一発一発の強さだったり、自分自身のスキルアップを重点的にやっています」などと話した。
ピケオーへのリベンジとタイトル挑戦をアピール
また野杁については「K-1の強さの象徴」と見るファンや関係者も多いのだが「僕は全然そうは思っていないが、メディアにどんどん出るような路線ではなくて、強さで本物を目指していきたいと思ってやってきたので、皆さんにそう思われるのは素直にうれしい」と語り「強豪といわれる選手を一人ひとり倒していくことが今の僕の使命だと思う。(木村)ミノル君は今回スーパーウェルター級でトーナメントに出るんですが、出る前は僕とミノル君に試合をしてほしいという声も多かった。そういうファンが望むような試合ができれば一番ですが相手のコンディションとかもあると思うので、僕は世界のトップと言われる強豪とやっていきたいと思っている」などと話した。
ウェルター級は今大会で王者・久保優太にジョーダン・ピケオーが挑戦するタイトルマッチが行われるのだが「どっちにしても僕はK-1のウェルター級のベルトを獲るために階級を上げたので、獲らないと始まらない。久保選手とは何回も試合をしているので、別にやりたい気持ちは正直ない。できるならピケオーに挑戦して、リベンジしてベルトを獲って、K-1のウェルター級のチャンピオンとして世界の強豪とどんどんやっていきたいという気持ちはある」などと昨年のK’FESTA.2で敗れたピケオーへのリベンジと王座挑戦をアピールした。そのためにも「今回こそは皆さんが引くようなKOを見せるので楽しみにしていてください」と会見を締めくくった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.