画像: 髙田延彦が定年延長問題の黒川検事長に激辛進言「矜持はないのか?」【髙田横粂の世相談義】

髙田延彦が定年延長問題の黒川検事長に激辛進言「矜持はないのか?」【髙田横粂の世相談義】

横粂氏「内部からも批判の声。おかしいという意見が大半」
タレントで元格闘家の髙田延彦が3月2日、黒川弘務検事長の定年延長問題についてコメントした。
髙田はこの日、弁護士で元衆議院議員の横粂勝仁氏とともにMCを務めるインターネット配信番組「髙田横粂の世相談義」に出演。番組では髙田が疑問に思う、政治・社会・スポーツといったさまざまなジャンルのニュースについて語り、そこに横粂氏が弁護士かつ元衆議院議員という立場ならではの解説を加えていく。
この問題について横粂氏が「国家公務員法で定年は延長できるとなっているが、法律をつくったときに検事と大学教授は適用されないと定めている。今回は法解釈をかえて検事にも適用されるとしたことが大問題と批判されている」と説明。そして「内部からも批判の声があがっているように、おかしいという意見が大半。大学教授と検察官に定年延長が適用されないというのは、教育機関に政治が大きくかかわると教育がゆがめられることがあるので、アンタッチャブルにした。検察官も政治家を追及する側なので一線を画しておこうとしていたから。それを変えるなら、なぜ変えるかの明確な理由がなければいけない。さらに法解釈の変更は立法と同じ。集団的自衛権の時は憲法の解釈を変えたが、あれは憲法をちょっと変えちゃったのと同じ。あの時は憲法改正と相当するくらいの国民的議論がされたのかが重要だった。今回の法律解釈の変更も同じで、それに見合った議論がされたかというと、不備が多い」との見解を示した。
髙田「出世欲? “それは受けられない”と自分では言えないの?」
これに対し髙田が「この間もIR問題で4~5人の人がお金もらったとされる問題があった。安倍さんの桜を見る会の前夜祭の政治資金収支報告書の問題も片付いてない。そういう現状にもかかわらず、解釈の変更で検察の地位を官邸の安倍さんや菅さんが決めることができちゃうとなると、検察が国民から見られる信頼感が思い切り失墜する。そんなことは僕らのような素人でも感じるのに、検察のOBの方々が“情けない”となぜ立ち上がらないのか? 怒りを表さないのか? 検察とはなんたるものかと人生をかけて仕事をやってきた先人たちに顔向けできないとは思わないのだろうか。それは国民に対しても」などとこの問題についての反対が大きなうねりとならない検察関係者へ、そして黒川氏本人にも「“それは受けられない”と黒川さんは言えないのか? 解釈を変えて定年を延ばす。そこには何か意図があるかもしれない。そういう誤解を国民あるいは検察の先輩や後輩、仲間から受けかねない人事に対して、本人は出世欲が強くてそれを選ぶのか? 誤解を受けかねないのであれば“お誘いはうれしいけどこれは受けられない”という検察の矜持のようなもので突っぱねられないのか?」と疑問を呈した。
同番組は次回は4月13日に生配信の予定となっている。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.