画像: Mattが初の“マット”仕事「やっぱりマットの仕事きた!」ZOZOMATをPR

Mattが初の“マット”仕事「やっぱりマットの仕事きた!」ZOZOMATをPR

ネットショッピング「ZOZOTOWN」の靴の専門モール「ZOZOSHOES」がスタート、そのプレスカンファレンスが4日ライブ配信で行われ、モデルでタレントのMattが登壇した。新モールのポイントになっている「ZOZOMAT(ゾゾマット)」をPR。Mattは「このお話をいただいたとき、やっぱりマットの仕事きたと思った」と笑い、「ヨガマットがくるのかなと思ったらZOZOMATが先でした」と喜んだ。
「ZOZOMAT」と専用アプリを使用することでユーザーは自分で簡単に足の3D計測ができる。「ZOZOSHOES」は計測したデータから、対応しているシューズごとに適正なサイズを提案したり、相性のいいシューズをレコメンドする。Mattは「自分の携帯で測定できるのは現代の技術、すばらしいなと思う」。
イベントでは、Mattにぴったりな靴が提案された。ローファーからスニーカーまでさまざまなタイプで、サイズは26.5~28センチメートルまでばらつきが。「いつも28センチメートルを履いてぴったりだと思っている」と本人。
仕事でもプライベートでも革靴を履くことが多いというMattは、勧められたもののなかから一番小さいサイズだった26.5センチメートルのローファーを選んで試し履き。「ぴったり普通に歩けます。ちょうどいい、履きやすいです」と大喜びだった。
「ZOZOSHOES」では、「ZOZOMAT」のほかにも、機能性から検索できたり、コーディネートなども提案。オンラインショッピングながらも快適な靴のショッピングを実現する。現在「ZOZOSHOESオープン記念 10,000足プレゼントキャンペーン」も行っている。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.