画像: ケガから復活の小澤海斗「かき回す。ベルトを獲ります」【3・22 K’FESTA.3】

ケガから復活の小澤海斗「かき回す。ベルトを獲ります」【3・22 K’FESTA.3】

欠場中に読書。『7つの習慣』『鬼滅の刃』で視野広げる
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K’FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に出場する小澤海斗(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が3月4日、都内の所属ジムで公開練習を行った。
小澤は昨年6月のK-1両国大会で鷹大相手に勝利を収めたものの、その試合で左拳を負傷し長期欠場となり、今回は約9カ月ぶりの復帰戦となる。
この日は大宮司トレーナーの持つミットに左ストレート、左ミドル、左ローと左の攻撃を中心に打ち込んでいたのだが、左のパンチは故障明けを感じさせない強烈なもの。また左ミドルも一段とパワーアップした印象。
対戦相手のジャオスアヤイ・ソー.デッチャパンは昨年11月に行われた「第3代K-1フェザー級王座決定トーナメント」でK-1初参戦を果たし安保璃紅、卜部弘嵩を破り決勝に進出。江川優生には敗れたものの、その確かな実力を見せつけた。
小澤は練習後の会見で「コンディションは普通です。拳の状態は100%」と順調な仕上がりであることを話した。
小澤はケガで練習ができない間に「今まで本を読んだことがなかったが、ケガをしている最中、読書でもしてみようかなと思った。いろいろな本を読んだ中で『7つの習慣』が面白かった。私生活にも使えるし、経営者を目指しているので(笑)。読んでみて、私生活も大事だなと思った。私生活も格闘技を意識した生活をするように心がけています。あとは...漫画も読書に入ります? 『鬼滅の刃』は面白かった。呼吸を覚えました。相手との間合いだったりも。間合いって大事だなと思いました」と思わぬ書名が飛び出した。
「トーナメント2位を倒せば完全復活の証明になる」
またそのほかにも「ランニングをしていた。考えがポジティブになった。ケガをするとマイナスに考えるが、体を動かすことでポジティブ思考になって“まだいけるな”とか“どうってことねえや”というように考え方が変わった」「イメージトレーニングも、いいイメージのものもするが、最悪の状況の時のイメトレをめっちゃしていた。人間の体って頭でイメージしたものをすぐに体に出せるわけではない。イメージして神経を動かす、そういうことをイメージしていた」などと練習が思うようにできない時間もさまざまな工夫で有効な時間に変えていたよう。
対戦相手のジャオスアヤイについては「会見でも言ったんですが、ムエタイナンバーワン!じゃないですか」と話しつつも、「ムエタイベースだけどアグレッシブに来るので。ムエタイにはないリズムで圧倒したい。タイミングを見て隙を狙って、気が緩んだ瞬間にぶっ倒してやろうかと思う」と対策に抜かりはない。
また欠場中のK-1については「興味のある選手は見ていたが、自分が出ないと興味がない。だからほとんど見なかった」とし、復帰後は「かき回す。ベルトを獲ります」と改めて王座獲りを宣言。そして「完全復活した姿を見せたい。トーナメント2位だった選手を圧倒して倒せば、完全復活の証明になると思う」と改めてKO宣言した。
高校生に「自分をもって強く生きなさい」と伝えたい
小澤は最近、ユーチューバーとしても活動中なのだが、先日、終業式の高校に赴き高校生に向けて講演を行った様子を公開した。
これについて小澤は「終わった後もSNSで違う人からも“ありがとう”とか“ウチにも来てください”といったメッセージをもらいました。試合前なので断っているが、試合が終わったら高校生のガキンチョらに“自分をもって強く生きなさい”と伝えようと思います。SNSでいろいろな情報が入って来るので、情報社会に流されるのではなく、自分のやりたいことを本気でやれるようにと俺でよければ伝えたい。彼らの刺激になるような、やる気を与えたい。やる気がある奴はいいが、やる気がない奴は何もやらないで3年間が終わっていくじゃないですか。そうなってほしくないので、何でもいいのでやる気を与えてあげられたらと思う」と熱っぽく語った。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.