画像: 仮想カリミアンが7人!? 愛鷹亮が仰天トレーニング公開【3・22 K’FESTA.3】

仮想カリミアンが7人!? 愛鷹亮が仰天トレーニング公開【3・22 K’FESTA.3】

ついにクルーザー級王座に挑戦
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に出場する愛鷹亮(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が3月7日、神奈川県内の所属ジムで公開練習を行った。
愛鷹は同大会でシナ・カリミアン(イラン/POWER OF DREAM)の持つK-1 WORLD GPクルーザー級王座に挑戦する。
2人は昨年8月のK-1大阪大会でノンタイトル戦で対戦。愛鷹が3RでKO勝ちを収めるという大番狂わせを演じ、11月の横浜大会でタイトルマッチが組まれたのだがカリミアンが負傷のため直前で欠場。タイトル戦は延期となり、先日行われた「K-1 AWARDS 2019」内で改めてタイトル戦が発表された。
11月大会での公開練習では背の高いカリミアンを想定し、肩車の上に乗った選手の持つミットにパンチを打ち込む練習を披露したのだが、今回はさらにパワーアップ。
当初はカリミアンがPOWER OF DREAMに移籍したことから「スピードアップしてくるに違いない」ということで2体の仮想カリミアンを用意してパンチを打ち込んでいく予定だったのだが、KRESTの選手たちが我も我もと肩車をし始め、7体の仮想カリミアンが誕生。結局、愛鷹はバルタン星人の瞬間移動のごとく横に並んだ7体の仮想カリミアンに右オーバーフックを連続で打ち込んだ。
「移籍して1カ月くらい。人間はそんなにすぐに進化しない」
練習後の会見で愛鷹はこの練習について「今日はカリミアン選手の顔の高さに合わせたミット打ちをやらせてもらった。試合になると実際にあの高さで殴ることになるのでリアルな感じでできた」とその意図を説明した。コンディションについても「バッチリ。いい感じなので、22日に向けて最高の状態で練習できている」と話した。
タイトルマッチが仕切り直しになったことで、カリミアンが武居由樹、江川優生らK-1やKrush王者を多く輩出しているPOWER OF DREAM所属になるというビッグサプライズがあったのだが、この移籍について愛鷹は「脅威だと思う。強い選手も多いし、会長の教え方にも定評あって進化してくると思う」と警戒しつつも「だからといって彼に対して対策を変えることは特にない。今まで通りの戦い方で今回も前に出て殴っていくスタイルで行こうと思う。まだ、移籍して1カ月くらい。人間はそんなにすぐに進化できるものでもないと思う」とあえて過剰な受け取り方はしていないよう。
ただ「格闘技は個人競技だが、一番大事なのはチームの力。ああいう結束の固いチームに入ったということは、セコンドなどすべてにおいてパワーアップするので、彼自身のレベルが上がるのは間違いない。そこは驚異」とセコンドも含めた総合的な部分についてはやはり脅威を感じているよう。
そして改めてカリミアンの印象については「体が大きい割にはいろいろな技を出すテクニシャン。かと思えば、インファイトでがんがん殴り合う気持ちの強さもあったりして、全体的にまとまっているという印象」と話した。
「判定で勝つのは難しい。倒せる技をどう当てるか」
試合展開については前回の試合を「1Rで自分のことを倒しに来ているのは感じたし、プレッシャーもすごかった。でも今まで戦っていた選手がだいたいあそこでのまれて負けちゃうパターンを見てきた。あそこを乗り越えた後に彼がどうなっていくのかなということは考えていたので、“まず1Rを耐えて”というのはあった」などと振り返ったうえで、今回は「移籍する前は前回と同じように1Rから詰めてくるのではないかと思っていたが、いい指導者というか、戦術を考える方がついたので、あのリーチを生かした戦い方、サークリングをしてくるんじゃないかなと今は思っている」と話した。
また「KO決着をイメージしている。リーチもあって、技も多彩な選手なので判定で勝つというのはなかなか難しいのかなと思う。前回は勝ったが、彼がトーナメントを勝ち抜いてきたチャンピオンであることは変わりはない。自分はチャレンジャーとして思い切り突っ込んでいく。オーバーハンドに自信があるので狙ってはいくが、それを当てるために、過程で何をするか。オーバーハンド以外でも倒せる技を持っているので、それをどう当てるか。そういう戦いになるんじゃないかと思う」などとKO決着を予告した。
そして「K’FESTAの中で一番面白かったと言ってもらえるタイトルマッチにしたい」と締めくくった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.