画像: 与田祐希がセカンド写真集 初のランジェリーショットは「普段の家での感じでリラックス」

与田祐希がセカンド写真集 初のランジェリーショットは「普段の家での感じでリラックス」

イタリアのシチリア島で4メートルの崖からダイブ!
乃木坂46の新世代を担うエースである与田祐希の2冊目となる写真集『無口な時間』が3月10日に発売される。その前日となる9日に与田が今回の写真集について語った。
写真集のコンセプトは「10代最後の集大成」ということで、初のランジェリーショットといった大人の雰囲気にも挑戦しつつも、「動物と戯れる」といった等身大で飾りのない与田の姿も詰まった、まさに「19歳の今」を切り取った写真集となっている。
撮影地はイタリアのシチリア島とミラノだったのだが、それについては「“どうしてもイタリアで”というわけではなかったんですけど、動物がたくさんいるとか、一番やりたいと思っていた崖から飛び降りることができるのはどこかということで探した結果、イタリアが一番いいのではないかということになりました」という。
その崖については「すごく海がきれいで、飛び甲斐のある崖がありました(笑)。高さは3~4メートルくらい。普段から野生児といわれていて、地元が陸続きの島なので、よく崖から飛び込んで遊んでいたので、怖いというよりは野性に帰った感じで楽しみながら撮りました」とのこと。
「自然体のままで、出る限りの色気が出るように頑張りました」
撮影中も「普段、日本では自分から話しかけるようなことは全然できないんですけど、イタリアだからこそなのか、開放的な気分になって街の人に声をかけたくなってしまって、電車の中とか街の中で、たくさんの方と交流をしてきました。そんなところも載っているのでぜひ見てください」と普段は見られない与田の表情も多く見られそう。
お気に入りのカットとしては「全部お気に入りなので、ひとつを選ぶのが難しかった」と言いながらも、「大聖堂に行ったら風船がたくさんあって、そのハート型の風船にキスをしたらすごくきれいにリップのマークがついたので、いいなと思った」と風船にキスをしている写真を挙げた。
ファンも気になるランジェリーショットについては「撮る前と撮った後に見ていて“おおっ”てなりましたけど、撮っている時はそんなに緊張はしませんでした。普段の家での感じでリラックスしていました」という。
そして「大人の色気」を出すために意識したことなどを聞かれると「あまり頑張りすぎないことですかね。今までも“色気はあるとよ”と言ってみたり、出そうと必死になっていたんですけど、今回の写真集は自然体のままで、出る限りの色気が出るように頑張りました(笑)」と話した。
「身長は23歳まで伸びる。目標は158センチ」
この日の衣装は白のワンピースにハイヒールという大人と少女の絶妙なバランス。「大人っぽいですか? 大人っぽく見えていたらいいなと思います。ヒールは大事。身長は23歳まで伸びると思います(笑)。目標は158センチ。ネットで日本人女性の平均身長を調べたらそれくらいだった。平均になりたいです。高望みは...もうできないです...。今は公式では152センチになっているんですが、私的には153のような気がします(笑)」。
また5月で二十歳になるのだが「二十歳になるという意識はあまりないですけど、二十歳になるとお酒を飲めるようになるので、九州の人はお酒が強いとも聞きますし、私はおつまみが好きなのでお酒を飲むことに挑戦できたらと思います」と二十歳の目標を挙げた。
久保史緒里が「さすがだな」という感想
今回の写真集についての他のメンバーの感想については「やっぱり久保(史緒里)ちゃんが“さすがだな”という感想を述べてくれた。その動画もSNSで公開されているので、ぜひチェックしてください」とのこと。自らは「満点が何点か、もはや分からないですが、何点満点であろうが満点です。35億点以上にはなっていると思います!」とファースト写真集につけた「35億点」を超える内容に胸を張った。
そして「ページ数も172ページということで分厚くてもりだくさん。さらに“おしゃれな時間”というおまけブックも付いていて、そこでは私服とかメイクの話もしていて、すごく充実した写真集になったと思います。本当にみなさんに見ていただきたい写真集が10代最後にできたので、早く読んでいただいて、感想を聞くのが楽しみです」と続けた。
また、この日は当初は「お渡し会」を行う予定だったのだが、昨今の新型コロナウイルス問題を鑑み延期となってしまった。与田は「私も本当に楽しみにしていたのでとても残念なんですけど、安心してまた皆さんに直接渡せる日がくることを楽しみにしているので、皆さんも待っていてくれたらうれしいです」と神妙な表情だった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.