画像: 那須川天心が新型コロナで閉塞感のある日本に「僕の試合でみんなに勇気や感動、元気を与えたい」

那須川天心が新型コロナで閉塞感のある日本に「僕の試合でみんなに勇気や感動、元気を与えたい」

4・12 RISE大阪大会でウクライナの23戦無敗男と対戦
RISEが3月13日、都内で会見を開き「RISE WORLD SERIES 2020 1st Round」(4月12日、大阪・エディオンアリーナ大阪)に出場する那須川天心(TARGT/Cygames)と石井一成(ウォー・ワンチャイプロモーション)の対戦カードを発表した。
那須川はウクライナの“ザ・ロケッティア”アンドレイ・メゼンツェフ(ムエタイスピリットジム )と対戦する。
メゼンツェフはウクライナ出身の20歳。プロ戦績23戦21勝(13KO)2分の無敗のファイターでISKAムエタイ世界フライ級とWMF世界55kg級王座を持つ。
那須川は「今年に入って初の試合となるんですけど、いろいろな選手に断られてなかなか相手が決まらなかった。候補はたくさんいたんですけど、“その中で一番強い選手をお願いします”とRISEの関係者の皆さんにお願いして決まった結果。受けてくれたアンドレイ選手には感謝しかない。無敗の選手なんですが、試合を見た感じでは今の僕の相手ではないという感覚はある。だからといって気を抜くことはないですし、今年最初の試合ですので、ここでしっかりと皆さんが期待している以上の試合ができればと思っている」などと語った。
改めてメゼンツェフの印象については「骨が強そうな選手だと思う。一発一発も硬い。負けてない選手だけのことはあるなという感じはしました。でも、今回は自分自身との戦いである試合だと思っていて、ちゃんと差をつけて、アッと驚くような試合をしたいと思っている」などと話した。そして「アッと驚く」という試合については「“僕の試合はまだか?”という声がたくさんあって、“天心ロス”という状況になっていると思うので、久々の試合ということでそこを爆発させて、もっともっと試合を見たいと思わせる状況にさせたい。今は新型コロナウィルスの影響で、選手が来られなかったり、日本に元気がないと思う。僕の試合には元気を与える力があると思うので、しっかりとみんなに勇気や感動、元気を与えたいと思っている」などと続けた。
「今年こそはどこか海外で試合ができれば」と海外進出視野に
新型コロナウィルスでさまざまなスポーツやイベントが中止になっていることについては「やはり(みんな)元気がないですよね。日本だけじゃなく世界中がそのことだけにとらわれているというか。“コロナウィルスだからできないんだ”とかではなく、“こういう状態でもやろう”というような、やる気の起点になるような人になりたいという思いはあるので、こういう状況でも僕の試合を見て、“俺も頑張れる”“勇気をもらった”というように“この状況だから”ではなく、“この状況を変えてやろう”と思ってくれる人が増えてくればいいなと思っているので、そういう雰囲気を変えたいと思っている」などと自らの試合で閉塞感の漂う日本や世界に風穴を開ける意欲を見せた。
また今年最初の試合にあたり2020年の目標として「とりあえず、ワールドASIAシリーズの55kgの挑戦者と戦うのが一番大きなイベントかなとは思っているが、いきなり大きな試合が決まることもあるかもしれない。あとは海外で試合をしたいということはずっと言ってきたので、今年こそはどこか海外で試合ができればと思っている。日本の中だけでとどまっていても仕方がないという部分もあるので、日本の代表として世界と戦っていくというのもストーリーとしては面白いのではないかと思うので、そういった世界を作っていきたいと思う」などと海外進出を口にした。
石井一成はSB日本王者・川上叶と対戦
石井はシュートボクシング(SB)の初代日本バンタム級王者・川上叶(龍生塾)と対戦する。
川上はプロ戦績11戦7勝(5KO)4敗の20歳。昨年11月に行われた王座決定戦で佐藤執斗をKOで破り王座を獲得した。
石井は「まず、このような出場機会をいただき、伊藤代表をはじめ、RISEの関係者のみなさま、本当にありがとうございます。この出場を決めたのは僕自身、自信があって。今の僕ならRISEでも輝けるという自信があるので、出場を決めました。4月12日は楽しみにしていてください」と挨拶。そして「僕の主戦場はタイでムエタイをずっとやってきたんですが、近距離での攻防が、ヒジや組みがある状況で、それが一気になくなったときにどうしたらいいか戸惑うところもあったが、今は逆にその距離で打ち合っても打ち勝つ自信があるし、それが最近の試合で出ているので、声がかかったときにこれは行くしかないと自信を持って出場することを決めました」などとRISE参戦の経緯を語った。
川上については「動きが大きくてダイナミックな選手なのでスピードで圧倒して勝てれば」と話し、今後については「出場するので、ベルトを狙っていきたいと思っている。そして今、チャンピオンが53kgでいるので。階級もちょっとずつ上げてきて、フライ級でベルトも獲って、2年間くらい負けてないので、上げようという決意をして、次は52、53でベルトを巻けたらなと思っています。それがRISEになるか他の団体になるかは分からないが、挑戦していこうかなと思っています」などと話した。
対する川上は「今回、RISEに呼んでいただいてうれしく思う。相手を聞いて、ほんまにおいしいと思った。絶対に負けないので見ていてください」と挨拶。
石井の印象については「めっちゃ速くてうまいと思うが僕なら絶対勝てると思っています」と自信を見せた。
川上の所属する龍生塾は同じくSBで活躍する西岡蓮太が先日、「KNOCK OUT 初代 64kg BLACK CHAMPION」に輝くなど勢いがあるのだが、川上も「みんな活躍しているので、刺激をめっちゃもらっている。僕もそれに置いていかれないように、ここで勝って名前を上げたい」と意気込んだ。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.