画像: 「ポジティブな言葉としての“HOMESICK”」 伊藤万理華が、展覧会『HOMESICK』に込めた思い

「ポジティブな言葉としての“HOMESICK”」 伊藤万理華が、展覧会『HOMESICK』に込めた思い

“~になりたい”――。女性が思う“Be”の部分にフォーカスを当て、さまざまな立場の女性ゲストを招き、仕事や育児、ライフスタイルなどについてクロストークを展開するTBSラジオの新番組「Be Style(ビースタイル)」。
今回の放送は、MCを務める菊池亜希子さんとともに、元乃木坂46メンバーであり女優の伊藤万理華さんが登場。開催中の『伊藤万理華EXHIBITION “HOMESICK”』への思いのたけを語った。
渋谷のGALLERY Xにて、今年1月24日~2月11日まで『伊藤万理華EXHIBITION “HOMESICK”』を開催した伊藤さん。現在は大阪梅田ロフト(17日まで)、3月31日からは名古屋PARCO(〜 4月19日まで)で開催を予定している。
「乃木坂卒業前にも、GALLERY Xさんで個展を開催させていただいたのですが、そのとき以来2度目の開催。前回は、卒業というテーマがあり、有終の美を飾るための個展だったのですが、今回はより自由に、パーソナルな人間的な部分をさらけ出しています」
さまざまなクリエイターとコラボして作品を制作した本展。漫画家・椎名うみさんは、“HOMESICK”のために短編新作を描き下ろし、写真家・前康輔さんは、伊藤さん本人がスタイリングを手掛けたうえで、伊藤さんの自宅で撮影を敢行するなどファッションとプライベートの魅力が掛け合わされた写真を展示。さらには、乃木坂46時代から親交のある柳沢翔監督が、先の椎名さんの短編作品と対をなす映像作品を作り、 コラムを連載中のファッション雑誌「装苑」とのコラボでは、伊藤さんが注目するファッションブランドのBODYSONG.、PERMINITE、tanaka daisuke、3ブランドと共に衣装を制作し、振付師・菅尾なぎささんが、その衣装や今作のテーマを元に、ファッションとダンスを有機的に掛け合わせた映像を制作するなど、バラエティ豊かな個展を実現している。
“HOMESICK”という展覧会名に込められた想いを聞くと。
「自分のことや家族関係が作品のテーマ軸としてありました。親との関係性であったり、人とのコミュニケーションであったり、そういったことを打破するための “HOMESICK”。コミュニケーションを重ねて、家から飛び出していくまでの過程を表現していて、ポジティブな言葉として“HOMESICK”をとらえています」
本展は、彼女のクリエイター、キュレーターとしての観点からクリエイター4人と3ブランドを起用し、コラボレーション作品を製作・展示している。 「全部につながりがあるのが面白いと思うので、発見してほしいです」と、伊藤さんはほほ笑む。
「お願いしたテーマの一つに、踊れる衣装ということをお伝えさせていただきました。“HOMESICK”に共通している私自身の話や家族の話を全員のクリエイターさんとお話しさせていただき、皆さんのインスピレーションに委ねたいです、と。どういったものが戻ってくるのか、どんな共通点があるのか、私自身もすごく楽しみでした」
打ち合わせは、議論に議論を重ね、丁々発止だったという。「迷惑をかけたかも」、そう彼女は申し訳なさそうに笑う。だが、真剣に向き合ったからこそ、思いや情熱がこもった展覧会になっている。
前回の展覧会「伊藤万理華の脳内博覧会」では3万人を動員。鉱物や苔までをも愛し、独自の視点で世界を見つめる伊藤さんの脳内に迫り、話題を呼んだ。
「卒業というタイミングに加え、乃木坂46というグループの名前もあったからたくさん来ていただけたんだと思います」と謙遜したうえで、「今回は自分から宣伝しなければならないと思って、どうにか興味を持ってもらえるようにいろいろ仕掛けました」と語る。
自身のターニングポイントになったタイミングは、「6年間在籍したグループを卒業したとき」。
「卒業間近に気づいたことだったのですが、アイドル時代に求められている自分と、好きなことをする姿や挑戦することをする姿に共感してもらえるよう、バランスよく両立しようと思いました。好きなことだけに没頭するのではなくて、今まで応援してくれた人にも、これから私のことを知る新しい人にも、共有できるような存在になりたいなって」
作品を新しく生み出すとき、きっかけになるようなものはあるのだろうか?
「メンバーの一員だったときは、舞台や映像の仕事を通じて“役柄”としての自分を出す機会が多かったです。本来、自分が持っているありのままの部分を出す機会が少なかったので、それをどう出せばいいかということを卒業してから考えるようになりました。“HOMESICK”は、溜まっていた本来の自分を出す機会でもありました。自分の中の自由な部分がもっとあってもいいんじゃないかなと思うんです」
父親はグラフィックデザイナー、母親はファッションデザイン関連という両親を持つ伊藤さんにとって、子どもの頃からモノを作ったり、何かを描いたりすることは珍しくないことだったという。「自然と影響を受けたんだと思います」、そう振り返る。
『伊藤万理華EXHIBITION “HOMESICK”』のフライヤーで伊藤さんが着ている衣装は、「お母さんと初めて共作したドレス」だという。一緒に映っている後ろ姿はお母さん? 「意味深な感じを出したかったんです。さて、どっちなんでしょう?(笑)」。いたずらっぽく笑う姿が、なんとも印象的だ。
この後、大阪と名古屋を巡回するが、彼女の視野はまだまだ広がる。
「終わってからも楽しめたり、来ることができない人にも楽しめるようなコンテンツを作ることができたらいいなと考えています。例えばVR。その場にいなくても体感できるような作品やコンテンツを実現できたらうれしいですね」
そういったアイデアを養ったり、実現したりするために、毎日の暮らしの中で大切にしていることは何だろうか?
「個展の制作中に、改めて気が付いたことだったのですが、外に出ていろいろな人とコミュニケーションを取ること。やっぱりそれが始まりになると思っています。何かを始めるとなったとき、“何をやるか”よりも“誰とやるか”ということの方が重要だと思いました。いま、この人と何かをやりたいという情熱があれば、きっと新しいものが生まれるのかなと思ったんですね。これからもそういう気持ちを大切にしていきたいです」
アクティブオーガニック「Be」presents「BeStyle」は、TBSラジオで、毎週土曜午前5時30分~6時にオンエア。radikoでも聴取可。詳しくはHPを参照。https://www.tbsradio.jp/be/
また、当日の模様は、以下のYoutube「Be Style」チャンネルからも視聴可能。あなたの「なりたい」が見つかるかも――。
https://www.youtube.com/channel/UCtEhEgJPGJQ9IX4y5vbmESw/featured

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.