画像: 3月18日は「世界睡眠デー」西野清治先生が考えるスタンフォード式“脳が眠れる枕”とは?

3月18日は「世界睡眠デー」西野清治先生が考えるスタンフォード式“脳が眠れる枕”とは?

3月18日は、睡眠に関する知識の普及啓発を目的に、世界睡眠医学協会が制定する「世界睡眠デー」。2018年の経済協力開発機構(OECD)の調査によると日本人の平均睡眠時間は442分(7時間22分)でOECD加盟国31カ国中最下位という不名誉な結果が出ている。そこで、日本人の「睡眠の質」を向上させるべく、米スタンフォード大学医学部精神科教授でベストセラー『スタンフォード式 最高の睡眠』著者の西野清治先生は、“脳が眠れる枕”「BRAINSLEEP PILLOW(以下、ブレインスリープピロー)」の監修に携わったという。「世界睡眠デー」に合わせて来日した西野先生に「最高の睡眠」のポイントを聞いた。
西野先生は、研究対象である睡眠について「睡眠医学というのは学問として70年程度の歴史ですが、その中で分かってきたのは睡眠には記憶の定着、嫌な記憶を消し去る、成長ホルモンの分泌、自律神経の調節、免疫の増強などさまざまな働きがあることです」と語る。「現代では肉体を使う機会が減っているから、あまり眠らなくていいかというとそうではありません。脳は使えば使うほど老廃物が溜まってきて、その老廃物を除去する脳脊髄液は睡眠中に活性化される。やはり睡眠は大事なんです」と強調した。
西野先生が提唱する「睡眠の質」の向上には入眠後、最初にノンレム睡眠が訪れる「黄金の90分」をいかに深く眠るかが重要だという。その理由は「健康な睡眠パターンでは、最初に深い睡眠が訪れます。それを平均するとおおむね90分間となる。睡眠の後半はどちらかというと起きる準備をしていて、睡眠のいろいろな機能を考えてどこを重要視するかというと、一番最初の深い睡眠が大切」なのだとか。
そんな睡眠に欠かせない道具といえば枕である。枕の重要性を「頭部というのは深部体温(体の内側の温度)の動きとまったく一緒。寝ている時に温度が下がるのが自然で、質の良い睡眠にもつながります。それなのに頭部に熱がこもるような枕も多い。昔ながらの“そばがらの枕”は、熱がこもらず頭部を冷やすので機能として優れているんです」と語る西野先生。
今回、西野先生が監修に携わった「ブレインスリープピロー」では、深部体温が下がると深い眠りにつけることに着目し、睡眠の要である頭部を冷やして「黄金の90分」を生み出すテクノロジーを凝縮した。3次元編成体の糸をメッシュ構造にして通気性の高さを実現、寝返りを打つことでポンピング(枕の呼吸)が生まれ、就寝中の熱や汗をスムーズに放出する。
また、自分に合った形状も枕選びの重要なポイント。「ブレインスリープピロー」は頭部を包み込むアジャスト層、頭部と頸椎を支えるサポート層、寝返りを打っても形状をキープするベース層の三層構造にすることでオーダーメイド並みのフィット感を体感できる。「個人差があるので、万人に合う枕というのはひとつでは難しいのですが、そういう形状を目指しています。中央が周囲に比べて薄くて、中心が凹みやすくなっているため、使っているうちに形がなじんでくる。頭の向きを変えても違和感がないんです」。
さらにシャワーで洗えるので、衛生的かつにおい対策も万全に。古い枕を原料にした100%再生利用が可能な素材を使用し、新しい枕を作る際の無駄がない“サステナブルな枕”とも言えそうだ。
「深部体温を冷やすというのは、結局脳を冷やすということ。この枕は直接的にそうした作用をしています」と西野先生。日本人の「睡眠の質」を考え、『スタンフォード式 最高の睡眠』の英知を結集した“脳眠枕”「ブレインスリープピロー」はクラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」にて4月20日まで先行予約を行なっている。
「BRAINSLEEP PILLOW」
【価格】2万2000円(税別)
【先行販売期間】2020年3月18日〜4月20日17時59分 ※数量限定、限定価格
【商品プロジェクトサイト】https://www.makuake.com/project/brainsleeppillow

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.