画像: 山田裕貴が声優初挑戦で“いい黙れ!”「自分の俳優業を防衛するつもりで」

山田裕貴が声優初挑戦で“いい黙れ!”「自分の俳優業を防衛するつもりで」

山田裕貴が18日、都内で行われた『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』の公開アフレコイベントに出席した。
山田は本作で初めて声の演技に挑戦。
山田は「アニメが大好きで、声優さんも大好きで、リスペクトしているお仕事。映画に参加させてもらって、俳優の子が声をやってるんだねじゃなくて、ぼくもちゃんと声優さんとして、みなさんと肩を並べて、アニメ愛とか声優さんへの愛を届けたいと思った。だから、本当にキャラクターを完成させたかった」。さらに「オファーを受けた時は、しんちゃんの世界のなかに入れるといううれしさだけじゃなくて、自分の俳優というお仕事の防衛をかけた感じで参加させていただきました」と、前のめりで熱いコメント。
演じるのは、空に浮かぶ王国・ラクガキングダムの防衛大臣。国の命運をかけて、人間にラクガキをさせる「ウキウキカキカキ作戦」を決行し、地上への進撃を開始する。
「本当にキャラクターを作りたくて。防衛大臣を通して、プロの声優さんたちに、あの子なかなかやるじゃないかって言われるぐらいまで持っていけたらと、そんな意気込みでやっていました」
その後行われた公開アフレコでは、その情熱を余すところなく発揮。なかでも、シーンのなかに出てくる「黙れ!」の部分には、担当スタッフも「いい、黙れ、いただきました!」の声が飛び、しんちゃんも後に称賛のコメントを送っていた。
イベントには、同じく本作で声の出演をしている、りんごちゃんも登場した。劇中では、「ウキウキカキカキ作戦」の指導官であるリンゴ・イチゴ・メロンの三役に挑戦している。
ギャップのある声のものまねで楽しませるリンゴちゃんだけに、オファーを受けた当初は「......自信があった」。ただ、いざアフレコに臨むと思ったようには進まなかったようで、「いろんな声の質やトーンがあるので、どの声を出したら正解なのかわからなかった」。劇中では、「(それぞれの役で)若干違うと思うのでお楽しみにしてください」。
この日の公開アフレコ中に突然おなじみの武田鉄矢が降りてきたり、最後には同じ場所にいるにも関わらず「野原しんのすけ」も降りてきた。しんちゃんは「これは乗っ取られる」と戦々恐々としていた。
映画は、4月24日公開予定。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.