画像: トーナメントに出場の城戸と神保の対戦相手は超自然体【3・22 K’FESTA.3】

トーナメントに出場の城戸と神保の対戦相手は超自然体【3・22 K’FESTA.3】

城戸と対戦のペイルスはハイアングルのヒザ蹴りを連発
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で開催される「K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント」に出場するミラン・ペイルス(スロバキア/Diamond gym Zilina)とエダー・ロープス(ポルトガル/Jazzy Fight Club K.O Team)が3月19日、都内で公開練習を行った。
1回戦で城戸康裕(谷山ジム)と対戦するペイルスは2分間のミット打ちの中でハイアングルのヒザ蹴りを多く披露した。
練習後の会見では「コンディションはとても良い。トーナメントで頂上に立てるように頑張りたい」と調子の良さをアピール。
K-1初参戦についてはとても光栄。参戦することが夢だったので実現できてうれしい」と笑顔を見せた。
「先のことは優勝してから考えたい。できるだけ多くのいい戦いをすることが目標」
自らのファイトスタイルについては「持ち味はダイナミックなところ、そして力強い戦いができるところだと思う」と話し、トーナメントについては「初戦の相手が城戸選手という経験豊かな選手なので、まず城戸選手に勝つことを目標にしている。どの選手がどれだけ優れているかをいうことは難しい。8人の選手どの選手が頂点に立ってもおかしくないと思っている。自分も優れているところを試合で皆さんに見せて、優勝を狙いたい」と静かに闘志を燃やす。
練習で多用していたヒザ蹴りについては「特に得意というわけではないが、いろいろな場面を想定して、ニー、ロー、ハイキックとか、左右もバランスよく柔軟に戦えるようにいつも心がけて練習している。自分のスタイルとしては複雑ないろいろなものが絡み合ったスタイルを心がけている」などと話した
トーナメントを制し、王座に君臨した後のことを問われると「優勝してみないと分からないので、先のことは優勝してから考えたい。できるだけ多くのいい戦いをすることが目標」と多くは語らず、控えめにコメントした。
神保と対戦のロープスは「取り立てて対策は立てていない」
神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)と対戦するロープスも2分間のミット打ちを行い、こちらはパワフルなパンチに左右のミドルを連発。試合後の会見では「調子はとてもいい」とこちらも仕上げは万全のよう。
K-1初参戦については「大舞台ということは理解している。すごくうれしい」と語った。
自らのスタイルについては「一撃が強いという自負がある。基本はパンチとローキックが強いと思っている」と話す。
対戦相手の神保については「非常に強い選手だと思っているし、いい選手だと思っている」と話す一方で「取り立てて対策は立てていない」とも。もっともこれは今回に限ったことではなく「基本的には日々の練習でやってきたことを出すことだけを考えている」という姿勢からのもの。
トーナメントについては「優勝したい。特に意識している選手はいない。最初に神保選手とやって、そのあとは特に意識はしていない。優勝するためには気持ちの面で負けないこと。強く勝ちたいという気持ち、それが一番大事だと思う」などといかつい外見に似合わず、堅実なコメントに終始した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.