画像: ピケオー「カウンターを当ててこようが、それ以上の攻撃で倒す」と久保対策は万全【3・22 K’FESTA.3】

ピケオー「カウンターを当ててこようが、それ以上の攻撃で倒す」と久保対策は万全【3・22 K’FESTA.3】

やっと久保優太の持つウェルター級王座への挑戦が実現
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で久保優太(サラバニアファミリー)の持つ「K-1 WORLD GPウェルター級王座」に挑戦するジョーダン・ピケオー(オランダ/Mike's Gym)が3月19日、都内で公開練習を行った。
ピケオーは現在、Krushスーパー・ウェルター級王座を5度防衛し、対日本人無敗記録も更新中。一昨年11月のK-1で木村“フィリップ”ミノルをKOした後にリング上から久保の持つ王座への挑戦をアピール。久保も「個人的にはピケオーと戦いたい」と発言したものの、同じく久保との対戦をアピールしていた城戸康裕が「順番は守って!」と主張。昨年の「K'FESTA.2」では久保vs城戸が行われ、ピケオーは野杁正明と対戦。久保とピケオーはともに勝利を収め、対戦の機運が高まったが、久保のケガで対戦が延び、今回やっとピケオーの王座挑戦が実現した。
リスペクトしつつもライバル意識をちらり
ピケオーはこの日は2分間のミット打ちを披露。リラックスした動きから時折鋭いパンチを連打するなど、好調な仕上がりぶり。練習後の会見でも「完璧」と笑顔を見せた。
待ちに待ったタイトル戦については「うれしく思ったし、このタイトルを獲れるチャンスをものにしたい」と話した。
久保に対してはSNSで辛らつな言葉もあったのだが「周りにあおられたというか、試合を盛り上げるための冗談。本気ではない」とのこと。久保はこれまで多くのタイトルを獲得しているのだがピケオーは「彼は輝かしい成績を残しているが、自分も彼に劣らないキャリアを積んでいる。彼のキャリアを特別に感じることはないが、尊敬はしている」などとリスペクトの姿勢は見せつつもライバル意識をちらりと見せた。
久保は今回の対戦にあたり「ピケオーは自分のようなタイプは苦手。ここまでカウンターがうまい選手とは戦っていない」などと語っているのだが、これについてはピケオーは「彼はカウンターのすごいテクニックを持っていると思うが、僕も練習ではカウンターのうまい選手ともやってきたし、どういうふうに戦うかという戦術は持っている。彼がどんなにいいカウンターを放ってきても、自分は常にプレッシャーをかけて前に出るスタイルは崩さないので、いい試合になると思う。カウンターを当ててこようが、それ以上の攻撃で倒す」とこちらも対策は万全のよう。
「今の奥さんとそのまま仲良くやってくれればと思う」とエール
またコンスタントに試合を続けているピケオーに対して久保は1年ぶりの試合ということでブランクが気になるところなのだが「ブランクに関しては大きな意味はないと思う。彼も準備はしていると思う」と油断はない。
久保がちょいちょい離婚の危機を迎えていることについては「個人的な話になるので何を言えばいいのか分からないが、確かなことは今の奥さんとそのまま仲良くやってくれればと思う」とエールを送りつつも「多分ベルトは失うでしょう」と改めてベルト奪取に自信を見せた。
野杁と対戦のメヒアは勝利を収めたうえでの王座挑戦に色気
この日は野杁正明とウェルター級スーパーファイトで対戦するダビド・メヒア(スペイン/Gimnasio Formas)も公開練習を行った。
メヒアはISKA世界ウェルター級王者で66戦56勝(25KO)9敗1分のキャリアを誇る強豪。この日は2分のミット打ちを行い、強烈な左右のミドルを連発した。
練習後の会見では「今までにないくらい順調に準備できている」と好調をアピール。
K-1初参戦となるのだが「K-1という誰もが知っている素晴らしい舞台に呼んでもらえたことが信じられずに驚いた」と話した。
自らのファイトスタイルについては「(野杁と)とても似ていると思うのでファンからしたら楽しい試合になるのでは」と話し「ストロングポイントはクロスのカウンター。アグレッシブなファイトスタイルを見てほしい」と続けた。
野杁に勝てばタイトル挑戦も見えてくるのだが、やはり「野杁選手に勝って67kgのチャンピオンになりたい」と勝利を収めたうえでの継続参戦。そして王座挑戦に意欲を見せた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.