画像: 緊急参戦のペッダム「武尊は足が弱い」【3・22 K’FESTA.3】

緊急参戦のペッダム「武尊は足が弱い」【3・22 K’FESTA.3】

スーパーファイトで武尊と対戦
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)への参戦が急きょ決まったペッダム・ペットギャットペット(タイ/ペットギャットペットジム)とアワターン・トー.モースィー(タイ/トー.モースィージム)が3月20日、都内で公開練習を行った。
前日にメインで武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)とK-1& ISKAのダブルタイトル戦を行う予定だったアダム・ブアフフ(モロッコ)が新型コロナウイルスの影響などで来日不能にとなる緊急事態が発生。
タイトル戦は取りやめとなり、スーパーファイトで武尊とペッダムが対戦することとなった。
ペッダムはこの日、左右の強烈なパンチにロー、ミドルをバランスよく交えた2分間のミット打ちを披露。緊急参戦を思わせないスムーズな動きを見せた。
練習後の会見では「調整はうまくいっている」と話した。
試合3日前の決定でなおかつ対戦相手が武尊という過酷なオファーではあったが「K-1は前から知っていたのでうれしかった」と参戦には迷いはなかったよう。
今回も打ち合っていく
初参戦となるK-1については「興行の中では大きいほう。みんなが試合をしたいと思う興行だと思う」と話した。
自らの試合スタイルについては「普段はパンチと蹴りを多用している。K-1はヒジなしで組み付き禁止ということで、それに対応していく。今回も打ち合っていこうと思う」と真っ向勝負を約束した。
その一方でムエタイルール以外での試合については1度しか経験しておらず「やりづらさは感じた」とも語った。
武尊については「怖い選手だと思う。パンチも強い」と警戒。しかし「ヨーキッサダー選手との試合を見たが、足が弱いのではないかと思っている」などとローキックが試合のキーポイントとなることを示唆した。
ニコラス・ラーセンに代わりアワターンがトーナメント参戦
「K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント」の1回戦で和島大海(日本/月心会チーム侍)と対戦する予定だったニコラス・ラーセン(デンマーク)もブアフフ同様来日不能となり欠場。
ラーセンに代わってアワターンがトーナメントに参戦する。
アワターンはこの日、重量感のあるミドルにヒザを中心に2分間のミット打ちを披露した。
練習後の会見では「コンディションは非常にいいが、今朝は寒かった」と日本の天候にやや戸惑い気味。
今回の3日前のオファーについては「素直にうれしかったので迷いはなかった。K-1はずっと戦ってみたいと思っていました」と臨戦態勢は万全。
トーナメントということについては「この階級はとても重要な階級だと思う。そこで戦えるのはうれしい。全力を尽くそうと思っている」と話した。
昨年「トップキング」で優勝経験あり
トーナメントにはタイでも出場経験があり、昨年行われたムエタイのビッグマッチ「トップキング」では1日2試合を行い2KO勝ちで優勝しており、思わぬダークホース的な存在となりそうだ。
今回は勝ち進めば1日3試合を行うことになるが「体力面は大丈夫だと思う」とし、優勝に向けては「やはりできるだけKOで進んでいかないといけないと思う」と語った。
また自らのスタイルについては「前に出て、蹴りとかパンチを多用する選手だと思っている」とし「ヒジなしのルールでの試合はまだしたことがないが蹴りには自信がある」と語るなどK-1ルールにも柔軟に対応できそうだ。
対戦相手の和島については「まだ相手の情報は調べていない。これから」という。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.