画像: 猿田彦珈琲がJR原宿駅上に新店舗 原宿の新たな行動拠点に

猿田彦珈琲がJR原宿駅上に新店舗 原宿の新たな行動拠点に

猿田彦珈琲は21日、JR原宿駅の新駅舎2階に新しい店舗「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」をオープンする。
「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」は、にぎやかな原宿駅直結というロケーションながらも、心ゆくまで自分のペースでコーヒーを楽しませてくれそうなお店だ。
原宿駅前の賑わいを下ろすお店は、入口を入ったところで注文し、コーヒーやコーヒー豆、グッズなどがショップエリアを見ながら、カウンターに進む作り。
店内は畳や障子といった和の要素、木材などが取り入れられた落ち着きのある空間で、大きな窓や天井から光が入って明るく、テーブル席や電源が取れる席のまわりはゆったりとしている。猿田彦珈琲としては、東京23区内で初の大型店舗で、約120席を用意。ドリンクを受け取るカウンターエリアも十分にスペースがあり、自分のコーヒーがドリップされるのを待つ時間も、くつろぎの時間になりそうだ。
同店で楽しめるコーヒーのラインアップは、原宿駅店限定の珈琲ライン「The Bridge」を始め、世界最高峰のコーヒーを独自に厳選してブレンドした「猿田彦の夜明け ーTHE RISE OF SARUTAHIKOー」(ドリップ900円)、コーヒー豆をウイスキーの樽で熟成させた「バレルエイジドコーヒー」など猿田彦珈琲に初登場するものも多数。同店限定のシングルオリジンコーヒーも常時3~4種を揃えるという。また、JR原宿駅と共同開発した原宿駅監修の「原宿ブレンド」もあって、通いながらメニューを制覇したくなることは必至だ。
パンやケーキ、猿田彦珈琲が手掛けるアイスクリーム「TiKiTaKa ICE CREAM」の提供もあり、猿田彦珈琲とのいろいろなペアリングも楽しめそうだ。
物販のスペースには「原宿ブレンド」を筆頭としたさまざまなコーヒーや、旧駅舎をモチーフにしたファイヤーキングのスタッキングマグや店名が入ったオリジナルカップ、バッグ、コーヒーで染めたエプロンなどもあって充実。プレゼントやお土産、自宅用としてもおすすめだ
原宿駅前はこの春、新駅舎の他にも、IKEA JAPAN初の都市型店舗などが入る複合施設「WITH HARAJUKU」のオープンを控え、風景が一新しそう。そのなかで「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」は原宿の新たな行動拠点となりそうだ。
店名の「The Bridge」は店舗隣の神宮橋と五輪橋に由来するもの。
8~22時。フードのラストオーダーは21時30分。不定休。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.