画像: エースの重責果たした武尊が涙の訴え。そして「格闘技最高!」【3・22 K’FESTA.3】

エースの重責果たした武尊が涙の訴え。そして「格闘技最高!」【3・22 K’FESTA.3】

大会直前に対戦相手が変更の逆境跳ね返すKO勝利
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)でスーパー・フェザー級のスーパーファイトに出場した武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)がペッダム・ペットギャットペット(タイ/ペットギャットペットジム)を2RKOで下した。
武尊は当初、アダム・ブアフフ(モロッコ)とK-1 & ISKAのダブルタイトル戦を行う予定だったのだが、ブアフフが新型コロナウイルスの影響などで来日不能となり、大会直前になってカードが変更。ダブルタイトルマッチが消滅し、試合順もメインからセミファイナルへ変更となったが、試合内容できっちりとエースの重責を果たした。
試合は武尊が1Rからプレッシャーをかけて前に出る。しかしペッダムも強烈な左フックに右ローのコンビネーションで武尊を下がらせる。
武尊は得意のボディーブローに小刻みな右ローと左インローでペッダムを追い込むとパンチの連打から最後は右ストレートで1R終了間際にペッダムからダウンを奪う。
2Rに入るとペッダムがハイキックから右ストレートを放っていくが、武尊はがっちりガードし右ストレートを返す。
武尊はリング中央で強烈な右ストレートを炸裂させるとペッダムの動きが止まる。ここで武尊が右ストレートを連打しロープに詰めると左右のフックのラッシュ。ペッダムはガードを固めたまましのぐが防戦一方で最後はゆっくりと崩れ落ち、武尊が失神KO勝ちした。
試合後、涙で「格闘技でたくさんの人に元気を与えていきたい」
武尊はKO勝ち後のバック宙後、リング上で涙を流す。
そしてマイクを握ると「タイトルマッチでなくスーパーファイトになってしまったのですが、どちらかは関係なく試合で見てくれてる人や応援してくれる人にパワー与えたかった。タイトルマッチではなくなって悔しかったけど応援してくれてる皆さんのおかげで勝つことができたと思います」とファンに感謝の気持ちを述べるとここで絶句。そして再び涙を流しながら「格闘技は本当に...、本当に人にパワーを与えられるスポーツで、こういう時だからいろいろなことを言われると思うんですけど、格闘技はすごいスポーツだと思うので、格闘技でたくさんの人に元気を与えていきたいです、僕は。今日は“言うな”って言われてたんですが、やっぱり今こそ、こういう時だからこそ格闘技がみんなにパワーを与えると思うので、団体とか関係なく日本中、世界中をもっと元気にしていきたい。必ずでかい大会をやります。その時はK-1とか他団体とか関係なくみんなで応援してもらって、みんなでパワーをもらってください。それに向けて頑張ります。格闘技最高!」と観客に呼びかけた。
「もっと格闘技をみんなに届くスポーツにしたい」
試合後の会見では「今回ダブルタイトルマッチがなくなったり大会前いろんな問題があったなかで開催されて、試合内容としてはKOで勝てたので、去年ケガをしてそこから完全復活をテーマに今年やってきたので試合内容的にはよかったなというのはあります」と試合を振り返った。
ダブルタイトル戦が流れたことでのモチベーションの低下については「モチベーションというよりは、悔しい気持ち。新しいベルトにチャレンジできる気持ちがいいモチベーションになっていたので、新しいベルトを手に入れられなかったのは悔しい。試合に入る気持ちは、タイトルマッチでもスーパーファイトでも同じ気持ちなので、直前で相手が変わろうが試合順が変わろうが、そこは変わらなかったですね」と特にそういうことはなかったことを明かした。
今大会については前日に開催についてのネガティブな報道が流れたりしたのだが、こういった周囲を取り巻く状況に反発心もあったのかと思われたが、武尊は「反発心っていうのはないんですけど、なんて言うんですかね......。自分の立場、K-1を背負ってる存在としては、もっと日本だけじゃなく世界を見て、もっともっとデカくしていきたいし。マイクでも言ったんですけど、もっと格闘技をみんなに届くスポーツにしたいなっていうのがあるんで。それがテレビだけじゃなく、いまはネットでも広がるんですけど、もっともっと多くの人に見てもらって、命がけで戦ってる選手たちのパワーを届けられるようなスポーツにしたいなっていう気持ちがあるんで。それに向けての思い、自分の中でどこまでいけるのか迷いや葛藤もあったんで、そういういろんな気持ちがありました」と胸の内を吐露。
試合後の涙については「なんか分からないんですけど、試合前から今回はいろんなことが重なって、けっこう自分でもよく分からなかったんですけど...。今の日本だったり世界の現状だったり、そのなかでこの大会を開催することについてもそうだし、やっぱりすべてをプラスに変えて行きたいという気持ちでやってきたけどいろんな意見もあるし。格闘技界をもっと大きくするって意味でもずっとK-1の人たちと協力してやってきて、そういういろんな思いで試合前から結構いっぱいいっぱいになっちゃってたっていうか。そういうことがありましたね」と語った。
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)
◆プレリミナリーファイト第1試合 K-1スーパー・バンタム級/3分3R
○吏羅(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(KO1R 1分57秒)“狂拳”迅(WIZARDキックボクシングジム)●
◆プレリミナリーファイト第2試合 K-1ライト級/3分3R
●東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(KO3R 2分53秒)蓮實 光(パラエストラ栃木)○
◆プレリミナリーファイト第3試合 K-1スーパー・バンタム級/3分3R
○璃明武(K-1ジム総本部チームペガサス)(判定3-0=30-28、30-28、30-29)龍斗(K-1 GYM横浜infinity)●
◆プレリミナリーファイト第4試合 K-1クルーザー級/3分3R
△植村真弥(WSRフェアテックス幕張)(判定0-0=29-28、28-28、28-28)谷川聖哉(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)△
◆K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R
○藤村大輔(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=30-28、30-29、30-27)小鉄(K-1ジム琉球チーム琉神)●
◆第1試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R
●海斗(ポゴナ・クラブジム)(1R2分10秒、KO)木村“フィリップ”ミノル(K-1ジム五反田チームキングス)○
◆第2試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
●神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)(2R49秒、KO)エダー・ロープス(ポルトガル/Jazzy Fight Club K.O Team)○
◆第3試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R
○城戸康裕(谷山ジム)(2R1分54秒、KO)ミラン・ペイルス(スロバキア/Diamond gym Zilina)●
◆第4試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R
○和島大海(月心会チーム侍)(3R40秒、KO)アワターン・トー.モースィー(タイ/トー.モースィージム)●
◆第5試合 スーパーファイト/-61kg契約/3分3R・延長1R
●SATORU成合(K-1ジム総本部チームペガサス)(判定0-3=25-30、25-29、25-30)友尊(TEAM K/BLUE DOG GYM)○
◆第6試合 スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
○山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(2R2分59秒、KO)寺島 輝(TANG TANG FIGHT CLUB/team JOKER)●
◆第7試合 K-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
○久保優太(サラバニアファミリー)(判定3-0=30-29、30-29、30-29)ジョーダン・ピケオー(オランダ/Mike's Gym)●
◆第8試合 スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
●小澤海斗(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)(3R0秒、TKO)ジャオスアヤイ・ソー.デッチャパン(タイ/Ayothaya Fight Gym)○
◆第9試合 スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
○玖村将史(K-1ジム五反田チームキングス)(判定3-0=30-29、30-30、30-28)金子晃大(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)●
◆第10試合 スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
●村越優汰(湘南格闘クラブ)(3R 2分33秒、KO)レオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)○
◆第11試合 スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
○野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=30-28、30-29、30-28)ダビド・メヒア(スペイン/Gimnasio Formas)●
◆第12試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R
○木村“フィリップ”ミノル(K-1ジム五反田チームキングス)(1R1分2秒、KO)エダー・ロープス(ポルトガル/Jazzy Fight Club K.O Team)●
◆第13試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R
●城戸康裕(谷山ジム)(判定0-3=27-30、28-29、28-30)和島大海(月心会チーム侍)○
◆第14試合【株式会社 武州鳶 Presents】K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
○安保瑠輝也(team ALL-WIN)(判定3-0=30-27、30-27、29-28)不可思(クロスポイント吉祥寺)●
◆第15試合 スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
●林 健太(FLYSKY GYM)(判定0-3=26-30、26-29、26-29)朝久泰央(朝久道場)○
◆第16試合 スーパーファイト/K-1女子フライ級/3分3R・延長1R
○KANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)(1R2分42秒、KO)グロリア・ペリトーレ(イタリア/Raini Clan)●
◆第17試合【喧嘩道 Presents】スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
武居由樹(POWER OF DREAM)(判定3-0=30-29、30-29、30-29)デンサヤーム・アユタヤファイトジム(タイ/Ayothaya Fight Gym)
◆第18試合 K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
○シナ・カリミアン(イラン/POWER OF DREAM)(判定3-0=28-27、28-27、28-27)愛鷹 亮(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)●
◆第19試合【株式会社フュディアルクリエーション Presents】スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分
○武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(2R49秒、KO)ペッダム・ペットギャットペット(タイ/ペットギャットペットジム)●
◆第20試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
○木村“フィリップ”ミノル(K-1ジム五反田チームキングス)(1R1分10秒、TKO)和島大海(月心会チーム侍)●

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.