画像: 悲願のK-1王座に届かなかった城戸康裕が「タイ人、仕事しろ!」【3・22 K’FESTA.3】

悲願のK-1王座に届かなかった城戸康裕が「タイ人、仕事しろ!」【3・22 K’FESTA.3】

1回戦で鮮やかKO勝ちも準決勝で和島に判定負け
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)で行われた「K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント」に出場した城戸康裕(谷山ジム)は準決勝で和島大海(月心会チーム侍)に判定負けを喫し、悲願のK-1王座獲得はならなかった。
城戸は1回戦でミラン・ペイルス(スロバキア/Diamond gym Zilina)に2RKO勝ちを収めたものの、ダメージが大きく、準決勝で和島の剛腕の前に惜しくも敗れた。
城戸は試合後の会見で「わりとちょっとスッキリしているというか、なんか“あー、1勝1敗か”くらいの感じです。決勝、行きたかったですけど」と意外にもさばさばとした表情。
トーナメントについては「1回戦の外国人の攻撃はヤバかった。ハンパなかった。それ言っちゃうと和島くんにもよくないけど、1回戦の相手がうまかった」と1回戦を振り返った。
鮮やかなKO勝ちだったのだが「全然計画通りではなかった。彼の試合の動画はほぼサウスポーだったんですよ。それに対してスイッチをこうしたりというのをやってきたけど、ほぼオーソドックスで戦ってきたので、“うわ、ちがう!”というのと映像で身長がデカく見えてて、僕よりデカイと思ってたけど、計量であれ?と。それは僕にとってはよかったんですけど、やってみたら今度は馬鹿パワー強いしテクニックもあるし、バンバン打ってくるし。1Rが終わってコーナーに戻って、セコンドに“やべーっす。コイツ、つえーっす!”って言いましたもん。倒せてよかったけど、マジ危なかったです、ガードの上からもガンガン効いてて、“もらったら倒れる!”と思った」という。
「ベテランじゃなくて仙人になろうかと思う。まだまだいける」
準決勝の和島戦については「日本人相手にKO負けだけは絶対したくなくて、ダウンも嫌で、死んでも倒れないと自分に言い聞かせていた。(準決勝は)最初からほとんど2人に見えてましたけど! TWO・和島ですよ! でも絶対倒れたくない。まあ3Rに最後結構ガンガン攻めはしたけど“まぁしようがねえか”って感じですね」と振り返った。
このさばさば感に「今後については?」と質問が飛ぶと「僕、まだまだこれからが楽しみな選手ですよね?(笑)これからじゃないですか? ベテランとか、そこじゃなくて、SNSでも発信したんだけど、仙人になろうかなって。相手の良さを消すみたいな。まだまだいけますね、僕。本当に思いました。まだ全然動けますね」とまだまだやる気満々。
今回のトーナメントでは新型コロナウイルスの影響などで和島と1回戦で戦う予定だったニコラス・ラーセンが欠場。タイのアワターン・トー.モースィーが代替選手としてエントリーされた。
K-1九州大会でのアワターン戦をアピール
城戸は「ラーセン選手を想定していた」と明かすと突如スイッチが入り「和島選手の1回戦のタイ人の対戦相手、なんだアイツ! 仕事しろよ!! アイツが1回戦で全然仕事しないから、シン・ワジマが来てるんだもん。”新品の和島”が! あのタイ人が仕事しないから! あれがラーセンならいい感じに削ってるし、ラーセンは強いんで、ダメージも与えてくれてたんですよ。あいつが仕事しねえから。まあ、しようがないですよね。あのタイ人と試合やりたいっすよね。あのタイ人と九州でやりましょうよ」といつもの城戸節が復活。
そして最後に「自分はまだまだこれからが楽しみな選手だと思うので、これからも温かい目で応援してください。ベルト、あきらめないからね! ベルト獲るから、これからもよろしくお願いします!」と締めくくった。
もっとも、城戸が「仕事してない」と指摘したアワターンだが、その後に会見した和島が「1回戦のタイ人選手の蹴りは強かった。スネをすごい痛めた」と仕事はそれなりにしていたことが発覚した。
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)
◆プレリミナリーファイト第1試合 K-1スーパー・バンタム級/3分3R
○吏羅(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(KO1R 1分57秒)“狂拳”迅(WIZARDキックボクシングジム)●
◆プレリミナリーファイト第2試合 K-1ライト級/3分3R
●東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(KO3R 2分53秒)蓮實 光(パラエストラ栃木)○
◆プレリミナリーファイト第3試合 K-1スーパー・バンタム級/3分3R
○璃明武(K-1ジム総本部チームペガサス)(判定3-0=30-28、30-28、30-29)龍斗(K-1 GYM横浜infinity)●
◆プレリミナリーファイト第4試合 K-1クルーザー級/3分3R
△植村真弥(WSRフェアテックス幕張)(判定0-0=29-28、28-28、28-28)谷川聖哉(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)△
◆K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R
○藤村大輔(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=30-28、30-29、30-27)小鉄(K-1ジム琉球チーム琉神)●
◆第1試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R
●海斗(ポゴナ・クラブジム)(1R2分10秒、KO)木村“フィリップ”ミノル(K-1ジム五反田チームキングス)○
◆第2試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
●神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)(2R49秒、KO)エダー・ロープス(ポルトガル/Jazzy Fight Club K.O Team)○
◆第3試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R
○城戸康裕(谷山ジム)(2R1分54秒、KO)ミラン・ペイルス(スロバキア/Diamond gym Zilina)●
◆第4試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R
○和島大海(月心会チーム侍)(3R40秒、KO)アワターン・トー.モースィー(タイ/トー.モースィージム)●
◆第5試合 スーパーファイト/-61kg契約/3分3R・延長1R
●SATORU成合(K-1ジム総本部チームペガサス)(判定0-3=25-30、25-29、25-30)友尊(TEAM K/BLUE DOG GYM)○
◆第6試合 スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
○山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(2R2分59秒、KO)寺島 輝(TANG TANG FIGHT CLUB/team JOKER)●
◆第7試合 K-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
○久保優太(サラバニアファミリー)(判定3-0=30-29、30-29、30-29)ジョーダン・ピケオー(オランダ/Mike's Gym)●
◆第8試合 スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
●小澤海斗(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)(3R0秒、TKO)ジャオスアヤイ・ソー.デッチャパン(タイ/Ayothaya Fight Gym)○
◆第9試合 スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
○玖村将史(K-1ジム五反田チームキングス)(判定3-0=30-29、30-30、30-28)金子晃大(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)●
◆第10試合 スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
●村越優汰(湘南格闘クラブ)(3R 2分33秒、KO)レオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)○
◆第11試合 スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
○野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=30-28、30-29、30-28)ダビド・メヒア(スペイン/Gimnasio Formas)●
◆第12試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R
○木村“フィリップ”ミノル(K-1ジム五反田チームキングス)(1R1分2秒、KO)エダー・ロープス(ポルトガル/Jazzy Fight Club K.O Team)●
◆第13試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R
●城戸康裕(谷山ジム)(判定0-3=27-30、28-29、28-30)和島大海(月心会チーム侍)○
◆第14試合【株式会社 武州鳶 Presents】K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
○安保瑠輝也(team ALL-WIN)(判定3-0=30-27、30-27、29-28)不可思(クロスポイント吉祥寺)●
◆第15試合 スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
●林 健太(FLYSKY GYM)(判定0-3=26-30、26-29、26-29)朝久泰央(朝久道場)○
◆第16試合 スーパーファイト/K-1女子フライ級/3分3R・延長1R
○KANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)(1R2分42秒、KO)グロリア・ペリトーレ(イタリア/Raini Clan)●
◆第17試合【喧嘩道 Presents】スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
武居由樹(POWER OF DREAM)(判定3-0=30-29、30-29、30-29)デンサヤーム・アユタヤファイトジム(タイ/Ayothaya Fight Gym)
◆第18試合 K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
○シナ・カリミアン(イラン/POWER OF DREAM)(判定3-0=28-27、28-27、28-27)愛鷹 亮(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)●
◆第19試合【株式会社フュディアルクリエーション Presents】スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分
○武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(2R49秒、KO)ペッダム・ペットギャットペット(タイ/ペットギャットペットジム)●
◆第20試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
○木村“フィリップ”ミノル(K-1ジム五反田チームキングス)(1R1分10秒、TKO)和島大海(月心会チーム侍)●

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.