画像: 久保優太がピケオーの日本人無敗記録をストップ【3・22 K’FESTA.3】

久保優太がピケオーの日本人無敗記録をストップ【3・22 K’FESTA.3】

難敵迎え3度目の防衛戦
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)で行われた「K-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチ」で王者・久保優太がジョーダン・ピケオーを挑戦者に迎え3度目の防衛戦を行った。
1R、サウスポーの久保とオーソドックスのピケオーが対峙。久保の左のミドル、ローに、ピケオーは前蹴りで対抗。ピケオーは距離を詰めボディーブロー。
久保の左ローとピケオーの右ローが交錯する。ピケオーがじりじりと距離を詰め右ハイキック。久保はガードの上から被弾。
2Rはともに小刻みな蹴りで牽制するなか、ピケオーのミドルがローブローとなり中断。再開後、ピケオーの右ハイをスウェーでかわす久保。
久保の小刻みなローを食らいながらも距離を詰めパンチを放つピケオーだが、目のいい久保にかわされ、決定打は放てない。久保はローで詰めてコーナに追い込むとボディーブローの連打。徐々に試合のペースは久保のものに。
ピケオーもリズムを変えるべく前へ出て前蹴りを放つが次の攻撃につなげられない。
ジャッジ3者とも30-29の接戦制す
3R、分が悪いピケオーは距離を詰めていくが、久保は巧みなディフェンス。そして左のミドルでピケオーの攻撃を止め、ピケオーのパンチは寸前でかわしてはクリンチで勢いを止めていく。
思うような攻撃が繰り出せないピケオー。ピケオーが距離を詰めてパンチを放っても久保も体を寄せ連打を許さない。
残り30秒、ピケオーの猛攻をクリンチでしのいだところで、久保にホールディングの注意が与えられる。再開後もピケオーがパンチの連打に飛びヒザで攻め込むが、久保はロープを背に上体を揺らしてかわし、クリーンヒットは許さない。
試合終了のゴングが鳴ると両者ともに両手を挙げ勝利をアピール。
試合は微妙な判定となったがジャッジ3者とも30-29で久保を支持。久保が3度目の防衛に成功した。ピケオーは来日以来の対日本人無敗記録がストップした。
「普段は2~3週間しか練習しない。ピケオーだから3カ月も練習できた」
久保は試合後のリングで「2Rにポイント取ったと思ったので3Rはポイントアウトしちゃって、KOを見せられなくて申し訳ない。ピケオー選手が強くて“久保は終わってるから絶対勝てない”とか言われて不安で不眠症になっちゃいました」、会見でも「3カ月頑張った甲斐があったなあとホッとしてます(笑)。ホッとしているっていうかまあ、いつも2~3週間しか練習しないなか、矢口先生と毎日ボロボロになりながら、僕は32歳なんですが“背中が筋肉痛すぎて痛い。腰が痛い。足が痛い。膝が痛い...”と、いろいろ考えて毎日ボロボロになりながら頑張った。試合の内容からすると“2Rに倒しにいけ”とお客さんは言うかもですが、3Rはポイントアウトに徹しさせていただきました」などと試合を振り返った。
ピケオーの印象については「めちゃくちゃ強いですよ。対日本人無敗。世界のトップファイター。ピケオー選手じゃなかったら正直、僕も本気出して3カ月も練習しない」と評価した。
リング上のマイクで「これからは新しいことにチャレンジしたいと思っていて、後日発表したいと思っています」と話したのだが、会見でも「明日の一夜明け会見で発表していいって言われたんで、言っちゃいます(笑)。OK出たんで楽しみにしてください」と語るにとどめた。
ピケオーは「もっと積極的な試合をすべきだった」
一方、ピケオーは試合後の会見で「がっかりしてます。自分がやりたいことができなくて、イライラする試合でしたが、久保選手はいい選手だったと思う。自分は延長ラウンドにいくと思っていた。でも結果としては3-0の判定負け。それについては、なんとも言えない」などと試合を振り返った。
敗因については「もっとプレッシャーを与えるべきだったというか、前に行くとつかんでくるし、向こうの距離の取り方が上手だったのだろうと思う。だから延長に行けばもっといい戦いができただろうけど、結果は出てしまった」などと話した。
そして「もしチャンスがあるならリマッチしたい。今回は向こうの作戦勝ちというか、パンチを打とうと詰めると距離を殺すような試合運びだった。自分も今までとは作戦を変えて試合に臨んだけど、もっと積極的にパンチを打つ積極的な試合をすべきだったと思っている」などとこの日のファイトに最後まで悔いを残した口ぶりだった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.