画像: 安保瑠輝也が不可思との激闘制し2度目の防衛【3・22 K’FESTA.3】

安保瑠輝也が不可思との激闘制し2度目の防衛【3・22 K’FESTA.3】

1R終了間際に右ストレートで安保がダウン奪う
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)で行われた「K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ」で王者・安保瑠輝也が不可思を相手に2度目の防衛戦に臨んだ。
試合は1R早々に安保がその代名詞である二段蹴りを見せるが、戦前、「警戒する技」と語っていた不可思は当てさせない。
その後、安保のローが不可思の下腹部付近をかすめ、これで不可思のファールカップがずれてしまい、やや長めのインターバルが取られる。
再開後、安保のハイをガードした不可思だが、安保は飛びヒザからそのまま右フック。そして胴回し回転蹴りとつなぐと不可思はぐらり。残り10秒の時点で安保が右ストレートをクリーンヒット。ふらついた不可思に追撃の右ストレートで安保がダウンを奪う。
2Rになると不可思が距離を詰め打ち合いに持ち込む。応じた安保だったが、クリンチで攻撃をしのぐ場面が目立ってくる。2人にホールディングの注意が出るが、その後も不可思の突進は続く。
安保も2R以降、クリンチでしのぎながらも随所で威力のあるパンチ、キックは当てているのだが、3Rも不可思のプレッシャーは止まらない。しかしなかなか決定打を放つことはできず、3Rが終了。
安保が1Rのダウンがものをいい、3-0の判定で2度目の防衛を果たした。
減量失敗の影響で後半失速
試合後の会見で安保は「とりあえず内容はまあ良し悪しありますけど勝てて終われたことにほっとしています」と振り返った。
不可思については「僕と戦ってくるのであればああ言った感じだろう、ということを2R途中から前面に出してきて、すごい根性があったというか、自分が警戒していた部分がすごい強かった」などと話した。
安保は前日の計量で1回目は0.15kgオーバー。2度目でパスしたものの、その後の会見を欠席した。減量失敗の影響については「いつも減量は前もって落とすが今回は新しい減量方法というか、いつも追い込みで減量しすぎて、体重を落とすような練習になってしまっていたので、それをやめて1週間くらい前からやったがもっと考えたほうがいい。65kgでもやれるが、急激な水抜きをしすぎた。試合にそれが出たかは分からないが、後半に自分でも失速したなと思う」などと語った。
不可思は無念の表情
一方の不可思は「獲りたかったんで、めっちゃ悔しいです。“負けたかー”みたいな感じです」と無念の表情を見せた。
そして「思っていたとおりスピードも速いし、1R目の勢いにのまれちゃったなー、という感じ。1R目のダウンは向こうの蹴りのフェイントに反応して、一瞬、手が下がったところにパンチが入って、効いてしまった。もっとコントロールしていこうかなと思ってたんですけど、自分の感覚としては、思っていたより向こうがやりやすいようにさせてしまった感じ」などと振り返った。
最後は「ここでK-1のベルトを獲って盛り上げようと思ったんですが、またどうやって盛り上げるかを考えて頑張っていきます」と話した。
山崎秀晃がタイトル挑戦に名乗り「今以外ないんじゃないですか」
スーパー・ライト級のスーパー・ファイトで山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と寺島輝(TANG TANG FIGHT CLUB/team JOKER)が対戦した。
山崎は「K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメント」の優勝者でKrushでも2階級を制したこの階級のトップファイター。対する寺島は昨年のこの時期はまだアマチュアで昨年4月のプロデビュー後、一気に4連勝でこの舞台に上り詰めた。
山崎にとってはここ数戦続いている、いわゆる「下克上マッチ」となったが、2R終了間際にダウンを奪いKO勝ちを収めた。山崎はこれで3連続KO勝ちとなった。
山崎は試合後のマイクで「最高の準備ができてますんで、すぐにでも行ける気持ちでいますので、山崎のタイトルマッチが見たいなという仕上がりにしていきますのでよろしくお願いします」と改めてタイトル戦線に名乗りを上げた。
試合後の会見では「自分がやりたいこと試合でしっかり出せて作戦通りの試合だったんじゃないかと思います。やっぱり伝統派空手つかいつつサウスポーでくると思ったので、読み通りの試合でしっかり運べたんじゃないかと思いますし、フィジカルという部分でも戦いやすかったというのが正直な感想です」などと試合を振り返った。
そしてタイトル挑戦については「今以外ないんじゃないですかね。僕はもういつでも準備してますし。体も最高潮にきているので、関係者やファン、プレスのみなさんが決めてください(笑)」と改めてアピールした。
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)
◆プレリミナリーファイト第1試合 K-1スーパー・バンタム級/3分3R
○吏羅(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(KO1R 1分57秒)“狂拳”迅(WIZARDキックボクシングジム)●
◆プレリミナリーファイト第2試合 K-1ライト級/3分3R
●東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(KO3R 2分53秒)蓮實 光(パラエストラ栃木)○
◆プレリミナリーファイト第3試合 K-1スーパー・バンタム級/3分3R
○璃明武(K-1ジム総本部チームペガサス)(判定3-0=30-28、30-28、30-29)龍斗(K-1 GYM横浜infinity)●
◆プレリミナリーファイト第4試合 K-1クルーザー級/3分3R
△植村真弥(WSRフェアテックス幕張)(判定0-0=29-28、28-28、28-28)谷川聖哉(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)△
◆K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R
○藤村大輔(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=30-28、30-29、30-27)小鉄(K-1ジム琉球チーム琉神)●
◆第1試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R
●海斗(ポゴナ・クラブジム)(1R2分10秒、KO)木村“フィリップ”ミノル(K-1ジム五反田チームキングス)○
◆第2試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
●神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)(2R49秒、KO)エダー・ロープス(ポルトガル/Jazzy Fight Club K.O Team)○
◆第3試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R
○城戸康裕(谷山ジム)(2R1分54秒、KO)ミラン・ペイルス(スロバキア/Diamond gym Zilina)●
◆第4試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R
○和島大海(月心会チーム侍)(3R40秒、KO)アワターン・トー.モースィー(タイ/トー.モースィージム)●
◆第5試合 スーパーファイト/-61kg契約/3分3R・延長1R
●SATORU成合(K-1ジム総本部チームペガサス)(判定0-3=25-30、25-29、25-30)友尊(TEAM K/BLUE DOG GYM)○
◆第6試合 スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
○山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(2R2分59秒、KO)寺島 輝(TANG TANG FIGHT CLUB/team JOKER)●
◆第7試合 K-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
○久保優太(サラバニアファミリー)(判定3-0=30-29、30-29、30-29)ジョーダン・ピケオー(オランダ/Mike's Gym)●
◆第8試合 スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
●小澤海斗(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)(3R0秒、TKO)ジャオスアヤイ・ソー.デッチャパン(タイ/Ayothaya Fight Gym)○
◆第9試合 スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
○玖村将史(K-1ジム五反田チームキングス)(判定3-0=30-29、30-30、30-28)金子晃大(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)●
◆第10試合 スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
●村越優汰(湘南格闘クラブ)(3R 2分33秒、KO)レオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)○
◆第11試合 スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
○野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=30-28、30-29、30-28)ダビド・メヒア(スペイン/Gimnasio Formas)●
◆第12試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R
○木村“フィリップ”ミノル(K-1ジム五反田チームキングス)(1R1分2秒、KO)エダー・ロープス(ポルトガル/Jazzy Fight Club K.O Team)●
◆第13試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R
●城戸康裕(谷山ジム)(判定0-3=27-30、28-29、28-30)和島大海(月心会チーム侍)○
◆第14試合【株式会社 武州鳶 Presents】K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
○安保瑠輝也(team ALL-WIN)(判定3-0=30-27、30-27、29-28)不可思(クロスポイント吉祥寺)●
◆第15試合 スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
●林 健太(FLYSKY GYM)(判定0-3=26-30、26-29、26-29)朝久泰央(朝久道場)○
◆第16試合 スーパーファイト/K-1女子フライ級/3分3R・延長1R
○KANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)(1R2分42秒、KO)グロリア・ペリトーレ(イタリア/Raini Clan)●
◆第17試合【喧嘩道 Presents】スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
武居由樹(POWER OF DREAM)(判定3-0=30-29、30-29、30-29)デンサヤーム・アユタヤファイトジム(タイ/Ayothaya Fight Gym)
◆第18試合 K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
○シナ・カリミアン(イラン/POWER OF DREAM)(判定3-0=28-27、28-27、28-27)愛鷹 亮(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)●
◆第19試合【株式会社フュディアルクリエーション Presents】スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分
○武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(2R49秒、KO)ペッダム・ペットギャットペット(タイ/ペットギャットペットジム)●
◆第20試合 K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
○木村“フィリップ”ミノル(K-1ジム五反田チームキングス)(1R1分10秒、TKO)和島大海(月心会チーム侍)●

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.