画像: 武尊が前日のリング上での発言の主旨を語る【K-1】

武尊が前日のリング上での発言の主旨を語る【K-1】

「団体ではなく競技として格闘技全体でパワーを与えて行けたら」
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K’FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)の一夜明け会見が3月23日、都内で開催された。
セミファイナルでペッダム・ペットギャットペット(タイ/ペットギャットペットジム)を2RKOで下したK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者の武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が出席した。
武尊は「K-1の1年に1度のビッグマッチでダブルタイトルマッチを行うことはできなかったが2年連続でムエタイのトップファイターと戦うことができて、すごくいい経験になった」と試合を振り返った。
試合後のリングでは涙まじりに「こういう時だからこそ格闘技がみんなにパワーを与えると思うので、団体とか関係なく日本中、世界中をもっと元気にしていきたい。必ずでかい大会をやります。その時はK-1とか他団体とか関係なくみんなで応援してもらって、みんなでパワーをもらってください」などと観客に呼びかけた。
この発言については「昨日、リングで“格闘技最高”と言わせてもらったんですが、今までずっと言われてきた試合のこともあるし、プラス今回は日本ばかりではなく世界中でこういう状況になっているなかで、格闘技というものは人にパワーを与えられるスポーツだと思う。K-1とか団体ということではなく、競技として格闘技全体でパワーを与えて行けたらいいなと思って言わせてもらった。僕はK-1代表ということは変わらないし、K-1を背負って戦うということも変わらない。その立場としてその試合を実現させることが僕がやってきたことの証明だと思う。そのために僕がやることはたくさんあると思うので、それを全力でやっていくだけかなと思う。それは今までと変わらずという感じです」と語った。
「今はこういう状況だからこそ協力し合える時期なのかなとも思う」
また「(団体間の)いざこざとかは僕は気にしていない。団体同士のいろいろな事情がある。会社が違うとそれぞれのルールや文化があって難しいことだとは思うので、そこではなくて、今はこういう状況だからこそ協力し合える時期なのかなとも思う。お互いにリスペクトして、恨み合いとかいざこざはマイナスでしかないと思う。こういう時だからこそ、協力し合って、格闘技というジャンルでパワーを世界に発信できればいいんじゃないかと思う」と続けた。
武尊は当初、アダム・ブアフフ(モロッコ)とK-1 & ISKAのダブルタイトル戦を行う予定だったのだが、ブアフフが新型コロナウイルスの影響などで来日不能となり、大会直前になってダブルタイトルマッチが消滅。この試合については「今回はブアフフ選手との対戦のために何カ月もかけてやってきた。ISKAは前から欲しかったベルトでしたし、K-1の価値を高めるためにも獲っておきたいベルトだったので、近々実現できたらいいなと思っています」と改めて実現を希望した。
また大会では武尊戦実現を狙うレオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)が昨年11月の横浜大会で武尊がてこずった村越優汰を相手に3RKO勝ちを収めたのだが、レオナについては「強い選手だと思うし、実力もしっかり示したと思うので、そういう条件になれば、しっかり叩き潰したい。僕は今、K-1のベルトの価値を高める試合をしていきたいという気持ちもあるので、それと折り合いがついていいタイミングがあれば、それを証明したいと思う」などと対戦については「タイミング次第」とした。
レオナ・ペタスが自らがISKA王者になっての武尊とのダブルタイトル戦を提案
そのレオナも会見に出席。試合については「3RKOという形で締めることができて良かった。(村越は)やってみてうまいと思った。武尊選手との試合を組んでもらうには武尊選手に認めてもらわないと始まらない。1Rのダウンだけでは物足りないと思ったので、3Rは強引に倒しにいった」と振り返った。
前日の武尊の試合後の涙のマイクアピールについては「武尊選手の涙を見て、いろいろなものを背負っているんだなと思った。今回はダブルタイトルマッチが流れて、かわいそうだなと思って見ていた」と話した。
そして「武尊選手が世界のチャンピオンとやりたいと言っているが、“時間がない”とも言っているので、ブアフフ選手とは僕がやってベルトを獲ってもいいし、K-1の中だったら皇治選手もISKAのベルトを持っているので、奪い取ってやってもいい。それで、そのベルトを獲って武尊選手とやってもいいんじゃないかと思う」と自らがISKA王者になっての武尊とのダブルタイトル戦という大胆なプランを提案した。
レオナはKrushスーパー・フェザー級王者でもあるのだが「Krushには敵がいない。やり尽くした。大岩(龍矢)選手がSNSでなんか言っていたが僕のレベルにいない。そこまで上がって来ていない選手なのでベルトを賭けてまでやる選手ではない。みんなでトーナメントでもやってもらって挑戦者を決定してもらえればいいかなと思う。Krushで一番強いことは証明してきたので、しばらくは防衛戦をするつもりはない」と語った。
朝久泰央「レオナ選手は裏では自分から逃げている」
このレオナの発言に噛みついたのが直後に会見した朝久泰央(朝久道場)。朝久は新型コロナウイルスの影響などで来日不能となったキム・フォーク(スウェーデン)に代わり、急きょK-1 WORLD GPライト級王者の林健太と対戦。ダウンを奪ったうえで判定勝ちを収めた。
朝久は「試合は楽しかった。今まで戦ってきた選手とはけた違いのパンチ力だった。背負っているものを感じたし、K-1王者は強いと感じた。K-1王者だからというよりも林健太選手だからこその驚異的な強さだったと思った」と試合を振り返った。
この勝利でライト級のタイトルコンテンダーに一気に浮上したのだが、朝久は現在はスーパー・フェザー級で戦っており「まだライト級でキャリアを積んでいるわけではないし、すぐに再戦というのも林選手の状態もあると思うので」と消極的。
しかし「レオナ選手が“Krushでは相手がいない”と言っていたが、公ではああいうふうに言って、裏ではいろいろ理由をつけて逃げてばかりだと思うのでどうかなと思う。60kgはK-1では武尊選手が引っ張っているが、それ以外でははっきり言って相手になる選手はいないと思っている」などと突如、レオナの発言に異を唱えた。
朝久はレオナには2017年、2019年と2回負けているのだが「僕はずっと成長し続けていると思っている。過去の勝利をいつまで引きずっているのか。60kgの他の選手も、やってもいいと言っていながら試合直前になると、なしになったりという感じばかり。本当に強い奴を決める戦いになっていないというのが自分の考え」とも語った。
とは言うものの「レオナ選手にそこまでこだわっていない」と今回の林戦での勝利をもってしてレオナ戦をアピールするつもりも特にはないよう。ただ「(レオナは)“石の拳”とか言われているが、林選手のパンチは隕石のようなパンチだった。まあ、隕石に打たれたことがないんで分からないんですけど(笑)。それくらい強かった」と最後までレオナには辛辣な言葉を投げ続けた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.