画像: 木村ミノルが「グレゴリアン、アラゾフとも全然やりますよ!」【K-1】

木村ミノルが「グレゴリアン、アラゾフとも全然やりますよ!」【K-1】

トーナメントを振り返り「昨日は1日中ゾーンの中にいた」
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K’FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)の一夜明け会見が3月23日、都内で開催された。
「K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント」で優勝し、悲願のK-1王座を獲得した木村“フィリップ”ミノルが(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)が出席した。
木村は「昨日はむちゃくちゃ調子がよくて、1日中ゾーンの中にいた感じ。試合についてはどうやったら倒せるかとか、ファーストコンタクトでそれが読み取れるように全試合なっていたので自分を信じられました。昨日は特に」と前日を振り返った。
トーナメントについては「運的な要素も全部僕のほうに来ていたと思うし、環境的にも状況的にも(優勝を)獲りやすいようになっていた。みんながダメージが溜まっているのも見ていたし、僕はサクッと勝つことが多かったので、それがトーナメントではめちゃくちゃデカい」、3試合の中では「海斗選手との試合が一番緊張感や怖いという気持ちがあった。その後は全部楽でした」などと振り返った。
今後については「このベルトを持っていた王者たちはだいぶ強いし、偉大な選手たちなので、それに並ぶではないが、価値を落とさないためにも、このベルトを守るといった任務は果たしていかないといけないのかなとは思っている」などと前日の試合後の会見では「スーパー・ウェルター級にはそこまでこだわりはない」と言っていたのだが、一晩経って微妙な心境の変化があったよう。
「世界各地の王者がこのタイトルを争う状態にしたい」
K-1の解説を務める魔裟斗からは、新生K-1になってからの王者であるマラット・グレゴリアンやチンギス・アラゾフとやってほしいとの言葉があったのだが「全然やりますよ、僕は。アラゾフは苦手なタイプだけどグレゴリアンは今すぐにでもやりますよ。そういうふうにしてもっと70kgも凄い状態にしたい。世界各地の王者がこのタイトルを争う状態にしたい」と強敵との対戦も視野に入れているよう。
木村は前日計量後の記者会見を体調不良で欠席したのだが、改めて「もちろん作戦です(笑)。ちょっと体調が悪かったのもあるんですが、だいたいは作戦です。トーナメントで一人だけ体調不良でいないとなると、みんな“あれあれ?”ってざわつくじゃないですか。そうするとみんなのマインドに僕のことが刷り込まれるので、僕の日になりやすい。だからいないほうがいいかなって。そこで喋るよりはみんなより早く回復に努めたほうがいい。トーナメントなので、ずるさも賢さも必要かなって(笑)」と作戦込みであったことを明かした。
また試合後のリングで兄貴分の久保優太に「おめでとう、よかったね」と祝福されたことや、試合後に魔裟斗に「なんでそんなに強くなれたの? 凄いね」と声をかけられ、プロボクシング世界三階級制覇王者のホルヘ・リナレスと魔裟斗に挟まれ写真を撮ったことを明かし「それがなによりもうれしいお祝いでした」と笑顔を見せた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.