画像: 森喜朗組織委会長が「かつてない挑戦」に選手にも協力呼びかけ

森喜朗組織委会長が「かつてない挑戦」に選手にも協力呼びかけ

東京2020延期を受け「新たな出発 東京2020大会実施本部」を発足
東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が3月26日、前日に発表された東京オリンピック・パラリンピックの1年程度の延期を受け、来年の大会開催への諸対応の検討のため「新たな出発 東京2020大会実施本部」を発足。この日、第1回会議が開催された。
同本部は組織委の中に設置され、局長以上の幹部職員が参加。諸問題を協議するための機関で、ここで協議されたものが理事会にかけられる。本部長は組織委の武藤敏郎事務総長が務めることとなった。
組織委の森喜朗会長は冒頭に挨拶に立ち「(IOCの)バッハ会長が言っていた“かつてない挑戦”に我々は挑むことになる」として組織委全体の奮起に期待した。
そのなかで「日本に課せられたテーマは2つある」として新型コロナウイルスへの対策と、7年かけて準備してきたことをこれからの1年で再度作り上げなければいけないという挑戦の難しさを挙げた。
そして今後の難局をラグビーに例え「展開戦。どんどん展開をして新たに積み上げて行くことになると思う。大変難しい仕事になる」と話し、「下から上に上げるという時間をかけるということではなく、即断即決が大事になってくると思う」と話した。
組織委にも「上から目線ではなく、むしろ下からという姿勢で」と要望
今後はさまざまな関係者の協力が必要不可欠であることから、組織委の面々には「上から目線ではなく、むしろ下から。“どうぞよろしくお願いします。ついてきてください”という姿勢でやっていくのが肝要だと思う。多くの皆さんの共感を得られるように一段と努力願いたいということをお願い申し上げる次第」と続けた。
また選手たちにも「またマスコミに叩かれるかもしれないけど」と前置きしながらも「アスリートの考えを無視して我々は行動できるわけではない。しかしアスリートの皆さんも“我々が主役なんだ”という自意識過剰でもいかんと思う。この難局を一緒になってアスリートの諸君が乗り切ることによって、世界から大きな評価を得る体験ができるんだろうと思っている」などと選手の協力にも期待した。もっとも森会長は「選手によってはさらに難しい過酷な条件にさらされるということになるんでしょうが」と気遣いを見せた。
武藤氏は「オリンピック史上誰も経験したことのない、延期という仕事に立ち向かわないといけない」としたうえで会場、追加経費、各所との契約問題など解決すべき問題を挙げ「日程を早く決めないと前に進めない」と延期期日の決定を喫緊の課題として「時間との勝負にもなる」と決意を述べた。
「まずは日程と場所を固めること」
会議後のブリーフィングには中村英正ゲームズ・デリバリー・オフィサー(GDO)が出席。
本部の名称については森会長が「気分一新で前向きな名前のほうがいいのでは」と数ある候補の中から直前に決定したと話した。
今後の本部の活動については「具体論はこれから。先週の日曜に、IOCの理事会の前に森会長とバッハ会長の会談があり、“4週間かけて延長を含めて検討しよう”と言っていて、その後に火曜に決まった。延期になったときに何が必要かという問題は4週間の間に同時平行的に洗い出していこうと事務局としては事務的には考えていたが、急きょそのベースが抜け落ちて、火曜日から臨戦態勢になった。具体的な課題については急に出てくるものとは思っていない、これからだと思っている」などとここ数日の経緯を説明した。
そして改めて「まずは日程と場所を固めること」と話し「場所は相手側の都合もあるのできちんと説明して、お願いしてコンセンサスを得ることが必要だが、そこがまず第一。しかしそれが決まるまでは何もしないというわけではなく、その間もいろいろな課題があると思うので、各局ではそういうことを洗い出して、“いつ・どこで”が決まったときにきちんとした青写真ができるような準備は進めていこうということ」とした。
日程決定のプロセスについては、新型コロナウイルスの終息の時期、会場の問題、他の世界的なスポーツイベントの開催スケジュールとの兼ね合いといったさまざまな要素があるのだが、中村氏は「A方式、B方式とかではない。AもBも大事」と総合的かつ並行して判断したうえでの決定になるよう。
また「一番大事なのはいつどこで。どこでは白紙であれば困るが、すでに会場は決まっていた。そこで“来年、お願いします”という時には“いつですか?”と聞かれる。具体的な話を入るためには、まず日程だと思っている」。新たな日程についてのプランの作成や決定については「組織委員会だけで決められるものではないし、決めるものでもない」とも話した。
新型コロナウイルス対策については「先週までは7月24日にアスリートと観客に安心安全な環境で大会を迎えよう。そのためには何が必要かという検討はしていた。来年はどうなっているか分からないが、必要であれば当然考えていかないといけない。現時点ではまだ具体的なことは検討していない。今後の状況を見ながら進めていかないといけないと思っている」などと話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.