画像: 暗中模索だった押切もえが 樹木希林から伝えられた “肩が軽くなった一言”とは

暗中模索だった押切もえが 樹木希林から伝えられた “肩が軽くなった一言”とは

“~になりたい”――。女性が思う“Be”の部分にフォーカスを当て、さまざまな立場の女性ゲストを招き、仕事や育児、ライフスタイルなどについてクロストークを展開するTBSラジオの新番組「Be Style(ビースタイル)」。今回の放送は、MCを務める菊池亜希子さんとともに、モデルで画家や作家としても活躍する押切もえさんが登場。モデル時代の悲喜こもごも、新しいことにチャレンジする上で留意している樹木希林さんからの助言について、言葉を紡いだ。
「高校生のとき、“コギャルブーム”が席捲していて、私も読者モデルとして雑誌に載りたいなと思っていたんです」
『Popteen』に読者モデルとして登場するようになった押切もえさん。順風満帆なように見えるが、「スカウトされてから2年ぐらいは仕事がなかったんですよ」と、あっけらかんと笑う。
「ティーン誌のイメージが強いと言われて、なかなか仕事が決まりませんでした。それに、当時の私はプロ意識が欠けていた。「一生懸命やります!」という気持ちが薄かったため、仕事があったとしても次につながらない、オーディションに合格しないことが多かったです」
押切さんの知名度を全国区へと押し上げることになる『CanCam』 の専属モデルが決まったのは、二十歳の終わりの頃。「それまではフリーター生活。工場の日払いのアルバイトなどをしていました」というから驚きだ。
「当時、副編集長だった方が、 「ちょっと引っかかる写真があるから様子を見たい」と言ってくれて。そのときはダメだったのですが、数日後に連絡をいただき、一回テストをしたんですね。そこで拾っていただいたことで、私のモデルとしての道が開けていきました。一本の細い糸からつながることってあるんですよね」
その後、蛯原友里さん、山田優さんとともに、同誌のトップ3人気モデルとしてブレイクしたのは周知の事実。2009年には、小学館から『モデル失格~幸せになるためのアティチュード~』を発刊。大きな話題を呼んだ。
「それまでモデルさんが出版する本は、写真を添えて、こんなメイクをしています、クロゼットの中はこういう服があります――といったスタイルブックが多かったのですが、なぜか私は「新書でいきましょう」となりました(笑)。日雇いアルバイトをしながらモデルをしていたエピソードなど、私のモデルとしての入口や進んでいる道が他の方と違って珍しいと。半生を振り返るような内容だったので、自分と向き合い、文章だけを綴ることができたのは、大きな体験になりました」
新書を上梓した押切さんは、2013年にモデル業界を描いた長編小説『浅き夢見し』で小説デビューを果たす。きっかけは何だったのか?
「書いてみたらいいじゃないと言ってくれる方がいて、“書いてみたい”という気持ちが勝ってしまった(笑)。誰が読んでくれるんだろう、誰が買ってくれるんだろう......そういった不安ももちろんあったのですが、“書いてみたい”という気持ちが何よりも勝った。その気持ちだけで書きました」
また、モデルを続けていく中でこんな葛藤もあったと話す。
「モデルは、服が主役ですから過度な自己主張は求められていません。でも、マネキンのように、誰が着ても同じでもダメなんですね。一緒じゃダメなんだけど、自分を出しすぎてはいけない......編集意図に沿わなければいけない、裏方の意図を汲まなければいけないのがモデル。かといって考えすぎると表情が死んでしまう(苦笑)。なかなかややこしい仕事なんです。表舞台に立ってスポットライト浴びているというイメージを持たれると思うのですが、いろいろな葛藤がある」
そういった葛藤が、モデルの世界に限らず、女性が夢を追うさまざまな場所に存在しているのではないか――。第二作であり、第29回山本周五郎賞候補にもなった連作短篇集『永遠とは違う一日』では、モデルに振り回されるマネージャー、アイドルとして挫折する高校生など、異なる境遇に置かれた女性たちの姿を綴った。
「身近な題材だけではなく、興味のある方々へ取材をしたい気持ちが生まれました。作中で助産師にまつわる話が出てくるため、事前に助産院への取材も行いました。自分で電話をかけて、「取材をさせていただけませんか」と。話を聞かせていただく中で、「この人と会えてよかった」、「この人の思いを書きたい」って思えるようになったんですね。取材を通じて、どんどん言葉が紡げるようになっていく感覚です。自分も頑張らないといけないなって、より思えるようになりました」
もう一つ、押切さんにとって背中を押す出来事があった。「小説を書き始めた30代の半ばぐらいに樹木希林さんにお会いする機会がありました」。樹木さんの一言で、肩が軽くなったと述懐する。
「当時の私は結婚もしていなくて、もっと言えばすごいこじらせていた(苦笑)。プライベートもモヤモヤしていたし、小説も書き始めたはいいものの自分はどこを目指してるんだろうって釈然としなかったんですね。そんなときに、樹木さんから、『結果を目指すのは素晴らしいことだけど、その過程を味わって』と言われました。 ゴールに向かって進む姿は、どんな人でも美しい。けれども失敗してもいいから、その過程を味わったり面白がったりすることを忘れてはいけない......それってとても素敵ですよね。樹木さんのような大成されている方から、内容を楽しみなさいとアドバイスをいただけたのは、本当にありがたかったです」
結果はどうであれ、内容を楽しむ気持ちを持つこと。2015年、絵画作品「咲くヨウニ」が二科展に入選。今年、1月にはYouTubeチャンネル「Moe Oshikiri./押切もえ」を開設。新しいことに次々と挑戦する姿は、まさに“過程を味わう”という助言を体現しているかのようだ。
「モーニングルーティンを公開したり、初めての手作り味噌を披露したり、何気ないことを視聴者の皆さんと共有できたらいいなって。インスタ映えのような“盛る”ような写真や情報もいいけど、私はそれとは違うものを発信をしたかったんですよね。自分が動画を制作するにあたって、「今まで照明を当てて頂いていたんだな。照明の方はすごいんだな」なんて、改めて気が付くことも多いです(笑)」
バイタリティあふれる原動力はどこから湧いてくるのか。毎日の暮らしの中で大切にしていることを聞くと。
「できるだけ丁寧に暮らすこと。そして、ポジティブでいること。《人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇だ》というチャップリンの言葉があります。近くで見てしまうとネガティブに思えることも、ちょっと引いて見ると笑えたりすることもある。そういった気持ちを忘れないようにしています」
アクティブオーガニック「Be」presents「BeStyle」は、TBSラジオで、毎週土曜午前5時30分~6時にオンエア。radikoでも聴取可。詳しくはHPを参照。
https://www.tbsradio.jp/be/
また、当日の模様は、以下のYoutube「Be Style」チャンネルからも視聴可能。
あなたの「なりたい」が見つかるかも――。
https://www.youtube.com/channel/UCtEhEgJPGJQ9IX4y5vbmESw/featured

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.