画像: 吉岡ビギンが前王者・晃貴から4つのダウンを奪い圧勝【3・28 Krush.112】

吉岡ビギンが前王者・晃貴から4つのダウンを奪い圧勝【3・28 Krush.112】

左の三日月蹴りで晃貴の右わき腹を破壊
「Krush.112」(3月28日、東京・後楽園ホール)の第6試合で行われたバンタム級戦で前王者の晃貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と吉岡ビギン(team ALL-WIN)が対戦した。
晃貴は昨年1月に萩原秀斗を破り王座を獲得。隼也ウィラサクレックを相手に防衛を果たし、6月には念願のK-1参戦を果たし「スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント」に出場するがサンベル・ババヤンにダウンを奪われ判定負け。再起を期した昨年11月の2度目の防衛戦で佐々木洵樹に敗れ、王座陥落。2019年は天国と地獄を味わった1年となった。今回は2連敗からの再起戦となった。
対する吉岡は昨年11月のKrush大阪大会でK-1グループ初参戦。そこで実力者の蒼士を激闘の末に判定で退け、今回、前王者との対戦というビッグチャンスをつかんだ。
試合は1R序盤からともに前に出て打ち合う展開に。吉岡はジムの先輩である安保瑠輝也を思わせる二段蹴りを見せるなど伸び伸びとした戦いっぷり。そして左の三日月蹴りが晃貴の右わき腹をとらえると、晃貴はうずくまってダウン。立ち上がった晃貴が反撃するも、右わき腹に大きなダメージを食らったのは明らかで右のガードが下がり気味。吉岡はなおも三日月蹴りを放ち続け2度目のダウンを奪う。
晃貴は右ローで吉岡を追い込んだが...
ラウンド間のインターバルを経ても晃貴の右わき腹のダメージは深刻なまま。しかし2Rに入ると晃貴は吉岡の左足に攻撃の的を絞り、右ロー、そしてヒザを太ももに打ち込み反撃。吉岡の左足がみるみる赤くはれ上がる。
しかし吉岡は左ボディーからの右フック。これに晃貴は右わき腹を押さえ、またもダウン。しかし立ち上がると再び右ローで吉岡を削っていく。
3Rになると吉岡の左足のダメージも明らか。左の蹴りが出なくなるが、後がない晃貴がローから前に出るところで、吉岡がカウンターの右ストレート。晃貴はこの試合4度目のダウンを喫してしまう。
立ち上がって4度のダウンを奪われているようには見えない勢いでパンチを繰り出す晃貴だったが、吉岡もパンチで応戦。
ともに倒しきることはできず試合は判定となったが、ジャッジ3者とも30-23の大差で吉岡がK-1グループ2連勝。元王者の晃貴を破り、バンタム級のトップ戦線に躍り出た。
近藤魁成は復帰戦で実力者・山際にダウンを奪って判定勝ち
セミファイナルで行われたウェルター級戦では近藤魁成(大成会館)と山際和希(谷山ジム)が対戦し、近藤が判定で勝利を収めた。
近藤は2017年と2018年のK-1甲子園-65kg王者で、昨年は木村“フィリップ”ミノルの持つKrushウェルター級の王座に挑戦。また昨年11月のK-1横浜大会ではKrushスーパー・ウェルター級王者のジョーダン・ピケオーと対戦。ともに敗れはしたものの、大きな成長を遂げた1年となった。今回はその11月に敗れてからの再起戦となる。対する山際は前Bigbangウェルター級王者のこの階級の実力者だ。
試合は1Rから山際の右ミドルに近藤が右ストレートをカウンターで合わせていく。山際のミドルもクリーンヒットするものの、その後の近藤の反撃で山際の顔面が赤くはれていく。2R以降も近藤は的確なカウンターを当てていき山際を削っていく。3Rには山際の強烈なミドルをもらいながらも近藤はその打ち終わりに右ボディーフックから右ストレートを打ち込みダウンを奪う。
「3分3R通じて勉強できたところもあった。いい経験になった」
立ち上がった山際に襲い掛かる近藤だったが決定打を放つことはできず試合は判定に。ジャッジ1人が30-28、2人が30-27の3-0で近藤が判定勝ちを収めた。
近藤は試合後の会見で「今回、KOできなかったが3分3R通じて、距離とか勉強できたところもあったので、いい経験になった。(最後は)倒そうと思ってたのと、あとは3分3R戦いたかったというのもあったので、ダウンを取れたのはよかった。山際選手は距離が遠いので、粘り強かったというか、巧かったっていう印象。KOできる選手になりたいっていうのがあるんですけど、安定感という強さがほしかったんで。そういう部分では、ああいう戦い方になって仕方がないと思う」などと試合を振り返った。
この3分3Rへのこだわりについては「僕自身、キャリアがそんなに多くないので。これから強豪選手に戦って勝っていかないとダメなので、その経験としてこういう試合をしました」と今後を見越したものであることを明かした。
「Krush.112」(3月28日、東京・後楽園ホール)
◆プレリミナリーファイト第1試合 Kush女子アトム級/2分3R
●谷田美穂(K-1ジム大宮チームレオン)(判定0-3=27-30、27-30、27-30)加藤りこ(K-1ジム五反田チームキングス)○
◆プレリミナリーファイト第2試合 Kushフェザー級/3分3R
○水津空良(優弥道場)(判定3-0=29-28、29-27、30-28)立基(K-1ジム目黒TEAM TIGER)●
◆プレリミナリーファイト第3試合 Kush女子アトム級/2分3R
○チャン・リー(K-1ジム五反田チームキングス(判定3-0=30-28、30-28、30-28)森川侑凜(サポートスクールグレス)●
◆第1試合 Krushバンタム級/3分3R・延長1R
○橋本実生(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(2R2分33秒、KO)豊田優輝(B.W)●
◆第2試合 Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
●聖也(WSRフェアテックス西川口)(1R2分54秒、KO)提髪和希(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)○
◆第3試合 Krushバンタム級/3分3R・延長1R
●多久田和馬(K-1 GYM横浜infinity)(1R2分18秒、KO)松本日向(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)○
◆第4試合 Krushフェザー級/3分3R・延長1R
●伊澤波人(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(1R2分43秒、KO)斗麗(WIZARDキックボクシングジム)○
◆第5試合 Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
○山本直樹(優弥道場)(延長判定3-0=10-9、10-9、10-9 ※本戦判定0-1=29-30、29-29、29-29)佐野天馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)●
◆第6試合 Krushバンタム級/3分3R・延長1R
●晃貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定0-3=23-30、23-30、23-30)吉岡ビギン(team ALL-WIN)○
◆セミファイナル(第7試合) Krushウェルター級/3分3R・延長1R
○近藤魁成(大成会館)(判定3-0=30-28、30-27、30-27)山際和希(谷山ジム)●
◆メインイベント(第8試合) Krushクルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長
○K-Jee(K-1ジム福岡チームbeginning)(1R2分11秒、KO)加藤久輝(ALIVE)●

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.