画像: RIZINの榊原CEO「夏に格闘技のメガイベントを開催したい」

RIZINの榊原CEO「夏に格闘技のメガイベントを開催したい」

4・19「RIZIN.22」の中止を発表
RIZINの榊原信行CEOが4月2日、新型コロナウイルス感染拡大防止のためYouTubeで会見を行った。
その中で榊原氏は4月19日に予定されていた「RIZIN.22」(神奈川・横浜アリーナ)の中止を発表した。同大会は3月22日からチケットの一般発売が始まっていたが「国や自治体からの中止要請や自粛勧告などがあった場合は、誠に残念ではありますが、中止を発表する場合もあります」とホームページには記載されていた。
榊原氏は「新型コロナウイルスの終息がどちらに進むのか。なんとしても実現させたいという思いの中で3月いっぱいをメドに待機してきたが、新型コロナが東京を中心とした関東圏で広がりを見せているので断腸の思いで中止とさせていただきます。ニュースでも“3つの密”といわれているが、格闘技イベントを含めライブイベントはドンピシャだと思う。残念ではあるが観客の皆さんの安全を担保できる状況にない。そして選手、関係者の安全も自信をもって言える状況ではないので、残念ながら中止とさせていただきます」と語った。正式発表はされていなかった5月17日の仙台大会の中止も合わせて発表された。
今後については4~6月の大会開催は断念したものの、東京オリンピックが延期となった7~8月に「東京オリンピックの弔いとなるようなスポーツのビッグイベント、格闘技のメガイベントを開催したい」とした。
これについては「やるんだったら、さいたまスーパーアリーナのスタジアムバージョンクラスのメガイベント。ここまで何カ月もたまった負のエネルギーを爆発させるような、選手たちもワクワクして胸が躍るような、それくらいのスケール感でやりたい。そのためにはどんな試合が見たいかをファンにも考えてほしい」などと「格闘技オリンピック」ともいえる規模の大会の開催を目指すとした。
横浜大会での対戦がほぼ決まっていた朝倉未来と朴光哲の試合については、夏のメガイベント、もしくはRIZINのナンバーシリーズのいずれになるかを両者と話し合ったうえで、年内どこかで実現させたいとした。
今回、中止が決まった横浜大会と仙台大会についても「新型コロナウイルスがピークアウトしてプロ野球やサッカーなどのメジャースポーツのシーズンが開幕していく状況が見えた中でスケジュールはタイトにはなるが年末までにこの2大会を実行したい」とも話した。
バンタム級王者マネル・ケイプのUFC移籍を認める
また一部メディアでUFC移籍が報道されたバンタム級王者のマネル・ケイプについては「UFCからフライ級でのオファーが届き、それにサインをした。引き抜かれました。残念ながら」と苦笑い。「RIZINはフェデレーション。ここで選手が活躍してビッグプロモーションからオファーがくるというのは、断腸の思いではあるが...。UFCからビッグ・オファーが届いたら胸躍るし、それを全力で“やめろよ”と引きはがすのも僕らのポリシーと違う。チャンスがあるならいかせてあげたい」と苦しい胸の内を明かした。
ケイプには最後にバンタム級で1試合をしてからのUFC行きを提案したがそれはならなかったことを明かし「チャンピオンシップを取った選手の契約のあり方は、これからこういうことが起きないようにしっかりやりたい」と今後の課題としてとらえた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.