画像: 新型コロナウイルス感染拡大でスポーツ界は延期と中止の嵐

新型コロナウイルス感染拡大でスポーツ界は延期と中止の嵐

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために東京オリンピック・パラリンピックをはじめ、多くのスポーツの開催が延期、または中止となっている。
プロ野球は3月20日の開幕が延期となり、当初は4月24日の開幕を目指していたが、新型コロナウイルスの感染者が急増したことから4月3日になって再延期を決定した。斉藤惇コミッショナーは新たな開幕日決定は困難で、4月下旬から5月上旬に決定したいとの考えを示し「当初強く希望していた143試合の予定を減らすことも検討せざるを得ない」と公式戦の全日程消化が難しくなる可能性にもふれた。
そして4月7日に発令された緊急事態宣言により、日程の決定がなおも困難に。宣言の効力は5月6日まであることから開幕はそれ以降になるのだが、宣言の対象の7都府県に本拠地を置く、巨人、西武ら7球団にはこの期間中の練習をどうするかといった問題も発生。その間の活動状況によっては宣言明け=開幕というスケジュールはかなり難しいこととなった。
サッカーのJリーグは2月21日に開幕したものの、28日の第2節から中断。当初は3月15日までの延期としていたが、その後、4月3日再開に方針変更。しかし3月25日に行われたクラブ代表者による臨時実行委員会でそれも断念。J1は5月9日、J2は5月2日、J3は4月25日に再開する方針を決めた。しかし4月3日の臨時実行委員会ではこの日程も白紙に。村井満チェアマンは「少なくとも1カ月以上、間隔をあける」と述べていたが、8日にはJリーグが4月25日から5月27日までの全公式戦の開催延期を正式に発表した。5月30日以降の開催は未定となっている。
3月に行われた春場所を無観客で行った日本相撲協会は4月3日に臨時理事会を開き、夏場所(両国国技館)と名古屋場所(ドルフィンズアリーナ)の2週間延期を決めた。夏場所は初日が5月24日で千秋楽が6月7日、名古屋場所は初日が7月19日、千秋楽が8月2日となる。夏場所は通常開催を目指しながら、無観客での実施や中止を含め、状況に応じた変更も検討していく。
格闘技界も大会の延期と中止が続いた。3月22日にさいたまスーパーアリーナで年間最大のイベント「K'FESTA.3」を開催したK-1グループは3月28日の「Krush.112」(東京・後楽園ホール)、4月4日の「KHAOS.10」(東京・新宿FACE)の2大会を東京都と会場との協議の末、無観客試合で行ったが、緊急事態宣言を受け、4月25日に開催予定だった「Krush.113」(東京・後楽園ホール)を5月30日に延期した。
また、RIZINも4月2日に榊原信行CEOがYouTubeで会見を行い、4月19日に神奈川・横浜アリーナで開催の予定だった「RIZIN.22」と正式発表前だった5月17日の仙台大会の中止も合わせて発表した。今後については東京オリンピックが延期となった7~8月に「東京オリンピックの弔いとなるような格闘技のメガイベントを開催したい」と語るなど、新型コロナ収束後に向けたプランをぶち上げた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.