画像: アンジュルムを卒業した和田彩花 「自分の身体と声を通して、表現していきたい」

アンジュルムを卒業した和田彩花 「自分の身体と声を通して、表現していきたい」

“~になりたい”――。女性が思う“Be”の部分にフォーカスを当て、さまざまな立場の女性ゲストを招き、仕事や育児、ライフスタイルなどについてクロストークを展開するTBSラジオ「Be Style(ビースタイル)」。今回の放送は、MCを務める菊池亜希子さんとともに、アンジュルムの元メンバー(初代リーダー)で、ハロー!プロジェクトの6代目リーダーを務めた和田彩花さんが登場。アイドルとしてだけではなく、ソロとして新しい道を歩み始める和田さんの“今後”に、ハロー!プロジェクトの大ファンである菊池さんが迫った。
菊池 アイドルを見ていると、私たちも追いかけながら葛藤するんだけど......、結局行き着くのは、“彼女たちが幸せであれば、それがすべて”って思うんですね。卒業した後も、アイドルでいようと思ったのはなぜですか?
和田 卒業して自分がやりたいことの肩書を考えたら、アイドルか活動家しかないなと思っちゃって。アイドルを選ぶしかないじゃないですか(笑)。やりたいことはたくさんあるので、アイドルの中で表現した方がわかりやすいだろうなって。誤解を恐れずに言うと、私にとってはその方がいろいろなことが可能になるなって思ったんですね。
菊池 大好きなアイドルという存在が、どんなことを考えて発信しているのか気になって。その発信を自分の考え方と照らし合わせて、自分の視野も広がる――、和田さんはそんなきっかけを与えてくれるアイドルになるんじゃないのかなって、私は思うんですけど、自分の考え方や思考を、アイドル・和田彩花として発信することに、「怖い」と思ったりはしないんですか?
和田 グループにいたときから「怖さ」みたいなものはなかったんですけど、言葉で伝えていかないと、気が付くこともできなくなっていくと思うんです。そこに対する不安みたいなものはあまりないですね。
菊池 大学に通い始めたこともやっぱり大きかった?
和田 大きかったと思います。私は大学で美術を学んでいたので、美術を通して考えることや言葉にする力が養われたと思います。学問として美術を扱っていたからこそ、自分のちょっとした日常の疑問が問題として定義できるところもあるんですね。そういった思考の仕方は、大学に通っていたからこそかもしれないです。
菊池 私は......和田さんのキャンパスライフを一緒に過ごしたかった。って、アレ? 話が全然関係ない方向に(苦笑)
和田 あははははは!
菊池 在学中もアンジュルムとして活動していたから、その中でちらっと垣間見える学生としての和田さんの雰囲気が、私の中ですごいキラキラして見えたんですよ。学校に通いながらアイドルをするって、すごく前向きで素晴らしいことだなって、私は思いました(笑)。
和田 ありがとうございます!(笑)
菊池 修論を書き終えて、卒業が間近に迫っていますけど、今の心境は?
和田 修論は大変でしたけど、終わって気が付いたのは、悔しさでした。すっきりした感じもないし、達成感もなくて(苦笑)。修論こそ終えたけど、自分はスタートに立ったに過ぎないんだなって。絵を説明する力や、どんな言葉が適切なのかとか、自分の中で「まだまだだったんだな」って、最後の方に気が付きました。これからは自分の表現に、もっとフォーカスを当てていくと思うんですけど、伝えることや言葉にすることはずっとあるものだと思うんですね。美術もずっと紹介してきたい。今まででは、教えてくれる先生が身近にいてくれたからできたことでもあります。
和田 美術を研究することは美術の魅力と直結するわけではない、と先生から言われたんですね。先生は、美術に対する愛もとても大きくて 、「うまく伝えられたらいいのに。和田さんがそれができるようになってくれたらうれしい」と言ってくれていました。私は学んだことをもっとレベルアップさせて、先生に恩返しができたらいいなって思っています。
菊池 和田さんにしかできない美術の伝え方がきっとあると思うから、とても楽しみです。アイドルの活動をする中で、自分からプロデュースやディレクションをしてみたいという気持ちはありますか?
和田 やってみたいです。 他の誰かにとかではなくて、自分自身にできたら。分かりやすくいうなら、自分自身で作詞創作を続けているので、それを通じて曲ができて、自分の身体と声を通して、表現として一つの形に出来たらいいなと思っています。自分で作っていくことを10年かけて頑張ります!
菊池 10年! 私は、和田さんのソロのステージがどんなふうになるのかなって想像していて、実際に和田さんのステージを見たときに、なるほどって思ったんですよ。歌があって映像があって、和田さんが作詞された朗読もあって......昔、チェコを旅したときに、同じような感覚を味わったことがあって。
和田 チェコですか!?
菊池 うん。後ろに映像が流れていて、その前で人が体を使って動いているんだけど、その人の体じゃないと伝えられないパフォーマンスだった。それは言葉だけでは足りないし、体が必要だった。それって、たしかに和田さんにしかできないなって思ったんです。これからどう進化していくのか楽しみだなぁ。
和田 がんばります! ふふふ。
菊池 最後になりますが、和田さんの中で“毎日の暮らしの中で大切にしていること”って何でしょうか?
和田 多分......気分です(笑)。その日の気分。気分って、その日によって違うじゃないですか。気分を抑えて、その日の仕事に臨むときもあると思うんですけど、それを抑えすぎてもいけないなって。そのちょっとした気分が、いろいろな気づきにつながったりもする。朝起きてめんどくさいと思ったら、ちょっと布団の中でグダグダしてみたりする。それは決して怠けているとかではなくて、自分を気分に合わせているだけというか。その日の気分に合わせていくことは、とても大切なことなんじゃないのかなって、卒業してから気が付いたんですよね。
菊池 卒業の後に気が付いたんですね。
和田 在学中だったこともあり、あまり時間がなくて、そういったことに気が付くことができなかったんですね。気分を優先しすぎるとわがままになってしまうけど、気分を介して自分の変化に気が付くことって、すごく重要。それに気が付かずにがんばり続けると、どこかで無理が生じてしまうと思うんです。 そういう気分を大切にしているし、そのときの気分に合わせて着る服もチョイスしますね。
菊池 和田彩花さんという人物の魅力が、その言葉に集約されていて、すごい納得しちゃいました(笑)。
和田 首に巻いているスカーフ一つにしても、ちょっと色が違うだけで全然自分の気分が変わるんですよ(笑)。私が身に着けているものが、今日の私の気分なんです。
アクティブオーガニック「Be」presents「BeStyle」は、TBSラジオで、毎週土曜午前5時30分~6時にオンエア。radikoでも聴取可。詳しくはHPを参照。
https://www.tbsradio.jp/be/
また、当日の模様は、以下のYoutube「Be Style」チャンネルからも視聴可能。
あなたの「なりたい」が見つかるかも――。
https://www.youtube.com/channel/UCtEhEgJPGJQ9IX4y5vbmESw/featured

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.