画像: METROCKが「開催断念」を発表、年内中の延期開催を模索

METROCKが「開催断念」を発表、年内中の延期開催を模索

人気野外音楽イベント「METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2020」は16日、大阪(5月16日・17日、堺市・海とのふれあい広場)、東京(5月23・24日、江東区・若洲公園)で予定されていた日程での開催を断念したと発表した。新型コロナウイルスの感染が拡大、4月7日の政府ぼ緊急事態宣言によって外出自粛が求められるなかで、参加者、アーティスト、スタッフの安全を完全に担保することできないと判断した。
主催者は「今回『中止』でなく、『開催断念』と表現したのには理由があります。私たちは現在、年内中の延期開催を模索しています」とし、「私たちが目指す最高形のロック・フェスティバルであるMETROCKを、2020年も皆様とともに創り上げるために奮闘します!」と前向き。
チケットは払い戻しする。払い戻しの詳細は、決まり次第、本オフィシャルサイトにて発表する。また、事前受付を実施していたオフィシャルグッズは、すべてキャンセルとする。
主催者は「エンタテインメントあふれる日常を一日も早く私たちの手に取り戻すためにも、新型コロナウィルスの感染拡大収束に向けて、『感染しない』『感染させない』行動を一丸となって徹底していきましょう」と、呼びかけている。
METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2020:http://metrock.jp/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.