画像: 平井理央が初の報道番組のキャスター就任『news TOKYO FLAG』

平井理央が初の報道番組のキャスター就任『news TOKYO FLAG』

TOKYO MX夕方の新ニュース番組『news TOKYO FLAG』
TOKYO MXの夕方のニュース番組が4月1日から『news TOKYO FLAG』として生まれ変わった。月~木曜のメインキャスターを務めるのはフリーアナウンサーの平井理央。フジテレビでスポーツ番組のキャスターを6年半務めるなど、スポーツキャスターとしての活動が主だった平井にとって報道番組のキャスターは今回が初挑戦となる。
キャスター就任について平井は「報道キャスターというのは、アナウンサーをやっていた自分としては、いつか挑戦したいなというものではありました。最初は生放送ということや月曜から木曜という時間帯ということもあって、自分に務まるのかという不安もありましたが、せっかく挑戦をさせていただける機会をいただけたので、精いっぱい、でも自然体で臨めたらなと思います」と話す。
番組では東京の23区+39市町村にフォーカス。都内で起こった事件や事故はもちろん、スポーツや芸能情報、そして子育て世代に役立つ情報など盛りだくさんの内容を伝える。
「30分というコンパクトな時間なんですが、その分、濃密な情報をお伝えできればと思っています。それに夕方のすごく忙しい時間帯だと思うんですが、見ていただいた方が“ちょっといい情報を得ることができたな”とか“良かったな”というポジティブな印象を持ってもらえるような番組を作っていけたらなと思っています。私には今、2歳の娘がいるんですが、子育て世代として、国や区市町村、民間も含めていろいろなサポートが受けられる中で、どういったものがあるのか知らないこともありました。そういった情報はどこに聞けばいいのかということは最初のうちはあまり分からなかったので、そういう情報もあればうれしいと思います」と話す平井の、子を持つ親としての目線からのニュースにも期待がかかる。
おりしも、新型コロナウイルス感染拡大という大変な時期に報道番組のキャスターという大役を担うことになったが「私自身も普段とは違う気持ちで真剣に報道番組を見ることが多くなったので、自分がそれを伝える立場になるんだということは心しないといけないなとは思います」と気を引き締めた。
そして目標とするキャスターとして滝川クリステル、フジテレビの後輩になる椿原慶子の名を挙げ「強い芯があるけれど、柔らかく優しく受け止めて伝えることができる方たちだなという印象があるので、自分でもヒントにしていきたいと思っています」などと語った。
『news TOKYO FLAG』
平日17時59分~18時30分 メインキャスター:平井理央(月~木曜)、藤本真未(金曜) サブキャスター:伊藤洋平 フィールドキャスター:安藤咲良 ほか

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.