画像: 【インタビュー】THE RAMPAGE 最新作「INVISIBLE LOVE」で表現する、“見えない” 想い。

【インタビュー】THE RAMPAGE 最新作「INVISIBLE LOVE」で表現する、“見えない” 想い。

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(以下、THE RAMPAGE)がニューシングル「INVISIBLE LOVE」をリリースする。これまでにリリースしてきた勢いがあってアグレッシブな楽曲たちから一転、これまでにはなかった官能的なバラード曲。新たな挑戦によって見えた新しい魅力が見えた。
THE RAMPAGE史上初めて、バラードをリード曲に据えたシングル『INVISIBLE LOVE』。イントロからミステリアスな雰囲気が漂う今作を初めて聴いた時の感想についてたずねた。
吉野北人(以下、吉野):シングルでバラードをリリースさせていただくのは、いつかやってみたいと思っていましたし、今作は作詞が小竹正人さんという方なんですが、それも以前から憧れていたことでした。なので、今回は2つの夢が同時に叶ったという感じで嬉しかったですし、音楽と歌詞の世界観がすごく大人っぽくて切なくて、それに衝撃を受けて。この楽曲がリード曲になるんだと思うとワクワクしましたし、歌わせていただく立場として気合いが入ったのを覚えています。
RIKU:以前からLIKIYAさんと“踊れるバラードがあったら良いですね”みたいな話をしていたので、『INVISIBLE LOVE』をもらえた時はすごく嬉しかったです。でもその分、この曲はTHE RAMPAGEにとっても新たな挑戦になると思ったし、デモを聴いた時点で“難しそうだな”という予感もありました。そういう意味ではありがたいと同時に気が引き締まる思いでしたね。
『INVISIBLE LOVE』の作詞を手掛けた小竹正人氏はLDHアーティストとゆかりのある作詞家。以前から小竹氏と交流があったという川村もうれしさを爆発させる。
川村壱馬(以下、川村):僕は曲よりも歌詞のほうを先に読ませていただいたのですが、言葉の1つ1つが美しくて、なおかつ、その中で展開されているストーリーもすごく素敵で。今回は作詞が小竹さんだと聞いていたので、僕のなかではわりと小竹さんありきで曲のイメージを膨らませていました。小竹さんとは僕がTHE RAMPAGEとしてデビューする前の候補生時代からお世話になっている方なので、“やっと願いが叶った!”という気持ちです。小竹さんの書いた詞で歌うことは1つの夢でもあったし、ご本人に“THE RAMPAGEにも書いてくださいよ”と直訴したことも過去に何回もありましたので(笑)。
ボーカルチームは歌唱の際に小竹氏からあるお願いをされたと話す。
川村:小竹さんからは“いつも通りしっかりよろしく”みたいな感じでメッセージをもらいましたが、“あの部分はこう歌って”みたいな細かいオーダーは特になかったです。
RIKU:ただ1つだけ“艶やかに”という言葉をいただきました。それを小竹さんから聞いた時はどう歌い上げるのか、その正解が分からなくて悩みましたね。実際に歌ってみても、艶やかさを表現するのは難しい作業でかなり苦戦した記憶があります。そのため自分が納得できる状態になかなか辿り着けなくて、現場ではディレクターさんと何度も互いの意見を交換しました。たとえその場でOKをもらっても、自分的に“違う”と思ったらひたすらレコーディングを繰り返す日々。今回は正解を見つけるまでに時間がかかったのも思い出です。
本作は破滅的なまでの愛情をドラマチックに綴った一曲。共感できる部分はあるのかをメンバーに聞いてみると...?
LIKIYA:まぁ、そういう経験はありますよ。僕もいい年齢なので。歌詞に綴られている心情も理解できます。
陣:僕もわかりますね。内に秘めた欲望が悲鳴を上げるというか...。
LIKIYA:(笑)。
RIKU:LIKIYAさんがすごい笑ってる(笑)。
LIKIYA:すみませんでした(笑)。陣くんが目線を合わせながら言ってくるからつい...。
陣:でも誰しもこういう経験はあるんじゃないですかね? この楽曲からは好き過ぎて自分の気持ちが壊れていく瞬間がすごくリアルに感じ取れる。自分がどんなに想っていても相手にはそれが伝わらないもどかしさって、恋愛における最たるものなのかなと思います。
川村:あ、もしかして最近振られました?
陣:誰にも振られてないよ! そりゃ過去にはいろいろありますけども(笑)。」
賑やかなトークが続く中、ボーカルのRIKUは今作のレコーディングに向けてかなり作り込んでいったと振り返る。
RIKU:僕は常にレコーディングは万全の自信を持って臨みたいタイプなんです。今回は念願のバラードということもあり、いつも以上に練習を重ねてからレコーディングに向かいました。ブースの中に入った時のフィーリングを重視して歌うのも良いと思うんですけど、自分は作り込んでいくスタイルのほうが合っているみたいで。レコーディングの前は何度も仮歌を聴いて感覚をつかみ、“現場ではこんな提案を出してみよう”とかいろんな思いを巡らせていました。
今作に限らず、ラブソングを歌う際は誰かをイメージしてその思いを曲にぶつけているのだろうか。
RIKU:そこは想像に近いと思いますね。具体的な誰かを思い浮かべるというよりかは、自分たちのほうから物語の中に入ってく感じ。歌詞を読んだ時に感じたものを拾って、それを頭の中で広げていくというか。
川村:うん。今回も曲のストーリーはありありとイメージできるけど、登場人物の顔はまったく思い浮かばない。たとえば小説を読んでいる時って主人公のイラストがなくても、何となく“こんな人かな?”みたいなイメージはあるじゃないですか? たぶんそれと同じ感覚だと思います。
RIKU:だよね。そこに自分の感情を乗せて形にしていきます。
一方、『INVISIBLE LOVE』のダンスでは内からあふれ出る情熱を大胆に表現。THE RAMPAGEが持つ力強さと楽曲から紡ぎ出される繊細さを、己の身体を振り絞るようにドラマティックに魅せている。
LIKIYA:歌詞に登場する主人公の感情の起伏を表現したくて、今回は動きに大きく緩急をつけた振り付けになっています。メロの部分は穏やかな振りなのに、サビに入るとパッションがあふれ出るような強弱のある動きしっかりと見せることで、官能的なラブバラードに合った色付けができたんじゃないのかなと。今回の振り付けは僕が担当させていただいたんですが、歌詞がとても素敵な分、主人公の心情を大切にしたかったんです。
陣:あと、今回はミュージックビデオで初めて椅子を使ったパフォーマンスにも挑戦しています。
LIKIYA:椅子を使ったパフォーマンスというのは、監督からの提案だったのですが、結果的に曲にすごくハマった振りができたのかなと思います。この椅子を使ったパフォーマンスもそうですが、今回は切ない歌詞&メロディに沿った表現をミュージックビデオでも追求しているので、情熱的なダンスも注目してもらえるとうれしいです。
ミュージックビデオの撮影中はパフォーマーだけでなく、ボーカルも感情を大きく揺さぶられた。
川村:リップ(※流れている音楽に合わせて唇を動かすシーン)の際は、勝手に手が震えてしまうくらい感情が爆発していました。これはミュージックビデオのパフォーマンスの一環で計画的にそうしようとしたんじゃなくて、自然と気持ちがあふれでてきたというか。正直、意識していないのにここまで曲の世界にのめり込めた自分がいて驚きました。
それはやはり小竹氏の言葉の力によって引き出された部分が大きいのだろうか。
川村:それはあると思います。僕は普段からたくさん本を読んでいるので、それでよりいっそう歌詞に登場する主人公に感情移入しちゃったのかもしれない。あと、小竹さん自身も本も書かれている方なんですが、僕はその独特なワードセンスが大好きで。特に今回の歌詞は物語の起承転結が明確に描かれているので、主人公のバックボーンとかをすごく想像しちゃうんです。ミュージックビデオの撮影でここまで入り込めたのも、小竹さんが紡いでくれた言葉の力によるものが大きいのかなと。
ボーカルの吉野北人は映画『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』内において、EXILEの名曲「Ti Amo」を披露。こちらも「INVISIBLE LOVE」同様、激しく切ない官能的なラブバラードである。
吉野:「Ti Amo」は1人で歌わせていただいたんですが、「INVISIBLE LOVE」と同じく切ない曲なので、自分の気持ちを歌に乗せる際は両者に通ずるものを感じました。なので、劇中で「Ti Amo」を歌ったのは間違いなく自分の経験値としてプラスになったと思うし、それをこうやって活かせることができてラッキーでした。でも、「INVISIBLE LOVE」は「Ti Amo」と違って3人で歌うので、自分だけ感情がズレてしまうと曲に統一感がなくなっちゃう。「Ti Amo」を歌った経験を活かしつつも、壱馬とRIKUさんのテイクをよく聴きながらバランスを調節してレコーディングに臨みました」
ファンの間では吉野が「Ti Amo」を歌唱しているシーンに注目が集まっている。
吉野:そこはもう完全に楽曲の力なので。やっぱり誰もが知っている名曲ですし、それを歌わせていただけたのはすごく光栄です。「Ti Amo」を歌ったことについては周りからの反響ももちろんあったし、逆に僕きっかけで曲を知ってくれた方もいたみたいで。先輩の名曲を歌わせていただいた身として、こういうのはすごくうれしいですね」
デビュー4年目に突入し、最近ではFANTASTICS、BALLISTIK BOYZと後輩も増えてきた。リーダーが感じたグループの変化とは?
陣:全員がトライできる幅が広がったのはすごく良い変化だと思います。今でも失敗したり、思うような表現ができなくて悔しい時もあるけど、それでもいろんな経験を積めばその分、得るものや学ぶことも多い。そういう意味では今回の「INVISIBLE LOVE」もこれまでのTHE RAMPAGEにないようなラブバラードで、僕らにとって挑戦でもある。これに限らずこの先ももっと挑戦を続けて、メンバーの可能性を広げていけるように頑張りたいです。
1番変わったメンバーについてはこう話す。
LIKIYA:デビュー当時と比べたらみんな変わりましたけど、最年少組の(後藤)拓磨、龍、(鈴木)昂秀、まこっちゃん(長谷川慎)は年齢的な意味だけではなく大人になったなと思います。グループ結成当時はたしか僕が23歳で彼らが中3とか高1くらいだったかな? あの頃はジェネレーションギャップも感じていましたが、今は同等に彼らと話せるので(笑)。そう考えるとすごく成長したなって感慨深いです。
現在は最年少組も20歳を超え、メンバー同士で記念日を祝う機会も増えた。
陣:6月以外は誕生日のメンバーがいるのでお祝い事があるとみんなで集まります。
吉野:メンバーが16人いるからほぼ毎月誕生日会があるんです。忙しい時は合同バースーデーになりますけど、ちゃんと1人1人お祝いしますよ。
(取材と文・近藤加奈子)
※他メンバーから『INVISIBLE LOVE』の推しポイントは21日公開!
ニューシングル『INVISIBLE LOVE』4.22リリース
THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが放つ、2020年第2弾シングル。バラード曲を表題にした作品で、表題曲はこれまでの作品にはない官能的な楽曲で、グループの成長を聞かせてくれる。カップリングには、DHC 薬用ディープクレンジングオイル リニューアルブライトCMタイアップソング「INTO THE LIGHT」を収録。こちらは透明感と輝きをテーマにしたバラード。【CD+DVD】は1818円、【CD】は1091円。ともに税別。 rhythm zone より4月22日発売。
□THE RAMPAGE from EXILE TRIBE:https://m.tribe-m.jp/artist/index/43

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.