画像: 女性22歳「自分勝手なのはわかってるけど彼氏と別れたくないんです」【黒田勇樹のHP人生相談 119人目】

女性22歳「自分勝手なのはわかってるけど彼氏と別れたくないんです」【黒田勇樹のHP人生相談 119人目】

こんにちは、黒田勇樹です。
こんな時になんなんですが、4月23日で38歳になります。
誕生日を緊急事態宣言下で迎えることになるとは思いもしませんでした。
どうしようもないので取りあえず家にこもる生活をしております。
夢も希望もない感じになっていますが、然るべき時が来ることを信じて創作活動に励もうと思います。
今週は人生相談です。
では始めましょう。
まりな(女性22歳)のお悩み
同期の男性との間にあったことを正直に言うべきですか?
今年の4月から彼氏と遠距離になりました。
私は3月に大学を卒業して4月から新社会人になり、新しい土地での新しい生活、慣れない仕事に疲弊していました。友達や彼氏と会えない寂しさもありました。
そんなときに、泊まりがけで新人研修が行われました。同期の男性と2人きりで出張し、同じホテルに宿泊していたことからその男性に誘われて部屋でごはんを食べお酒を飲みました。
最終日も部屋でお酒を飲んで、そのままベッドでイチャイチャしてしまいました。でも、挿入はしませんでした。
そのあと1時間ほど眠ってしまいましたが目が覚めて自分の部屋に戻りました。次の日一緒に職場に戻る際、彼の肩に頭を乗せたりもしました。今はラインをしてます。
彼氏は2人きりでご飯に行ったら浮気と言っていました。研修に男と2人で行くという話をしたら、仕事とかで2人でご飯食べるのはしょうがないと言っていて研修中に2人でご飯食べたのは知ってます。
それ以上のことをしてしまったと正直に言うべきですか? それとも挿入しなかったから言う必要ない? 自分勝手なのはわかってるけど彼氏と別れたくないんです...。
離れてみると今まで気づかなかった考え方の違いが気になったり、お互いの状況が変わって電話もそんなに盛り上がらなかったり、このご時世でなかなか会えないしで寂しくなってます。自分でもどうしたらいいかわからないですが彼氏と別れたくないのです。
色々と大変な世の中ですが黒田様もお体ご自愛くださいませ。
黒田勇樹のアンサーは次ページ!
【黒田勇樹】「逆の立場ならどう? 謝るって、場合によっては「自分が楽になる」為だけの行為になる場合があります」
善悪!
いつか、とっても面白い台本を書くときにテーマにしようと思っていましたが、まさかこんなところでこんな相談に対しての回答で、世間に公開することになるとは...。
まぁ、こんなご時世で、下手したら数年新作なんか書ける状況にならなさそうなので、書いちゃいますが、
僕の思う“善悪”の基準は「自分がされたら嫌なことを人に出来るかどうか」です。
自分や自分の知り合いを殺されたら悲しい人が多いから、今の社会では「殺人は悪」と、皆で決めたんであって、なんとも思わない人が多い社会だったら、殺人は悪として扱われないワケです。
まあ、立場や道徳観によって、善悪はうつろい続けるものという話なんですが、今回の相談...
逆の立場ならどうよ?
彼氏が他の女とイチャイチャして「挿入しなかったからセーフ!」っつってきたら?
しかも、セーフなのを良いことに未だにソイツとイチャついている。
そんなんね、数日以内に挿入ですよ。
「失敗したな」と思って距離を取ってるならまだしも、「挿入しなかったからセーフ!」っつって仲良くしている内に、絶対いつか盛り上がって挿れちゃいます。
彼氏がそういう状況だったとして、相談者さんは容認できますか?
出来ないよね? だから相談してくれたんだと思いますが...。
さて、じゃあ、こっからが本題。
打ち明けるべきか、謝るべきか、どうすればいいか。
謝るってさ、場合によっては「自分が楽になる」為だけの行為で、決して相手が楽になる行為じゃない場合があるよね? 今回はどう?
これも逆の立場で考えて。
彼氏に「他の女とイチャイチャしたけど挿入しなかったからセーフ!ごめん!」って言われて、相談者さんになんかメリットある?
墓の下まで持っていきなさい。そして出来るだけ反省して、二度と彼氏以外の男と2人で酒を飲まないとか部屋に行かないとか、そういう誓いを自分の中でだけ立てなさい。
これでまた同じ過ちを繰り返すようなら、相談者さん自体が自分が成りたい様な善人ではなく、生来の極悪人であったと諦めましょう。
そして、頑張って隠してても彼氏にバレて詰められたりフラれたりすることがあると思います。
そん時はね...
後悔して下さい!
だって、もう、しちゃいけないことしちゃったんだもん!
会えない? 考えが合わない? そんなん全部言い訳です!
失敗は誰でもすることなので、犯した罪に対して全部自分で背負う覚悟が決められれば、まだ、相談者さんは“善”でいられる可能性が残っていると思うので、まあ、よく考えて頑張ってみてよ。
あと、余談ですが、俺、この相談者さん、ホントは挿入までしてると思う。してなくても、最低でもフェラはしてると思う。俺なら絶対に別れるし、付き合わない。
<人生相談の宛先はこちら>
黒田勇樹に相談したい方はメールにて相談内容をお送りください。メールには「ニックネーム、性別、年齢、ご相談内容」をご記載ください。メールアドレスは「sodan@tokyoheadline.com」になります。
黒田勇樹(くろだ・ゆうき)
1982年、東京都生まれ。幼少時より俳優として舞台やドラマ、映画、CMなどで活躍。
主な出演ドラマ作品に『人間・失格 たとえば僕が死んだら』『セカンド・チャンス』(ともにTBS)、『ひとつ屋根の下2』(フジテレビ)など。山田洋次監督映画『学校III』にて日本アカデミー賞新人男優賞やキネマ旬報新人男優賞などを受賞。2010年5月をもって俳優業を引退し、「ハイパーメディアフリーター」と名乗り、ネットを中心に活動を始めるが2014年に「俳優復帰」を宣言し、小劇場を中心に精力的に活動を再開。
2016年に監督映画「恐怖!セミ男」がゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて上映。
現在は、映画やドラマ監督、舞台の脚本演出など幅広く活動中。
公式サイト:黒田運送(株)
Twitterアカウント:@yuukikuroda23
<最近の黒田くん>
「更新頻度アップキャンペーンちゅう!」
http://ameblo.jp/kurodax-blog
「ファンクラブ始めました!」
https://camp-fire.jp/projects/view/10006

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.