画像: 斎藤工がテレワークで映画を制作。オンライン映画館でプレミア上映決定

斎藤工がテレワークで映画を制作。オンライン映画館でプレミア上映決定

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大による緊急事態宣言の発令とそれに伴う外出自粛要請を受け、齊藤工名義で映画監督としても活動する俳優・斎藤工が、現在日常化している“テレワーク”を舞台とするオムニバス映画企画『TOKYO TELEWORK FILM』を立ち上げた。その第1弾となる「テレワークセッション」が、齊藤自身はもちろんのこと、お笑い芸人の大水洋介(ラバーガール)、酒井健太(アルコ&ピース)、女優・伊藤沙莉をキャストに迎え、リモート撮影で4月20日にクランクアップ。本映像は今月29日から5月1日までプレオープンするオンライン映画館「STAY HOME MINI THEATER powered by mu-mo Live Theater」( stayhome-minitheater.com ※4月25日(土)12時オープン/企画:SPOTTED PRODUCTIONS)でのプレミア上映が決定した。
“テレワーク”を舞台とするオムニバス映画企画『TOKYO TELEWORK FILM』
『TOKYO TELEWORK FILM』のテーマは “STAY at HOME”。ウイルス・ショックによって日常化し、カルチャーとしても進化を遂げつつあるテレワークを記録しつづけ、連作を時系列に並べるというもの。斎藤は本企画始動にあたり、“「漁師は漁に出られない時は網を縫う」という言葉があります。 この“予期せぬ事態"に対し、従順に自主規制をかけながらも、そこから新たな歓びや愉しみを見付ける事はその網の目を密にする事。 我々人間の進化に繋がると、割と本気で思っています(人命・医療・インフラ最優先ですが)。 手探りですが、様々な方々とオンラインで繋がり、お力・才能をお借りし、知恵を絞り合い、共に可動域を広げながら、“今(在宅・遠隔)だからこそ出来る事”を発掘、開拓して行きたいと思います” とコメントを寄せている。本企画は俳優、芸人、ミュージシャンから、一般の人々まで関わるものに拡大する構想となっており、「テレワークセッション」(フェーズ1)、「テレワーク会話劇」(フェーズ2)を経て、「短編・長編を想定した製作」(フェーズ3)へと、3つの段階を踏んで発展、2020年中に長編映画の公開を目指すという。その過程を、webで随時公開予定だ。
第1弾の「テレワークセッション」は、テレビ電話でつながった斎藤、大水、酒井、伊藤が近況を語り合ったり、皆でゲームに興じるバラエティー番組のような映像。斎藤いわく “フェーズ1で展開するのは、広い世代の方々に在宅を豊かにしてほしいと思い、それを提案するようなもの”。 4月29日よりプレオープンするオンライン映画館「STAY HOME MINI THEATER」にて、今年2月に劇場公開をするも4月の緊急事態宣言以降は上映終了や延期を余儀なくされた斎藤の監督最新作『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』と併映という形でプレミア公開される。上映後には同じくテレワークで収録したオンライン・トークイベントを見ることができる。加えて、29日にはYouTube Live配信にて無料オンライントークイベントも別途行われる予定だ(詳細は公式サイトにて後日発表)。
このオンライン劇場は、エイベックス・エンタテインメント株式会社が持つ「mu-mo Live」という無観客ライブ・プラットフォームをカスタマイズしたもので、リアルな劇場が休館しているために上映がストップしていたり、先行きが見えない情勢で今後の上映展開が危ぶまれている映画を中心に、不定期の上映イベントを継続的に開催していく予定だ。今回のプレオープンは3日間に渡りリアルタイム上映を6回、各1500円(税込)で行い、興行収入から必要経費を差し引いた額を対象劇場と配給・製作サイドで等分配するという仕組みになっている。今回のプレオープン期間に上映される斎藤監督『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』+『TOKYO TELEWORK FILM』の劇場収入分は、ミニシアター・エイド基金と日本赤十字社へ寄付される。
第2弾以降には秋山ゆずきも出演予定
ミニシアター・エイド基金は、映画監督の深田晃司と濱口竜介を中心とした有志が発足。緊急事態宣言の発令後に全国の映画館が休館を余儀なくされ、このままでは小規模な営業形態のミニシアターが閉館の危機に直面する事態となる窮状に対して、時を同じくしてミニシアターへの緊急支援を政府への提言という形で実施していた「#SaveTheCinema」とも連動しながら4月13日にプロジェクトページ( https://motion-gallery.net/projects/minitheateraid )を公開した。この基金はクラウドファンディングを通じて劇場に資金援助するというもの。コレクターと呼ばれる支援者は対象劇場を指定してそこで見られる未来のチケットをリターンにするなどの選択肢もあり、小劇場ファンにとって支援しやすい形をとっており、13日の受付開始から3日で目標金額の1億円を突破。支援対象劇場は24日時点で全国111劇場・95団体となっており、今後5月14日まで支援を受け付けている。なおこの基金の発足にあたって開催されたオンライン記者会見には斎藤も出演し、ミニシアター文化に対する自身の想いを語っている。
斎藤は3月下旬の東京都が外出自粛要請からいち早くアクションを起こしており、自宅環境での娯楽の選択肢として、特設サイト「A TAKUMI SAITOH FILM」( http://www.b-b-h.jp/film )をオープンし、自身の監督作品や出演関連作、レコメンド作品など、無料で見られるコンテンツを随時更新している。自身が出演するドラマなども撮影が延期となり“ほとんど自宅を出ることがない状況”にあるという斎藤は、“アナログな人間なので最初はテレワークにも抵抗があった” という。そして「しかしながらテレワークを通じたコミュニケーションや創作に可能性を見出した。同じ画面サイズの枠のなかで、みんなが個性を発揮しています。それぞれがこのコマのなかでどう完成していくかというおもしろさがそこにはあります。また、リモート撮影というかたちで、行定勲監督が『きょうのできごと a day in the home』(https://www.youtube.com/channel/UCGEWtIp6qFiImGi4Xqik6jg/featured にて24日20時より公開)を制作されていて、行定さんとはどこかで交点を持てないかと思っています。『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督はスタッフ・キャスト再結集でリモートワークによる『カメラを止めるな!リモート大作戦!』(https://www.youtube.com/c/PANPOCOPINA にて4月末から5月上旬に公開予定)を撮影中ですし、ほかにもどんどん短編作品がリモートで発信されていっています。今後、垣根をこえて創作が広がっていけばいいと思っていますし、そのひとつの形として『TOKYO TELEWORK FILM』のプロセスを追ってもらえたら」などと語った。
『TOKYO TELEWORK FILM』にて近日撮影予定の第2弾以降には、『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』にも主演した女優・秋山ゆずきほか多彩なゲストが出演予定。秋山は『カメ止め』のヒロイン役でブレイクし、現在上田監督が制作中の『カメラを止めるな!リモート大作戦!』にもリモート出演している。
A Takumi Saitoh Film Project『TOKYO TELEWORK FILM』
企画・プロデュース・監督:齊藤工
出演:伊藤沙莉、大水洋介(ラバーガール)、酒井健太(アルコ&ピース)、斎藤工ほか
プロデュース:小林有衣子
プロデュース・編集:清水康彦
制作:(株)イースト・ファクトリー

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.