画像: 新型コロナ、もしも家族が感染したら? 消毒は? 医師に聞く

新型コロナ、もしも家族が感染したら? 消毒は? 医師に聞く

新型コロナウイルスの感染拡大が全国で続いている。最近では家族間や親族間で感染する事例が増えているというが、もしも家族に感染が疑われる場合、家庭では何に注意してどう過ごせばよいのか。公益社団法人東京都医師会の感染症担当である角田徹副会長にポイントを聞いた。
新型コロナウイルスに家族間で感染するケースが増えています。もしも家族に感染が疑われる場合、家庭ではどんなことに注意すればよいのでしょうか。
角田徹(以下、角田)「まず、家庭内に感染者がいる場合はなるべく部屋(居住空間)を分け、共用部分は消毒のうえ極力触らないように、換気も定期的に行ってください。患者さんの便にもウイルスが含まれるといいますから、できればトイレも分けていただいたほうが良いのですが、難しい場合はきちんと消毒することです。次に、家族の中で感染者と接する人を決めて、ご本人だけでなく家族全員がマスクをつけ、こまめに手を洗いましょう。感染者本人が外出しないことはもちろん、家族の中でも特定の人だけ接するのが原則です。汚れた衣服やシーツ、タオル類は洗濯し、ゴミは密閉して出してください。
大事なことは、新規感染者のうち2割程度は重症化する可能性があります。ですから朝晩の検温と、咳がひどくなったり呼吸が早くなったり息苦しくなるなど、症状に変化があった場合は必ずかかりつけ医か指定の窓口に連絡してください」
消毒という話が出ましたが、感染者が触れた部分にはこまめな消毒が必要ですか?
角田「感染者の飛沫(しぶき)が皮ふにつく分には手を洗えば問題ないのですが、粘膜(目、口腔内、鼻腔、気管など)につくとウイルスに感染してしまいます。ですので、飛沫が飛び散るような場所や直接触る場所は消毒すること。あと、食事は必ず別にして、近接に会話する場合もお互いにマスクをつけて必要最低限にしてください」
アルコール消毒液の不足が深刻です。厚生労働省は、80°Cの熱水に10分さらす、0.05%に薄めた塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)で拭くことが消毒に有効と発表しているほか、界面活性剤、次亜塩素酸水、第4級アンモニウム塩も有効性が検証されています。これらは何故、新型コロナウイルスの感染予防に効果があるのでしょうか?
角田「新型コロナウイルスの構造は、エンベロープ(envelope)といって、ウイルスが膜状のものに包まれています。この膜をアルコールや熱水、次亜塩素酸ナトリウムが破壊することによって、ウイルス自体の働きができずに死滅してしまうんです」
家族に感染が疑われる場合の行動について、最後に角田さんは「感染が判明してから症状がないとしても、他人にうつすようなウイルスの排出がなくなると考えられ、一応は治癒したと判定されるまでには2週間かかります。症状のある方はウイルス量も多いと推測されますので、症状がなくなってからというのがポイントです。この2週間は制限が多く、感染者本人もご家族も辛いでしょうが、他の方にうつさないためにもぜひ頑張ってください」と呼びかけた。
厚生労働省のホームページでは、家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合、家庭内での注意事項を8つのポイントとしてまとめている(要約は以下)ほか、0.05%以上の次亜塩素酸ナトリウム液の作り方なども発表している。
1. 感染者と他の同居者の部屋を可能な限り分ける。
2. 感染者の世話は、できるだけ限られた人(1人が望ましい)がする。
3. できるだけ全員がマスクを使用する。
4. こまめにうがいや手洗いをする。
5. 日中はできるだけ換気を行う。
6. ドアの取っ手、ノブなどの共用する部分を消毒する。
7. 汚れたリネン、衣服は洗濯する。
8. ゴミは密閉して捨てる。
ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~(PDF)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000601721.pdf
身のまわりを清潔にしましょう(PDF)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000614437.pdf
出典:厚生労働省HPより

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.