画像: ねえ、思い出して! すみだ水族館が「チンアナゴ顔見せ祭り!」

ねえ、思い出して! すみだ水族館が「チンアナゴ顔見せ祭り!」

すみだ水族館は5月3日から「チンアナゴ顔見せ祭り!」を開催する。新型コロナウイルスの感染拡大防止のための臨時休館が長引くなかで人から隠れてしまうようになったチンアナゴに、人間の顔を見せて人間を思い出してもらおうという企画だ。
チンアナゴはすみだ水族館のなかでも人気のある生き物だ。開館時には、砂の中から顔や体をニョキッと出してゆらゆら揺れる様子を見ようと水槽の前にはいつもたくさんの人が集まっていた。繊細で警戒心が強く、すぐに砂の中に潜って隠れてしまう習性があるが、すみだ水族館のチンアナゴは人に見られているのが「日常」なために人が近づいても潜ることは少なかった。
しかし、水族館は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために3月1日から臨時休館に。そのため、チンアナゴたちの「日常」が崩れ、飼育スタッフが通りかかっただけでも砂に潜って隠れてしまうようになったという。
本来の姿に戻ったともいえるが、開館するときのためにも、水族館での「日常」を保ってほしい、人間を思い出してほしいと「チンアナゴ顔見せ祭り!」を企画したという。
イベントは、3日から5日までの3日間、午前10時30分から午後2時まで。iPhoneまたはiPadのビデオ通話アプリ「Facetime」でビデオ通話をかけることで参加できる。ただ、少しも顔を出さないこともありうる。期間中は、1日2回、フィーディングプログラム「さあ、ゴハン!」を実施し、給餌の時間ならではのチンアナゴの様子も見られる。
「チンアナゴ顔見せ祭り!」参加方法
1iPhoneまたはiPadからアプリを開き、宛先に下記いずれかのgmailアドレスを入力しビデオ通話をかけてください。‌※Android OS非対応

helpchin001@gmail.com‌
helpchin002@gmail.com‌
helpchin003@gmail.com‌
helpchin004@gmail.com‌
helpchin005@gmail.com‌
2水槽前に設置したタブレット端末とビデオ通話が始まったら、チンアナゴに顔を見せながら手を振ったり呼びかけたりしてください。‌
3設置する端末は5台です。5分程度顔見せできたら、次の方のために通話をきってください。‌

□すみだ水族館:https://www.sumida-aquarium.com/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.