画像: “17歳の二刀流”西川大和が修斗初参戦。初代女子王座決定トーナメント準決勝2試合も開催【5・31 修斗】

“17歳の二刀流”西川大和が修斗初参戦。初代女子王座決定トーナメント準決勝2試合も開催【5・31 修斗】

空手出身の一撃必殺・木下タケアキが迎撃
無観客大会で「ABEMAテレビマッチ」として開催されるプロフェッショナル修斗公式戦「PROFESSIONAL SHOOTO2020 Vol.4」(5月31日)の第2弾対戦カードが5月8日、発表された。
「Road to ONE:2nd」(4月17日)でキック界の重鎮、緑川創とキックルールで対戦し敗れはしたものの判定に持ち込む善戦を見せた17歳の西川大和(西川道場)が修斗初参戦を果たす。
西川は生まれてすぐに「世界チャンピオンにする」と決めた父・武彦氏が1日も休む事なく鍛え上げ、小学5年生の時には「探偵ナイトスクープ」でそのあまりにも特殊過ぎるトレーニング方法が紹介されている。「Road to ONE:2nd」でもメインを務めた青木真也からも試合後に直接アドバイスをもらうなど、17歳ながらそのポテンシャルの高さに期待の大きい若手のホープ。MMAで国内外のプロモーションでキャリアを積む一方、昨年はシュートボクシングにも参戦し元SB日本スーパーウェルター級王者・坂本優起にも勝利するなど立ち技でも実績を上げる“二刀流”ファイターだ。
そんな西川の前に立ちはだかるのが木下タケアキ(和術慧舟會HARTS)。フルコンタクト空手出身で世界大会で準優勝の実績を持ち、「ABEMA」で放送された『格闘代理戦争』では第2回優勝者のユン・チャンミンをハイキック一撃でKOした。
一撃で相手を仕留める打撃を持つ木下とジャンルを超越して強さを究める西川という危険な予感が漂う試合になりそうだ。
不動の優勝候補・黒部に大島がどう立ち向かうか!?
「Road to ONE:2nd」から今大会へのスライドがアナウンスされていた西浦ウィッキー聡生(KRAZY BEE)と論田愛空倫の一戦は、論田が負傷のため欠場。代わって世界ランカーのSASUKE(マスタージャパン)がウィッキーと対戦する。
また中止となった3月29日の後楽園ホール大会で開催予定だった「修斗女子初代スーパーアトム級王座決定トーナメント」の準決勝、「黒部三奈vs大島沙緒里」と「杉本恵vs中村未来」が今大会で行われる。勝ち上がった2名が修斗史上初となる女子王座決定戦に駒を進める。
第5代DEEP JEWELSアトム級王者の黒部は修斗参戦後、圧倒的な実力を見せつけ2連勝。この不動の優勝候補・黒部に昨年の「全日本アマチュア修斗選手権」で過去最高レベルといわれたアトム級トーナメントをぶっちぎりの強さで勝ち抜いた大島がどう立ち向かうのか。大島と杉本が勝ち上がればAACCの同門対決となる。
合わせて「インフィニティリーグ2020」にエントリー中の石井逸人(TRIBE TOKYO M.M.A.)の参戦が決定。“津田沼の新特攻隊長”齋藤翼と対戦する。齋藤は昨年9月に藤井伸樹に敗れたものの、それまで1分けを挟んで7連勝を記録。齋藤にとってはインフィニティリーグ優勝候補の最右翼である石井との対戦は再浮上への大きなチャンスとなる。
またバンタム級では第8代環太平洋バンタム級王者・岡田遼(パラエストラ千葉)と倉本一真(修斗GYM東京)による世界バンタム級暫定王者決定戦が行われることが先駆けて発表されている。
今大会は新型コロナウイルス感染防止の観点から無観客大会として行われる。会場全体の消毒や手洗い・うがい・試合前から2週間後までの体調&検温報告の義務化などの基本的な対策に加えて、ソーシャルディスタンスに極力配慮した控室の設置や試合数を検討。そして選手の免疫力の低下を防ぐため水抜きなどによる体重調整を極力排除した「通常階級より1階級上での当日計量」等を実施する。
「PROFESSIONAL SHOOTO2020 Vol.4」(5月31日)
〈この日発表されたカード〉
◆修斗女子初代スーパーアトム級王座決定トーナメント準決勝 5分3R
黒部三奈(マスタージャパン)vs大島沙緒里(AACC)
◆修斗女子初代スーパーアトム級王座決定トーナメント準決勝 5分3R
杉本 恵(AACC/インフィニティリーグ2019王者)vs中村未来(マルスジム)
◆ライト級5分3R
SASUKE(世界フェザー級6位/マスタージャパン)vs西浦ウィッキー聡生(KRAZY BEE)
◆フェザー級5分3R
石井逸人(世界バンタム級10位/TRIBE TOKYO M.M.A.)vs齋藤 翼(FIGHT FARM/総合格闘技津田沼道場)
◆ライト級5分2R
木下タケアキ(和術慧舟會HARTS)vs西川大和(西川道場)
〈既報のカード〉
◆世界バンタム級暫定王者決定戦 5分5R
岡田 遼(同級1位・環太平洋王者/パラエストラ千葉)vs倉本一真(同級2位/修斗GYM東京)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.