画像: 齊藤工がオンラインの可能性と映画界への想いを語る「今のこの動きによって、最終的にまた劇場で至福の映画体験をしてもらいたい」

齊藤工がオンラインの可能性と映画界への想いを語る「今のこの動きによって、最終的にまた劇場で至福の映画体験をしてもらいたい」

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う緊急事態宣言を受けた外出自粛要請により、映画業界では全国の映画館が休館を余儀なくされ、各地の映画祭も軒並み中止になった。この状況を受けてさまざまな支援の取り組みが進行中だが、それにいち早く反応したひとりが、俳優・映画監督・モノクロ写真家などマルチに活躍する齊藤工だ。テレワークを余儀なくされた状況を逆手にとったプロジェクト『TOKYO TELEWORK FILM』制作を発表、その第一弾を4月29日から5月1日までの3日間プレオープンし話題となったオンライン映画館「STAY HOME MINI-THEATER powered by mu-mo LIVE THEATER」でプレミア上映するという素早いアクションを起こしている。今回そのオンライン映画館の企画を手がけるSPOTTED PRODUCTIONS・直井卓俊代表とともに、齊藤監督が現在の思いを語った。
みんなが “どう難局を乗り越えるか” という共通の問題と向き合っている
齊藤「映画にまつわる動きだけはないと思いますが、このような状況下では二通りの道があって、“様子を見ている”か “無傷でいられなかったとしても開墾をしようとする”というどちらかのスタンスです。そして少なくとも映画業界は、作品の届け方にいたるまで変化の時に直面せざるをえなくなっている。本来、僕自身はアナログな人間でオンライン至上主義ではありませんが、今となってはオンラインがある側面において、コロナウイルスに対抗できる人類の知恵の結晶だとすら思えて。つまりこの新型コロナウイルスの特徴は病気としての実害だけではなく、人と人を物理的に引き剥がすという恐ろしい威力を持っているけれども、我々は会わずともこうしてコミュニケーションをとれます。ですからウイルスと最前線で戦う医療現場での終息を待つことと同時に、ソフトの面では武器があるからには生かさない手はないと思い、テレワークによって何ができるかを考え始めたんです」
――『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督も『カメラを止めるな!リモート大作戦!』の制作表明から1カ月たらずで公開に至り( https://youtu.be/HTk2wqBxVfY )、行定勲監督は『きょうのできごと a day in the home』( https://youtu.be/pc8u9n3HTTA0 )を配信。さらに24人の映画作家が参加する「SHINPA the Satellite Series #2 在宅映画制作」なども始動しています。
齊藤「続々とスピーディーに企画が発表、公開されていますね。みんなが “どう難局を乗り越えるか” という共通の問題と向き合っている。僕が立ち上げ会見に参加させていただいた『ミニシアター・エイド基金』への支援も、観客の方々の “ミニシアターを守りたい” という意思表示が数字に現れています。この基金の呼びかけもそれに対する支援もオンラインで起きていることですから、緊急事態宣言が延長された以上さらに具体的な行動も必要だと感じています。今のこの動きによって、最終的にまた劇場での至福の映画体験をしてもらいたい。あとは僕自身のことを言えば、これまで散々ミニシアターに、しかも今回まさにリアルタイムでアップリンクさんに『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』の上映でお世話になっている最中にこんなことになってしまって、動員や売上というような数字の問題ではなく、まず浅井(隆/アップリンク代表)さんをはじめ、人の顔が浮かんだんです。ですから危機的状況にあることを耳にした以上は「何かできないか?」と思わないほうが僕にとってはおかしい。逆に言うとミニシアターの方たちと今までご縁や接点を築いてこなかったら、違う関わり方だったかもしれません」
現状できる形で製作・配給・興行という経済サイクルをまわす
―― 映画配給会社の代表という立場の直井さんは、コロナ禍のアクションについてはスピード感を大切にしながらも慎重に思案していたとか。
直井「齊藤さんがおっしゃるとおり、ミニシアター・エイド基金のアクションから一気にムーヴメントとして動いた感覚があります。僕としては『STAY HOME MINI-THEATER powered by mu-mo LIVE THEATER』(以下SHMT)を形にするまでには二段階ありまして。まず観客の方々にとっては自分たちが映画を見る場所=劇場が休館になるという危機はイメージしやすい一方で、間に立つ映画の届け手=配給というのは何をやっているか分からない立場だと思うんですけれども、ひとつはっきりしているのは、劇場という場所がないと何もできないということ。作品を預かっていながらそれを送り届けることができません。さらに続々と制作現場はストップしていき、新作が生まれない状況になっていきました。つまり業界全体の経済活動が止まってしまった。さらにコロナウイルス終息の長期化も予想されるなか、この局面で経済をまわすためには落ち着いて仕組みを整える必要があるな、と。そこで“通常の映画興行”をオンラインで実現するベストな方法を模索していました。そして、まだ緊急自体宣言は発令されていなかった時期ですが、SPOTTEDの配給作品で上映中止を余儀なくされた『ワンダーウォール劇場版』の無観客配信イベントを自力でやってみたところ、なんとか形になりまして。もちろん現場には無観客という寂しさはいささかあったけれども“できた!”という手応えを感じられたんです。その後、自粛要請で実店舗が営業できず無観客イベントすら開催が困難になってしまいましたが、今度はネット上でZOOMが台頭してきました。そういうなかでSPOTTED配給作品にはインディペンデントだからこそフットワーク軽くいろんなことがやれるという強みがあるので“手作りでいいから配信でやってみよう”と。そんな矢先にエイベックスさんから『mu-mo LIVE THEATER』についてのお話を伺い、そこからスピード感をもって企画の相談を進め、なんとか4月中のプレオープンに漕ぎ着けました」
――SHMTは、現時点で上映がストップしている映画や今後の上映展開が危ぶまれている作品を中心とした上映企画ということですが、興行収入から必要経費を差し引いた額を対象劇場と配給・製作サイド=5:5で分配するという仕組みでプレオープンでは劇場収入分の部分を、齊藤監督2作品の上映では日本赤十字社とミニシアター・エイド基金へ寄付、もうひとつのシアター『眉村ちあきのすべて(仮)』では今後上映が決定されていた全国の映画館9館へ分配しています。
直井「プレでは予想を上回る数の方にご覧いただくことができました。ただ実はコロナ禍にあって、映像製作・配信をめぐっては有料でやるか無料にすべきかの判断が問われるところもあります。実際“こんな時期だから全て無料で取り組むべきだ”と言う方も。また、当然ながら分配やチケット料金についてもご意見はさまざまあると思います。ただ僕としては現状なんとかギリギリできる形で製作・配給・興行の経済のサイクルをまわすということが命題でした」
齊藤「最前線で戦ってくれている医療従事者の方が最優先であることが重要なのでこのような形をとりました。SHMTは有料の、映画館という立て付けですから、それを選択した意味があるものにしたいとは強く思います。作品を送り出す側としては正直判断が難しいですね。4月下旬にSHMT情報が解禁されるとすぐに行定監督が僕に連絡をくれて、自分は無料で配信することを選んだということをわざわざお伝えくださったんです。それで意見交換をさせていただいて、これから横の繋がりを広げて連携していこう、という結論に至りました」
直井「僕の背中を押してくれたのは、根本宗子さんが、超、リモートねもしゅー『あの子と旅行いきたくない。』を有料で配信するにあたって語っていたことです。お客さんがお金を払いたいと思うことに対して、発信者側はそれに応えられるだけのコンテンツを作る、そうでなければエンターテインメントが成立しない、というものなのですが、これには大変共感しました。だからこそ通常の仕組みを維持しなくてはいけない。倒れたら終わりなんだ、と」
ステイホームは、“時間の主導権の持ち時間”が長すぎる
齊藤「mu-mo LIVE THEATERはオンラインでライブ配信する仕組みで、そういう文化自体は数年前から着実に進化するなか映画の世界においては奇しくもこの状況がターニングポイントです。僕自身が見つけた課題とともにSNSでの反応や直接いただいた感想なども踏まえて、この文化は観てくれているひとたちと一緒にトライ&エラーで発展させたいと実感しました」
直井「鑑賞体験として本編上映だけでなくあくまでもイベントをセットで配信することにこだわっているのもそういうことです。次は5月17日(金)と、22日(金)の2週にわたり金土日開催していくのですが、たくさんのゲスト出演や特別な企画を練っています。やはり上映後のイベントを通して作品を掘り下げるカルチャーがミニシアターに根付いているので、それをSHMTでもやっていきたい。今後はミニライブなど映画にあわせてコンテンツを変え、ごちゃごちゃさせたいなと。ちなみにこうしたミニシアターやインディペンデント作品の危機的状況に際して、SPOTTEDの “インディーズとメジャーのパイプになる”という立ち位置からすると大企業のエイベックスさんと一緒にその活路を見出していくのは意義深いです。エイベックスさんのお力を借りることで実現できそうなこともたくさんありますし。そういえば齊藤さんの作品を納品した瞬間mu-mo LIVE-THEATERの担当者さんから問い合わせをいただいたのですよ。ある仕掛けが、作品の一部かどうか判断できなかったという(笑)」
齊藤「『COMPLY+-ANCE』のような作品は特に公開劇場のアップリンクに来てくれるようなお客さんに対して“このチケットを買うって、どういうことか分かってますよね?”というような(笑)、見ることを選択した責任というのかな、暗黙の了解があって。それを前提に仕掛けができていたということですよね。こうしてオンラインで開かれてしまうと、ミニシアターの扉を開けるために必要だった暗号みたいなものが通用しない。となると今度はそこを逆手にとりたいですねえ」
直井「齊藤さんのように、いかなる状況に対しても抵抗がないどころか、さらに新しいことを推進できる方の作品を第一弾で上映できたというのは本当にありがたいことです。が、もしかして攻めすぎだったのかな(笑)」
齊藤「(笑)ところで、最近ステイホームすることは時間の主導権の持ち時間が長すぎるという苦しさを感じます。家にこもって個人の裁量で生活していて、アイスを食べすぎても誰も止めてくれないですし(笑)。もちろんテレワークにはそれぞれ方針やルールがあるでしょうが、とはいえ日々のスケジュール配分は自分に委ねられている。映画体験に置き換えると、リアルな映画館のタイムテーブルに合わせてみんなが足を運ぶこととリアルタイム上映は同じです。ただオンラインの、しかもサブスクリプションでの映画鑑賞が日常の場合“よし、じゃあ今からNETFLIXで何か見よう”というふうにタイミングを決めるのは見る側ですから、時間の主導権は観客の手に残っている。それと比べても、SHMTがリアルと同じように時間の主導権をもって“映画館”としてやる以上、雰囲気づくりが重要な課題だと感じました。受け取り手と発信する側の双方が意識的に世界を構築しないと」
直井「リアルタイム上映に関しては同感で、そもそもこのやり方でいけるか?という不安はありました。コストとも照らし合わせて2つの作品を全6回、3パターンの収録トークをつけて上映という形に落ち着いたのですが、劇場のトークイベントにおける一過性の良さをどう出せるか、生配信ならできるか?など検討しています」
――オンライン上映の取組みにもさまざまなものがありますが、たとえば「仮設の映画館」( http://www.temporary-cinema.jp/ )は、劇場を選択でき、各映画館で鑑賞する体験に紐づけられています。
直井「あと、オリジナル・マナー動画には“なるほど”と思いました。『仮設の映画館』とは仕組みからして共通項が多いので、だからこそ同じではなく、僕らならではのやり方が大事ですね。それがイベントへのこだわりを強くした点でもあります。プレオープンでシネマスコーレの坪井篤史副支配人、元町映画館の石田涼さん、横川シネマ溝口徹支配人に出演していただいたことも大きいですし、関連企画で齊藤さんたちにYouTube LIVE配信をしていただいたのも反響がありました」
齊藤「生配信をやってみて、見ている方とのコミュニケーションが取れるのもいいと思いました。あと映画を地上波テレビ放送する際にたまに副音声で生オーディオコメンタリーをやっていますよね、ああいうことにもトライしたいです」
より良い状況で作品を世に送り出したい
――上映後SNSなどで「これを劇場で体験したい」という声が多く寄せられていました。坪井副支配人も、劇場へ呼び戻す効果への期待を示されていましたね。
齊藤「ミニシアター・エイド基金やSAVE the CINEMAの活動を支持する方にとっては、やはり映画館に行ける世界を取り戻すことがゴール。その文脈では“仮設の映画館”があくまで“仮設”であるように、オンラインは劇場に帰るための繋ぎという考えになる。いっぽうで、SHMTのトークでいみじくも坪井さんがおっしゃったように配信に映画が支えられている状況でもある。ふと思ったのが、僕自身もしいきなり“明日から、これまでどおりの仕事が始まります”と言われてもそれに耐えうる心の体力がないというか、準備期間が必要だと思っていて。ある種、人間が持つ適応能力が働いているような。これを言い換えると、ステイホームの間に配信で映画を見続けることによって、映画館という空間が持つ価値は薄れかねないのではないか。そこまで極端ではないにしろ、映画を取り巻く環境が今まで通りではなくなっていくことは肌感としてあります。だからなおさら、映画業界の行末を、その渦中でしっかり見届けたいんです」
直井「実は、コロナ禍の勢いでプレオープンまでたどり着いたけれど、僕としてはオンライン映画館の立ち上げはゆくゆく必要なものとしては考えていたことです。齊藤さんの指摘とも関連しますが、近年の地震や台風の被害を振り返っても、コロナがなくても、このままでは気候条件や天変地異によって劇場に行くことが困難になる状況を想像せざるを得ない時代を、僕たちは生きています。ですからアフター・コロナも通常興行として映画を上映していく場として先を見据えています。コロナウイルスの影響も長期化する見通しですし、新しい生活様式も掲げられましたので、劇場公開が成立する状況になっても共存していくつもりでやっています。『マリッジ・ストーリー』などのように、リアルな劇場と同時に配信が成立している事例もありますし」
――劇場は、いかに再開するかが次の課題でしょうか。これから地域によって段階的に制限がやわらいだりと状況も異なってきます。
直井「目下、6月公開予定となっている映画の準備で頭を悩ませています。というのも外出ができてミニシアターも開いている状況だからといって、果たしてどれくらいお客さんは戻ってくるのだろうか、と。公開できても作品にとって好機とは限らないんですよね。1週間限定上映を予定していた作品もあるので、たとえば劇場から“再開します、でもまだ土日は休館します”と言われてしまったら興行に大きく影響します。ですから判断を委ねられているからには危機感を強く持って公開プランを立てなくては。とにかく配給者の僕としては、“より良い状況で作品を世に送り出したい”ということに尽きるんです。だからオンライン上映も“映画館は最高”だけど、こういう形もあるという可能性も示していきたい。そういう意味でフットワーク軽く動けるインディペンデント配給の強みを生かして、齊藤さんのような形で新作を発表してもらえる場になったり、イベント・コンテンツを通して、自分たちが今までやってきたことを試し、それに共鳴してくれる配給会社さんや、自主制作の人たちと組んで仕掛けていきたいです」
――齊藤さんの『TOKYO TELEWORK FILM』は今後どう進化していくのでしょうか。
齊藤「『COMPLY+-ANCE』では“完パケ”の概念が壊されたというか。公開後に生のイベントを通して映画が進化していき、その延長線上でオンライン上映まで流れ着きました。そういう作品の特性上、あたらしく立ち上げた『TOKYO TELEWORK FILM』とあわせてアップデートし続けることで今の時代のフィルターとして機能していくのではないか、と。『TOKYO TELEWORK FILM』は今フェーズ1の〈テレワークセッション〉の過程にいて、先日第二弾を撮影しました。フェーズ2、3と重ねて映画作品へとつなげていきたいというプロジェクトですが、実はコロナ禍バージョンの『COMPLY+-ANCE』をやりたいと思っています。この状況で新たなコンプライアンスも生まれていますし、テレワークは今までにないカルチャー面での広がりを見せています。緊急事態宣言も現時点で5月31日まで延長になりましたけれども、そういう日々のニュースとオンライン上の出会いの距離感を連動させて、作品に組み込みたい。というのも最近、収録した番組を見たら出演者の話す内容でそれがどの時期に撮られたか分かるくらい、みんなが“コロナ時間”の時計を併せ持っているので、その時計の針の動きを意識して作品を生むのが僕のひとつのテーマです。また、行定さんの作品もそうでしたが、テレワークで制作するのって役者の負担が増えるんですよ。実際ほとんど自撮りですからね。ZOOMなどのオンラインサービスの画角のなかでいかに自分を表現するかも問われています。だから俳優も受け身ではいられない。そういうなかでの共犯関係を築いていきたくて。熱をもった状況である以上、それは冷めるかもしれない。そんな一時的なことならなおさらいち早く“共犯者”たちとしっかりエンターテインメントをやりたいです。“あの頃なにしてた?”と問われる未来があるはずなんです。休む時期であってもいいし、僕自身はこの曲がり角のようなタイミングに訪れた修行期間だととらえていて、そこに関わるひとたちの意思を加算しながら、起きていることをタイムリーに感じとって落とし込みたい。このとき映画が作られていたことに意味があったのか? と検証されることも見据えて、今、作っておきたいんです。事態の終息後に『映画』というものがよりタフになるための期間というのかな。だから僕は“進化します”と、宣言しておきます」
STAY HOME MINI-THEATER powered by mu-mo LIVE THEATER 第二弾は5月17日(金)~19日(日)、22日(金)~24日(日)開催。2週にわたり5作品を上映する。
公式サイト:https://stayhome-minitheater.com/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.