画像: 『麒麟がくる』は越前へ 初大河のユースケ・サンタマリア「謎の高揚感あった」

『麒麟がくる』は越前へ 初大河のユースケ・サンタマリア「謎の高揚感あった」

大河ドラマ『麒麟がくる』は17日放送回から越前編が始まる。明智光秀は、斎藤高政の手を逃れて越前に入る。光秀は、小京都ともいうべき美しく豊かな国である越前を支配する朝倉義景に出会うが、幕府と懇意である光秀は義景に翻弄される。
義景を演じるのはユースケ・サンタマリア。本作が初めての大河ドラマへの出演になる。「 『麒麟がくる』の中では、朝倉義景を一番輝かせたいと勝手に思っています」と、本人は意気込む。
出演に際し、「時代劇の経験が少ないので、所作などしっかりと身に付けなければと思い、 監督に相談しましたが、監督からは「所作などは考えず、人物像も調べないで、いつものユースケさんで やってほしい」と言われました。その言葉を受け取って、ほとんど前知識を入れずに手探り状態で撮影に 臨んでいます。監督からは「その迷っている感じが良い」と言われ、根拠のない自信がつきました」。
演じる義景については「一癖も二癖もあるつかみどころのない 戦国大名ですが、演じていく中でどんどん愛着が沸いています。 光秀と初めて対面するシーンを初日に撮影しましたが、面を上げよ、というセリフは、これまた謎の高揚感がありました」。
17日放送の第18回「越前へ」では、光秀(長谷川博己)たちは、帰蝶(川口春奈)の計らいで、伊呂波太夫(尾野真千子)に導かれて越前へ、領主の朝倉義景に謁見する。義景は光秀を値踏みするように見つめて......。
『麒麟がくる』は、毎週日曜、総合で午後8時、BSプレミアムで午後6時、BS4Kで午前9時。再放送もある。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.