画像: 自宅で免疫力強化!赤坂「CROSS TOKYO」の薬膳スープ鍋【今日のおうち時間】

自宅で免疫力強化!赤坂「CROSS TOKYO」の薬膳スープ鍋【今日のおうち時間】

外出自粛によっておうち時間が増えたとはいえ、リモートワークを行いながら免疫力を高めるために栄養バランスを考え、毎日3食の自炊メニューを作るのはなかなか大変。たまにはおいしい飲食店に頼ってエネルギーをチャージしたい......そんな気分にぴったりのお取り寄せが、東京・赤坂のフレンチレストラン「CROSS TOKYO」がリリースした宅配鍋「“食労寿”鍋 −cross−(くろすなべ)」だ。早速、グルメ担当記者がその味わいを試してみた。
普段は「医食同源」のコンセプトのもと、厳選された国産の旬の食材を中心に料理とビオワイン、薬膳酒などを提供している「CROSS TOKYO」。「“食労寿”鍋 −cross−」の原型となるのは、3年前から冬季限定で出している鍋で、これまでにも常連さんからお取り寄せの要望が絶えなかったという。初の宅配グルメへの挑戦に、“やるからには最高のものを”と薬膳酒の知見を生かし、35種類以上の生薬・漢方・スパイス・ハーブを、12種類以上の野菜からとったブイヨンに配合。そこに丸鶏と豚足を入れて長時間煮込んだオリジナル出汁「ブイヨン・ド・レギューム」を開発した。
さらに14種類の漢方を飼料にストレスのない環境で育てられた宮城県「関村牧場」の「漢方三元豚」のバラ肉とロース肉、自社農場で栽培する新鮮なにんじん・キャベツ・水菜・長ねぎ・豆苗・ニラを千切りにした「ジュリエンヌ野菜」、八丈島の無農薬レモンを使った自家製ポン酢、豆乳と胡桃とアーモンドをベースに隠し味の山椒が香るゴマダレ、大根おろし用の中まで赤い紅くるり大根、龍眼・クコの実・ナツメ・カルダモン・アニス・セージが入った「追い薬膳袋」がセットになっている。
作り方はいたって簡単で、ご自宅の鍋に「ブイヨン・ド・レギューム」を注いでひと煮立ちさせ、「追い薬膳袋」を投入すれば食欲をそそるにおいがふんわりと漂い始める。ここで「ジュリエンヌ野菜」を入れた後に、野菜を覆うように「漢方三元豚」を乗せて火が通ったら完成。鮮やかな紅くるり大根の大根おろしを用意し、お好みで自家製ポン酢や豆乳胡桃ゴマダレと共にいただこう。
爽やかな酸味の自家製ポン酢に「ブイヨン・ド・レギューム」と大根おろしを加え、「ジュリエンヌ野菜」を巻いた豚肉につけて頬張ると、素材の力強い風味がストレートに伝わってくる。続いて豆乳胡桃ゴマダレに出汁を加えてもうひと口、ナッツの濃厚なコクがマッチしてこちらも美味。2種類のつけダレを自由にミックスすることもできる。何よりも驚いたのは煮込んでもほとんどアクが出ないうえに、最後まで野菜のシャキシャキした歯ごたえがそのまま続くことだ。旨みが凝縮した出汁は次の日にスープとして飲んだり、好きな具材を入れたりして、3日目にご飯とパルメザンチーズでリゾット風にしたり、中華麺を入れて楽しむのがおすすめだとか。
手軽に作れて肉と野菜がたっぷり食べられ、買い物する時間のない日や料理するのが面倒な時に便利な鍋セット。ご自宅用にはもちろん、会えないけれどお世話になっている人や離れて暮らす家族へのギフトにもぴったりだ。“食べた翌朝に結果が出る”料理を目指しているという「CROSS TOKYO」の「“食労寿”鍋 −cross−」は、専用サイトから注文できて全国に配送を行っている。
「“食労寿”鍋 −cross−」
【価格】2〜3人前6500円/4〜5人前1万3000円/6〜7人前1万9500円 ※すべて税・送料別
【内容】CROSS TOKYO最強エキス「ブイヨン・ド・レギューム」、CROSS TOKYO特製つけダレ2種(八丈島有機レモンの自家製ポン酢/山椒香る豆乳胡桃ゴマダレ)、宮城県・関村牧場さんの漢方三元豚(バラ肉・ロース肉)、厳選野菜の千切り野菜とおろし用紅くるり大根、追い薬膳袋(龍眼 クコの実 ナツメ カルダモン アニス セージ)【URL】https://teamcross.theshop.jp/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.