画像: 【インタビュー】しみけんが語る独自の「仕事論」と新型コロナ禍における自分磨き

【インタビュー】しみけんが語る独自の「仕事論」と新型コロナ禍における自分磨き

新型コロナウイルスの感染拡大防止による緊急事態宣言の発令により、多くの人が不要不急の外出の自粛を要請され、日常の生活や仕事に大きな変化が起きている。思うに任せない状況の中、戸惑い立ち止まる人もいる。その一方で耐え忍びながら、アフターコロナの暁には大きな飛躍を遂げるべく、この日常を有意義に過ごしている人もいる。人気セクシー男優のしみけんもその一人。3月に新著『AV男優しみけん仕事論0.01 極薄!』を上梓したしみけんに、その仕事論、そして現在のコロナ禍での日常について聞いた。
ライバルは絶対にコロナ明けに強くなって出てくる
まずは現在、緊急事態宣言下でどのような生活を送っていますか?
「今は極力、人と会わないようにしています。特定の少数の人としか会わない生活ですね。読書をしたりしています。出かける時も、部屋から自宅の駐車場に行って、車に乗ってそのままスタジオなどに行っています。そこからまた車で自分の家に戻るので、すれ違う人を合わせても、1日10人も会っていないかもしれません」
いくつかの大手メーカーでは撮影がストップしているという話も聞きます。
「僕も4月の撮影はゼロでした。5月の中旬くらいから少しずつ少数精鋭で再開するところが出てきているようです」
3密を避けるためにスタッフさんも絞ってという感じですか?
「あとは男優の人数もですね。僕の場合はいつもは1現場ひとからみで帰れたんですが、次の撮影では最後のシーンまでスケジュールが押さえられています。今までは5シーンがあったら男優さんが5人必要だったんですけど、それを1人ないし2人でやってしまおうということになっているようです。“男優蟹工船時代”が来るんじゃないかっていう感じです」
しみけんさんはこれまで男優については新人が入って来ても、その分引退する人もいることから「男優70人説」を唱えていますが、もっと減ってしまうかもしれない?
「その可能性はかなりありそうですね。複数でのプレイもかなり減ると思います」
著書の中では「AVの撮影は撮影日から1カ月以内の性病検査が必要となる」と書かれていました。新型コロナによる医療崩壊が叫ばれるような現在の状況だと緊急事態宣言が明けても本格再開への流れが見えない状況なのでは?
「性病検査はそれ専門の所があるんです。実は僕、今日、性病検査をしてきたんですけど、性病検査所は普通に機能していてガラガラでしたので、その点での心配はないかと思います」
『AV男優しみけん仕事論0.01 極薄!』が出版された。文字通りAV業界で長くトップクラスとして活躍してきたしみけんの成功の裏にあった思考や方法論などが描かれている。
初の著作となる『光り輝くクズでありたい』から5年。このタイミングでこういった内容の本を出そうと思ったのはなぜ?
「単純な理由としては“ネタがたまった”ということがありました。あと今になって前著を読むと“情報が古いな”と思うところがいくつかあったので、新しく出そうかなと思って出版社の方と話しをしていたら“エピソードの中にAVにおけるプロフェッショナル論”があるということで、単にエピソードを並べるだけでなく仕事論のほうにも話を広げたらどうでしょうということになりまして、こういう内容になりました。前著は古い情報があったとは言いましたが、それはそれで今では書けない黒歴史とかが書いてあるので貴重な本ではあるなと思います。現在、女優さんに対する強要問題があるなかでは絶対にあってはならないようなことを記したのは意味があることだったと思います」
前半に業界のエピソードを持ってきて興味を引き、後半の章で仕事論につなげる作りとなっているのだが、エピソードの部分でもいくつかの金言が散りばめられており、笑いながらもハッと気づかされる場面がさりげなく差し込まれている。頭でっかちの「仕事論」ではない実践の伴った生々しい「仕事論」だ。
ちょっとだけ紹介すると「どんな女性にもいいところは絶対にある。それを見つける能力がないとAV男優は務まらない」「その場のスタッフさん全員を気持ちよくさせる」といったことが書かれているのだが、こういった考え方は撮影現場で体得してきたこと?
「女性のいいところを見つける、というのは高校時代にナンパをしていて、そういうところを増幅して喋るほうが口説ける率が高いというのは身をもって分かっていたことなので、昔からついている癖なんでしょうね。そして撮影現場で女性のいいところを増幅するということをしていると、それを見ているスタッフさんもうれしそうにしていたんです。“人は笑顔に集まる”ではないですが、僕は“上機嫌が人に与える最大のプレゼント”だと思っているので、それからはスタッフさん全員がニコニコできるように、ということはすごく意識するようにはなりましたね」
「6つの行動習慣」という形で自らが心掛けている具体的ものを上げているのだが、これはどういう形で編み出されたもの?
「6つのうちの2つは人から言われて気づかされました。ひとつは高橋尚子さんがテレビで言っていたことで、もうひとつはマツコ・デラックスさんにレストランで言われた言葉なんですが、どちらも胸に刺さった言葉でした。どちらも実践してみると、本当にその通りだなと思いました。高橋さんの言葉は“何も咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ、やがて大きな花が咲く”というものなのですが、これは今の新型コロナによる緊急事態宣言下にも言えることだと思うんです。ただ暇つぶしをしているのか、それとも粛々と自分がスキルアップできることをするのかで、コロナ明けに実力の差が出てくると思うんです。僕も“ライバルは絶対にコロナ明けに強くなって出てくる”ということを紙に書いて壁に張っています。だから今は読書、自宅トレーニング、SNSのコンテンツをためるということをルーティンワークにしています」
現在はさまざまなフィールドでも多くの仕事をこなす中で、この6つの習慣は他の仕事の現場でも実践できる普遍的なものですね。
「特に5番目に挙げさせてもらった“人のやらないことをやる”というのはそう思います。一般のテレビやYouTubeのトークライブなどに呼ばれた時に“いい子ちゃん”を演じたわけではないんですが、一般の現場だからという意識があって、あまりハチャメチャなことはしないようにしていたら、やはりディレクターさんや他の事務所のマネジャーさんなんかに“そこはしみけんが思いっきりやらないと呼んでいる意味がないから”といったことを言われました。“やってはいけないことは編集でカットするからめちゃくちゃやってくれ”と言われるようになってから、どんな大物女優さんだろうが、女性がいたら僕は地面に寝っ転がってパンツを見ようとしたり、僕に背中を見せたら、すぐにバックで腰を振る体勢を取るようにはしています」
しみけんさんだから許されることですね。
「ぎりぎりですよ(笑)。ぎりぎりアウトかな?というときもありますけどね。でもそれも、やらないよりはやったほうがいい」
テレビなどでも非常に気遣いができる人という印象。そういうことの積み重ねで女優さんやスタッフさんから「また一緒に」ということも多いのでは?
「そういうのは自分ではよく分からないんですけど、僕がいつも仕事が終わった時に思うのは“ギャラ以上のお得感が与えられたかな?”ということなんです。他の同じギャラの男優に比べてお得感はあったかな?と。そういうふうにしていくと仕事は回ってくるのかなとは思います。プラス勃起力ですね(笑)」
80点のものしか出せなかったら結果的に自分の評価を下げることになる
本の中では現在のAV界を取り巻く状況についても言及しています。オリンピック誘致や女優への出演などの強要問題などでAV業界はかなり大変なことになった?
「強要問題に関してはある女優さんが彼氏に“なんでAVに出たんだ?”と言われて“無理やり出演させられた”と言ったところから端を発したことなんです。その女優さんは1000本近くの作品に出演されていたので、最初はみんな“なんてことをするんだ”という感じだったんですが、今ではAV女優の人権を彼女が作った、という見方をされています」
それは女優さんたちからそう思われているということ?
「女優さんもそうですし、男優やスタッフさんからもですね。最初の頃は大変でしたけど、今となってはすごく平和で分かりやすい世界になったので良かったね、という話です。やりたくないんだったらやらないというシンプルな仕事の在り方になりました」
オリンピックについてはたばこの喫煙問題など世の中に大きな変化をもたらしました。AV業界にもそういった波があったんですか?
「そうですね。最初に影響を受けたのがナンパ作品だったかと思います。条例でナンパや路上スカウトが禁止するというところから始まったんです。だからオリンピック誘致が始まる前のナンパ作品は逆に言えばガチだったんだ、という話ですよね。あとその条例は東京都だけだったので、地方でやっているナンパロケは結構本物が多いとか。チョコボールの金のエンゼルを当てる方法みたいな感じで、ナンパ作品の内容を見たら本物か偽物かが分かるみたいな憶測も飛んでいましたけどね(笑)」
男優さんへは当日まで相手が誰でどんな内容かということが知らされないという、女優とはちょっと違った意味での強要問題があるとも書かれています。知らされていたほうが作品のクオリティーが上がるような気もするのですが...。
「なんででしょうね(笑)。いまだに男優の意見は二の次どころか“五の次”くらいですからね。まあ、そこに意見して面倒くさいと思われるよりは、使いやすいと思われたほうが仕事が回ってくると思う人が多かったのかもしれませんね。でも僕はそうではないと思っています。だって内容を聞かされないで行って、自分の苦手なからみだったりして、80点のものしか出せなかったら結果的に自分の評価を下げることになる。そのほうが仕事を減らすことにつながるんじゃないかと思うんです」
「他人と比べたり、自分を否定してしまう人」に勧めたいものとは?
最近ではテレビや配信番組の出演、講演会やイベント、執筆活動、SNS関係と仕事の種類が多岐にわたっているしみけんなのだが、その一方でやはり“ならでは”の仕事もある。
「陰茎部増大をサポートし男に自信と勇気を与えるローション」という商品コンセプトを持つ「VITERA(バイテラ)リキッドローション」という商品を試してみるというお話が来たとか。まずこの話が来た時、率直にどう思いました?
「めちゃくちゃ面白いと思いました。話を聞いてみたら、病院にこういう悩みを持ってくる人が本当に多いらしくて“それを改善するにはどうしたらいいか”というところから作られたと聞いて、興味の引きが半端じゃなかったです」
それは小さくて悩んでる人が多いということ?
「それもそうですし、勃起力が弱まっているとかもですね」
そのへんは年齢とともに仕方のないものなのでは?
「そういうところもあるんですが、“言葉が未来を作っている”というところもあるので、年のせいにすると言葉に引っ張られて元気がなくなっていっちゃうんです。逆に“80歳だけど、すげえ勃起するぞ”と口に出していたほうがいいと思うんです。嘘でもね」
塗って陰茎部が大きくなる? 実際のところ手応えは?
「使い始めたばかりなので、正直まだ分からないです。でも心の大きさというんですかね。心のゆとりができているというのはすごく大きい。ちんちんは脳みそで引っ張っていくところがあるので、精神的なものに左右されます。なので“僕はバイテラリキッドを使って、頑張っているんだぞ”という自信と、実際に血液を循環させて流してあげるというのは大事なことなので、これはめちゃくちゃいいと思います」
血流がいいというのはちんちんに限らず、体全体にいいですよね。
「ええ、そうですよね。それに、いざという時だけ血液を流して固くなるかといえば、そんなに都合のいい話なんてないじゃないですか。普段トレーニングをしていないのに、ベンチプレスを100キロいきなり上げられるか、といえば上げられるわけがないですから。それと同じ話。常に血流を良くしてあげないといけない」
しみけんさんは「エコチンポが売り」とも日ごろ言ってますが大丈夫でしょうか?
「たとえ巨大化したとしても、大きさをコントロールすればいいので大丈夫です。これはトップ男優はみんなやっていることなんですけど、痛がる女の子には硬さの調整とか大きさの調整をしています。集中力の調整で大きさや硬さを調整できるんですね。いくら大きくなるといっても、突然30センチくらいにはならないとは思うんです。1センチ2センチの伸びしろだったら調整でなんとかできるでしょうというところはあります」
どんな人にお勧めしますか?
「他人と比べたり、自分を否定してしまう人ですね」
これも仕事論につながりそう。
「結局同じことなんでしょうね。僕のところにも毎日のように悩みが来ますが、みんな他人と比べることから生まれる悩みとか、自分を肯定してあげられていないことによる悩みがほとんどですから。“どうやったら大きくなりますか?”“どうやったらいかせることができますか?”“自信がなくてできません”とか、そういった悩みばっかりなんです」
しみけんさんは自分を肯定できなかったことはありますか?
「ちょっと恥ずかしいんですけど(笑)、小学校の時から結構プラス思考だったので自分を否定したことはないんです。なので肯定できなかったことというのも思いつかないです」
小さいころからプラス思考というのはともかく、社会に出てくじけたこともあると思うのだが、そこでネガティブにならずにポジティブでいられるコツのようなものがあるのですか?
「昔から、悔しければ勉強して補填しようというところがあったんです。小学校の時から塾に行かされていて、全国模試とかをやって間違った問題があれば復習するという癖も付いていたし、挫折したという気持ちがあまりないんですよね。“欠点が見えたからそこを直せばいいや”という性格でしたね」
今の目標は“もしクイ”をどうやったら売り出せるかなってこと
自らのYouTubeチャンネルである「しみけんチャンネル」で最近「男女の仲 研究所」なるものを立ち上げて「男女の仲 研究家」と名乗ると宣言していました。その配信で「AV男優という肩書だといろいろ制約が出る」といったことも言っていた。やはりAV以外の仕事をするにあたり、そういうことはまだある?
「感じますね。地上波で出演予定だったのに直前になってばらしになるということもあります。理由を聞くと共演者NGみたいなものですね。あとはスポンサーさんもNGだったこともあります。例えば食品系は結構ダメでしたね。僕がうんこを食うということを知っていたんでしょうね(笑)」
しみけんはかつて大真面目に「うんこ味のカレー専門店」を期間限定で立ち上げたこともあるなど、そちら方面には造詣が深い。
この「食品系NG」というのはしみけんさん限定の話かもしれませんね。
「かもしれないですね(笑)。女優さんは出ていますからね」
男優さんも「セクシー男優」という肩書でなら問題ないのではとも思いますが...。
「セクシー女優というのは、あの子たちは事実、セクシーなので自然に受け入れられると思うんです。セクシー男優という場合、モデルさんみたいな体型で、ananの表紙を飾っちゃうような人のことを言うのなら分かりますけど、僕なんて普通のずんぐりむっくりした40歳の普通の男だから何がセクシーなんだろうって思うんです。見る側も違和感があるんでしょうね」
こういうAV男優という肩書だと制約があるという風潮についてはどう思っています?
「僕はあってもいいと思います。この壁を感じている時に“あ、やっぱり自分は普通じゃない道を選んできたんだな。だからそういう考え方はずっと持っていないとダメだな”というふうにふんどしを締め直させられるので」
人生を生きていく中でさまざまな壁にぶち当たってきたと思うのですが、むしろありがたい、くらいな気持ち?
「そうですね。スポーツ選手なんかはよく、壁にぶち当たると喜ぶみたいなことは言いますけど、それに近いかもしれないですね。壁ってアイデア次第で扉になる、というところもある。ドアを自分で作っちゃう、みたいな。そういうところはあります」
しみけんは昨年、「P.P.P.TOKYO」というプロモーションでマネジャーとしてプロレスのリングに上がった。
「すごかったですね。プロレスラーの方々のことはめちゃくちゃリスペクトしています。あれは出て本当に良かったですね。なぜあんなことをやっても体が平気なのか。僕はあれから90年代の四天王が活躍していた全日本プロレスの試合を見るようになりました。リングに上がるということは全く考えていないですけど、見たいとか応援したいという気持ちはすごくあります」
本職以外の仕事も増える中でこれまで会うことのなかった人とも会うようになる。そういったことを経験して、自分の生き方が変わってきたところはある?
「今は...好きなことや興味があることをやっていくということなので。突然、今、思いも付かないことに興味を持つかもしれないですから」
では今一番興味を持っていることは?
「知識欲ですね。なので、このコロナの時期にクイズの本をずっと読んでいます。クイズの本を読んでいて、ひとつひらめいたことがあったんです。どうしても覚えられない答えというものがあって、その時に“女の子が読んでくれたら覚えられるかな?”と思って、ツイッターで“『もしもかわいい女の子がクイズを読み上げてくれたら、きっと僕はクイズ王になるだろう』という音声データを作りたいと思うから、クイズの問題を呼んでくれる方募集”ってつぶやいたら2分で160人の応募があったんです。すぐにツイートを消して、その160人の中から文章が丁寧だったり、本当にやる気があると思う人50人くらいに絞って、クイズの問題を送ったんです。それを録音してもらって、その録音データを僕が買い取る。1問読み上げたら50円。全く人を介さないけどクイズの音声データだけもらえる。それをネットショップのBASEで売り出したんです。これは新しいビジネスだと思ったんですけど、全く売れないですね(笑)」
みんながまだ気づいていないだけなのでは?
「そうなのかな(笑)。今の僕の目標は“もしクイ”をどうやったら売り出せるかなってこと。それについて作家さんと考えています」
『AV男優しみけん仕事論0.01 極薄!』
【著者】しみけん【刊行】扶桑社【定価】本体1300円+税

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.