画像: 青木真也が中村圭吾を退けEXTREME級王座防衛。次期挑戦者に“大鵬三世”納谷幸男を指名【DDT】

青木真也が中村圭吾を退けEXTREME級王座防衛。次期挑戦者に“大鵬三世”納谷幸男を指名【DDT】

「いつでもどこでも挑戦権」も守り抜く
DDTプロレスリングのDDT EXTREME級王者・青木真也(37)が5月23日にDDT公式YouTubeチャンネルで配信された2度目の防衛戦(スタジオ実況・解説収録ルール)で若手の中村圭吾(20)を退け、ベルトと「いつでもどこでも挑戦権」を守った。
青木が4月4日、千葉・2AWスクエア大会(無観客試合)で、「DDTの最底辺を懸けて真剣勝負しましょう!」とアピール。中村を逆指名する形で“実力差対決”が実現したが、実は中村は高校時代、レスリングで鳴らした経歴を持つ“隠れた実力者”。その潜在能力を発揮するかのように、中村は執ようなヘッドロック、机上からのアトミックボムズアウェイ、その場飛びムーンサルトプレスなどで攻め立てた。しかし、それらを返した青木はヨーロピアンクラッチでガッチリ固めて3カウントを奪った。
V2に成功した青木は次期防衛戦について「納谷(幸男)! 塩、両国、ゲノムルール、もう一つ、何かつけてやりましょう」と、昭和の大横綱・大鵬さんの孫である納谷を挑戦者に名指しした。
「DDT EXTREME級選手権試合ワンマッチ配信大会」(5月23日、DDT公式YouTubeチャンネル)
◆メインイベント「DDT EXTREME級選手権試合〜スタジオ実況・解説収録ルール」 60分一本勝負
〈王者〉○青木真也(3分59秒、ヨーロピアンクラッチ)中村圭吾●〈挑戦者〉
※第48代王者が2度目の防衛に成功。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.