画像: DDTマット2戦目の全日本・秋山準が渡瀬瑞基に完勝【DDT】

DDTマット2戦目の全日本・秋山準が渡瀬瑞基に完勝【DDT】

最後はエクスプロイダー
DDTプロレスリングの無観客による「DDT TV SHOW!#4」(5月23日、DDT TV SHOWスタジオ)が動画配信サービス「WRESTLE UNIVERSE」で放送された。
DDTのゲストコーチに就任した、秋山準(50=全日本プロレス)がDDTマット2戦目に臨み、粘る渡瀬瑞基(29)を一騎打ちで制した。
16日配信の大会で、タッグ対決した渡瀬からシングル戦を要求されて組まれた、この一戦。渡瀬は奇襲を仕掛け、場外戦に持ち込んで先制攻撃を仕掛ける。渡瀬はチョップ、エルボー、ミサイルキックなどで必死の攻めを見せたが、そう簡単に秋山の牙城は崩せない。秋山の場外でのボディースラム、フロントネックロックなどの厳しい攻めをなんとかしのいだ渡瀬だったが、10分過ぎ、ヒザ蹴り連発から、エクスプロイダーを食ってごう沈し、大金星はならなかった。
秋山は辛口ながらも一定の評価
秋山は「ヤル気は前回より感じた。これから何度か当たるかもしれないけど、次やったときに、今日よりできるようにならないと。お客さんがいて、アピールするのはいいけど、後ろからやられたら終わり。エルボーにしても、間合いが空きすぎて、もっと一発一発の重みを増さないと。俺はいいけど“休ませてくれよ”と思わせないと。もっと練習して、エルボーの重みを見せられないと」と辛口ながらも一定の評価は与えた。
渡瀬は「アレが四天王(時代の)プロレスなんですね。人生の財産になる、コーチをしてもらいました。試合中は“ぶっ殺してやる”と思ってたけど、終わったら感謝しかない。こんな若手のチンピラとシングルやってくれて。潰しに来てくれて。プロレスって世界は広いですね。すごい一発は食らってますけど、それでも“アレが小学校のときにテレビで見て、ジャンピングニーをマネしてた秋山準なんだな”って。本人の技を食らって意識飛んでゾクゾクした」とコメントした。
「DDT TV SHOW!#4」(5月23日、DDT TV SHOWスタジオ)
◆オープニングマッチ アイアンマンヘビーメタル級選手権試合 30分一本勝負
〈王者〉×男色ディーノ(10分19秒、無効試合)アントーニオ本多×〈挑戦者〉
※男色ディーノの夢であったため。第1479代王者の防衛戦は無効。
◆第二試合 30分一本勝負
○彰人&飯野雄貴(9分35秒、足4の字固め)樋口和貞&納谷幸男●
◆第三試合 30分一本勝負
○秋山準(11分21秒、体固め)渡瀬瑞基●
※エクスプロイダー
◆第四試合 DDT UNIVERSAL選手権3WAYマッチ 60分一本勝負
〈王者〉○佐々木大輔(11分47秒、片エビ固め)吉村直巳●〈挑戦者〉
※もう一人はクリス・ブルックス。クリスのプレイング・マンティスボム。第2代王者が2度目の防衛に成功。
◆セミファイナル 30分一本勝負
●竹下幸之介(22分21秒、輪廻転生)ヨシヒコ○
◆メインイベント スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
○田中将斗&HARASHIMA(15分7秒、片エビ固め)遠藤哲哉&高尾蒼馬●
※スライディングD
◆緊急決定試合 いつでもどこでも挑戦権使用~KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
〈王者〉○田中将斗(8分26秒、片エビ固め)青木真也●〈挑戦者〉
※スライディングD。第74代王者が4度目の防衛に成功。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.