画像: 【BEYONDコロナ~日本を元気に~】コピーライター・阿部広太郎氏「“未来の待ち合わせ”を作ります」

【BEYONDコロナ~日本を元気に~】コピーライター・阿部広太郎氏「“未来の待ち合わせ”を作ります」

業界、世代を超えた有識者ネットワークである「BEYOND 2020 NEXT FORUM」は2019年にスタートし、2020年以降の日本を活性化するためのさまざまな活動を行ってきた。それは2020東京オリンピック・パラリンピックという大きなイベントの後の日本を「祭りの後」にすることなく、長く元気にすることを目標としたものだったのだが、新型コロナウイルスの猛威により、2020東京オリンピック・パラリンピックは1年間延期されることとなった。
単なる大規模なイベントの延期にとどまらず、劇的なパラダイムシフトが求められることとなった今、「BEYOND 2020 NEXT FORUM」は今後は「BEYOND コロナ」をテーマに、日本から新しいモノやコトを創り出すべく、有識者メンバーの知恵を借り、そして早稲田大学グローバル科学知融合研究所と連携してさまざまな提言をしていきます。
今回はコピーライターの阿部広太郎さん。
コピーライターの阿部広太郎氏「2月末からリモートワークをしています。家で企画書を書いて、ウェブ上でプレゼンをする。ウェブ会議では細かいところまで伝えることができません。これまでは空気感で共有できていたことが、言葉にして確認しなければいけないことも出てくる。そこでなんていうメッセージを送ろうか、心を配るようになりました。BEYONDコロナに向けては“未来の待ち合わせ”を作ります。3月に書籍を出したんですが、リアルなイベントは全部中止になってしまいました。でもオンラインの読書会をする機会があって、北は北海道から南は沖縄まで、各地の読者の方がオンラインでつながって語り合うことができた。“つながれるんだ”といううれしさがあった。コピーライターとして『言葉の企画』という連続講座を行っているんですが、オンラインの今だからこそ、それを全国の人がつながれるような講座という形にして、今はオンラインでつながっている人々が近い将来、会いに行けるという待ち合わせの約束をたくさん作っていきたい。今はジャンプで言えばしゃがむ時間。人と人が顔や思い、心でつながって、その次に会いに行けるようにしたいと思っています」

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.