画像: 都内近郊の水族館・動物園が営業再開へ!アクアパークに八景島も

都内近郊の水族館・動物園が営業再開へ!アクアパークに八景島も

東京都内や近郊の水族館・動物園が、続々と営業再開を発表。海の生き物や動物たちに会える機会がようやくやってきた。5月30日時点で再開日を公式発表している施設を紹介する。
「マクセル アクアパーク品川」は、6月1日(月)より営業再開。営業時間は10:00~17:30(最終入場17:00)で、感染拡大予防対策として、密集が予想されるドルフィンパフォーマンスや、フィーディングタイム、ふれあいプランなどのイベント・プログラムは中止するほか、屋内・至近距離で発声の可能性があるアトラクションは運休する。
「しながわ水族館」は、 6月1日(月)より営業再開。営業時間は、10:00~17:00(最終入館16:30)で、各ショーや、フィーディングタイム、イルカにタッチ、プロジェクションマッピング、ふれあい水槽は中止する。
「横浜・八景島シーパラダイス」は、6月1日(月)より営業再開。営業時間は、アクアリゾーツ(水族館)が10:00~17:30(最終入館17:00)、プレジャーランド(遊園地)が10:00~17:00。感染予防対策として、海の動物たちのショー(デイショー)は、座席を2000席から700席に減席して行うほか、ナイトショーやガイドツアー、ふれあいプログラムなどは中止する。
「新江ノ島水族館」は、5月31日(日)より営業再開。営業時間は、9:00~17:00(チケット販売、最終入場は16:00)で、各ショーや、ふれあいプログラム、一部の展示は、しばらくの間休止。体験学習施設の「なぎさの体験学習館」は、引き続き当面の間、臨時休館となる。
「多摩動物公園」は、6月4日(木)から営業再開。営業時間は、10:00〜16:00(最終入園は15:00)で、モグラのいえ、昆虫園本館、昆虫生態園、コアラ館、オランウータン屋内展示室、チンパンジー屋内展示室、オオカミ屋内展示室、バク屋内展示室、ウォッチングセンター内特設展など、一部の展示施設は休止(※6月4日はチンパンジー屋外放飼場も公開中止)。また、シャトルバスや、コインロッカー、動物相談コーナー、観察シート配付などの一部サービスを休止するほか、イベントはすべて中止。園内の混雑状況により入園を制限する場合がある。
「井の頭自然文化園」は、6月2日(火)から営業再開。営業時間は、10:00〜16:00(最終入園は15:00)で、水生物館タッチ水槽を休止するほか、モルモットふれあいコーナー、飼育係のいきものガイド、動物解説員ガイドツアー、学芸員によるギャラリートーク、ボランティアによる活動、参加型イベントは休止する。
「よこはま動物園ズーラシア」は、6月11(木)から営業再開。営業時間は9:30〜16:30(最終入園は16:00)で、イベントや、ガイド、動物とのふれあい、団体向け環境教育プログラムを中止するほか、当面の間、1日の入園者数を5000人に制限する。
なお、各施設では、新型コロナウイルス感染防止のため、来場客へマスクの着用や、検温などを呼びかけているほか、入場規制を行う施設もある。詳しくは各施設のホームページへ。
「マクセル アクアパーク品川」http://www.aqua-park.jp/aqua/index.html
「しながわ水族館」https://www.aquarium.gr.jp
「横浜・八景島シーパラダイス」http://www.seaparadise.co.jp
「新江ノ島水族館」https://www.enosui.com
「多摩動物公園」https://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/
「井の頭自然文化園」https://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/
「よこはま動物園ズーラシア」http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/zoorasia/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.