画像: ブライアンとAJスタイルズがIC王座決定トーナメント決勝に進出【WWE】

ブライアンとAJスタイルズがIC王座決定トーナメント決勝に進出【WWE】

不可解な事故で準決勝2試合が開催不能に
WWE「スマックダウン」(日本時間5月30日配信、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)で現在、開催中の「IC王座決定トーナメント」の決勝戦のカードがAJスタイルズvsダニエル・ブライアンに決まった。
この日は当初、トーナメント準決勝としてAJスタイルズvsアライアス、ダニエル・ブライアンvsジェフ・ハーディの2試合が行われる予定だったのだが、オープニングで突如起こったレンタカー事故でアライアスが病院に搬送され、車を借りていたジェフ・ハーディが逮捕されてしまった。
バトルロイヤルはシェイマスが制する
この状況でスーパースターたちが準決勝について話し合いをした結果、AJスタイルズは不戦勝で決勝進出、ブライアンは試合をすることを希望したため対戦相手を決めるバトルロイヤルを行うこととなった。
10人で行われたバトルロイヤルでは中邑真輔がドリュー・グラック、リンセ・ドラド、ジェイ・ウーソ、ショーティGらと攻防を展開。
中邑がショーティGにヒザ攻撃で攻め込んだが、ショーティGはそれをしのぐとセザーロと中邑をリング外に投げ飛ばして脱落させる。これに怒ったセザーロは試合の権利がないにも関わらず、レフェリーの死角を突いてショーティGを脱落させると残るはシェイマスとウーソ。最後はシェイマスがウーソにブローグキックを決めて10人バトルロイヤルを制した。
釈放されたジェフがシェイマスを襲撃
メイン戦で行われた準決勝ではブライアンとシェイマスが対戦。ブライアンがクローズラインやトペ・スイシーダを決め「カモーン」と挑発するとパワーに勝るシェイマスはエルボーの連打やホワイトノイズを決めて応戦。
しかし試合終盤に釈放されたジェフが突如姿を現すと、それに気を取られたシェイマスにブライアンがランニング・ニーを叩き込んで3カウントを奪った。
準決勝を制したブライアンはIC王座決定トーナメント決勝戦でAJスタイルズと対戦することが決定。試合後、ジェフはシェイマスに襲い掛かかったのだが、果たしてこの日起こった不可解な事故の真相は...。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.