画像: 6・6「WRESTLE PETER PAN」のメインで竹下幸之介がヨシヒコと最終決着戦【DDT】

6・6「WRESTLE PETER PAN」のメインで竹下幸之介がヨシヒコと最終決着戦【DDT】

腕折り固めでアキヒロの腕をもぎ取りバトルドールコンビに一矢
DDTプロレスリングの無観客による「DDT TV SHOW!#5」(5月30日、DDT TV SHOWスタジオ)が動画配信サービス「WRESTLE UNIVERSE」で放送された。
セミファイナルで「オールアウト」の大将・竹下幸之介(25)が彰人(33)と組んで、“ピープルズ・バトルドール”のヨシヒコ、アキヒロ組と対戦した。
「オールアウト」勢は2日配信の大会からヨシヒコとシングルで連戦を行い、彰人こそ勝利を収めたものの、飯野雄貴と勝俣瞬馬は敗戦。23日配信の大会では、2014年8月以来、約6年ぶりに出現したアキヒロの介入もあり、竹下が敗北。対戦成績は1勝3敗と負け越してこの日の試合を迎えていた。
試合は「オールアウト」のセコンド、勝俣と飯野がバトルドールコンビの入場時を襲撃して、波乱の幕開け。一進一退の攻防が続くなか、バトルドール軍は竹下に2人がかりで輪廻転生を見舞う。それでも立ち上がった竹下は彰人、勝俣ごとぶっこ抜くジャーマンでヨシヒコとアキヒロを投げ捨てた。ここで彰人がヨシヒコを丸めて場外の幕から吊るして動きを止めると、勝機と見た竹下がアキヒロに腕折り固め。ぐいと絞め上げると、なんとアキヒロの腕がもぎ取れてしまい、レフェリーが試合を止め竹下組が勝利を収めた。
「悲しいか? 人形のようなおまえにも悲しい感情はあるのか」
竹下は「ヨシヒコ、おまえのせいで俺たちオールアウトは、全員の体がボロボロ。精神はズタボロ。毎日恐怖で眠れない日を送ってる。その恐怖をおまえにやり返した。悲しいか? 人形のようなおまえにも悲しい感情はあるのか。次もう1度おまえとシングルだ。最終決戦、ラストマンスタンディング、ふさわしい場所を用意してくれ!」とアピール。さらに、竹下は「ヨシヒコ! アキヒロの腕一本ですむと思うなよ。オールアウトは全員精神をやられてる。飯野は30人の男に襲われる夢を見てる。次はラストマンスタンディング、どっちか立てなくなるまで、1対1で最終決戦だ」と続けた。
竹下とヨシヒコの最終決戦は「WRESTLE PETER PAN【DAY1】」(6月6日配信)のメインイベントで行われる。1度、ヨシヒコにシングルで敗れている竹下にとっては負けられない闘いとなる。
「DDT TV SHOW!#5」(5月30日、DDT TV SHOWスタジオ)
◆オープニングマッチ 30分一本勝負
樋口和貞&○坂口征夫&赤井沙希(9分41秒、TKO勝ち)クリス・ブルックス&渡瀬瑞基●&納谷幸男
※変形スリーパーホールド→レフェリーストップ
◆第二試合 アイアンマンヘビーメタル級選手権試合 30分一本勝負
〈王者〉●男色ディーノ(8分11秒、反則勝ち)アントーニオ本多○〈挑戦者〉
8分11秒 反則勝ち
※反則裁定のため王座移動せず。
◆第三試合 DAMNATIONvsALL OUT! 30分一本勝負
佐々木大輔&○高尾蒼馬(13分18秒、片エビ固め)勝俣瞬馬&飯野雄貴●
※ランニング・エルボーバット
◆第四試合 30分一本勝負
○秋山準(4分24秒、逆エビ固め)岡谷英樹●
◆セミファイナル 30分一本勝負
ヨシヒコ&●アキヒロ(9分35秒、TKO勝ち)竹下幸之介○&彰人
※腕がもげたため→レフェリーストップ
◆メインイベント KO-D6人タッグ選手権試合 60分一本勝負
〈王者〉○遠藤哲哉&T-Hawk&エル・リンダマン(16分17秒、エビ固め)HARASHIMA&上野勇希●&吉村直巳〈挑戦者〉
※シューティングスター・プレス。第40代王者組が2度目の防衛に成功。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.