画像: 除菌方法で話題の「次亜塩素酸水」違いはどこから生まれるの?【withコロナ】

除菌方法で話題の「次亜塩素酸水」違いはどこから生まれるの?【withコロナ】

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた「緊急事態宣言」が解除され、一人ひとりが感染対策を行う「新しい生活様式」の日常生活が始まった。家庭や職場での除菌方法の選択肢として話題の「次亜塩素酸水」だが、さまざまな商品があって何を選べば良いか分からない消費者も多いだろう。多くの医療関連施設や地方自治体、保育園、学校などに導入実績のある高機能電解イオンミスト「IELU(イエル)」の開発・販売を行っている株式会社ワンテンスの永田寛明代表取締役CEOに、「次亜塩素酸水」の違いについて聞いた。
高機能電解イオンミスト「IELU」開発の経緯を教えてください。
永田寛明(以下、永田)「創業者三人のうち一人の父親が、電気分解によるイオン導入技術の研究者でした。その方が経営する会社がそれまでにない電気分解技術を保有しており、矢作直樹元教授と東京大学大学院医学系新領域創生学科と共に、当該技術を再生医療など医療・手術の現場に適用していくことを目的に共同研究がスタートいたしました。東京大学との共同研究を通じ、医療・手術の現場の水準に耐えうる安全性と、機能性を両立するまでの品質の担保および技術改善を達成し、多くの権威ある国際学会や世界フォーラムなどでその効果を発表してきました。
東京大学を含め、多くの大学・研究機関との共同研究を通じて、電気分解効率に磨きをかけ、画期的な独自特許技術である電気分解技術『3室ダブルイン型電解システム』を開発したことで、さらに高純度の次亜塩素酸水の生成が可能になりました。
過去の研究経緯より、『3室ダブルイン型電解システム』で生成した次亜塩素酸水のうち、pH6.0~6.5、有効塩素濃度20~25ppmの条件が機能性と安全性の最適バランスであることを見出し、この条件下で製品化したものが『IELU』となっております」
「IELU」は高機能電解イオンミストとのことですが、その他の次亜塩素酸水と何が違うのでしょうか?
永田「次亜塩素酸の機能性と安全性を決めるのは、不純物の有無となります。『IELU』は食塩や電解質由来成分などの不純物を一切含まずに、高純度の次亜塩素酸水となっている、これが大きな違いとなります。
一般的な次亜塩素酸水の製造方法は、撹拌混合製法や無角膜もしくは2室型の電気分解製法がありますが、これらの製造方法では化学的特性もしくは電解システムの構造的特性より、どうしても食塩や電解質成分などの不純物が生成水に含まれてしまいます。従前より、電気分解にて生成された次亜塩素酸水の殺菌効果は、薬品と比較した場合に安全性と殺菌性をあわせ持つ機能水として評価されていましたが、その製法由来の不純物の存在が人のいる空間での噴射や噴霧における健康被害や金属腐食などの原因になるとされ、汎用的な実用化にはいたってこなかった経緯がございます。
『IELU』の開発は、いかにこの不純物をゼロにするかの研究だったと言っても過言ではありません。約30年の研究を経て完成した独自特許技術『3室ダブルイン型電気分解システム』では、食塩や電解質由来成分などの不純物を一切含まずに、高純度の次亜塩素酸水が生成可能となります。高純度に生成できるから、塩素濃度が低濃度でも高い除菌機能を発揮すると同時に、体内に入っても安全という機能性と安全性を両立しています」
「IELU」の安全性について詳しく教えてください。
永田「『IELU』は医療現場での使用を目的に開発されてきましたので、除菌機能はもちろん、特に安全性には十分な検証を行っております。清涼飲料水の規格基準もクリアしているうえ、医薬品・医療機器開発時の必須試験である細胞毒性試験(人体に入っても健康被害を及ぼさないことを確認する試験)までクリアしております。すなわち『IELU』は体に吹きかかっても、飲用しても、呼吸器・粘膜などから体内に入っても、安全ということが第三者調査機関および共同研究により実証されています」
次亜塩素酸という成分自体に危険性はないということでしょうか?
永田「先ほどもお話した通り『IELU』は食塩や電解質由来成分などの不純物を一切含みませんので、その安全性は次亜塩素酸自体の安全性と見なすことができるかと存じます。当然、人体に安全な濃度以下であることが前提となります。過去に行った細胞毒性試験では、『IELU』を50ppmまで検査し、いずれもクリアしております。もっと高い塩素濃度でも細胞毒性試験をクリアするかもしれませんが、そこは検証していないため分かりません。純度の高い次亜塩素酸水ならば、少なくとも同等濃度までは人体に対して安全なのではないかと思われます」
「IELU」に期待されている方にメッセージをお願いします。
永田「きちんとした製造方法で作られている次亜塩素酸水の可能性は素晴らしいと思います。これまで不純物が極めて少なく、純度の高い次亜塩素酸水というものが、おそらく市場に出ることがなかったため、正しく次亜塩素酸水というものの評価がなされてこなかったと思っています。政府には正しく効果が認められる次亜塩素酸水の基準や製法のガイドラインを明確にしてほしいですし、消費者の方にもどうか正しい知識を持って良い商品を選んでいただきたいです。良かったら『IELU』を使ってみてください」
(5月28日取材)
※なお、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)の報道発表資料を受け、株式会社ワンテンスは5月30日、以下の公式見解を発表した。\n
−−−−−−−−−−
2020年5月30日
2020年5月29日に報道された内容に関する弊社見解
株式会社ワンテンス代表取締役 永田寛明
株式会社レドックス代表取締役 片山貴嗣
平素は格別のご愛顧を賜り、誠に有り難うございます。
一部報道機関において、「次亜塩素酸水、有効性は確認されず」等といった、見解が発表されました。
これを受け、当社にはお客様から多数のご相談・ご意見が寄せられており、皆様にはご心配をおかけする結果となり、申し訳なく存じますと共に、今回の報道内容と、弊社見解との相違につきご説明させて頂きたく存じます。
今回の報道に際し、各所からのご要請があった場合、弊社が第三者機関に依頼した試験データを提供させていただくなど、細菌・ウイルス対策の有益な情報・手段として、広く社会に貢献させて頂きたいと考えております。
IELUは、薬機法における広告上法的区分の関係上訴求できないことも多々ございましたが、「見解」として主に安全面につきまして研究経緯と検証結果をベースにご報告させていただきたく存じます。
1. IELUの安全性について
・IELUは、3室ダブルイン型電気分解システム(特許技術:5253483)で作られた次亜塩素酸水(pH:6.0~6.5、有効塩素濃度:20-25ppm、電解質:NaCl)です。
・弊社特許技術は、再生医療の現場でも多く使用されており、20超の国立大学および研究機関等との共同研究により、これまで世界的な論文と学会発表をし続けてきております。
・IELUは、食品衛生法に基づく清涼飲料水の規格基準をクリアしており、口に入っても誤飲しても安全であることを確認しています。
・さらに、医薬品会社との共同研究を通じて、IELUによる細胞毒性試験(体内に入っても健康を阻害しない)もクリアしております。
・現時点、国立大学病院を含め、様々な医科歯科領域の病院やクリニックにIELUは導入されており、手術時の体内洗浄、口腔内の手術・治療、目の治療・洗浄などに使用されております。
・IELUを使用されている某介護施設では、2012年から現在までの8年間、高齢者の口腔洗浄にIELUを使用されております。誤飲してしまうリスクが伴う認知症の高齢者にもIE
LUを使用していますが、誤嚥性肺炎など健康阻害が引き起こされた症例は報告されておりません。
2. IELUと他の次亜塩素酸水の製造方法の比較について
・次亜塩素酸には、製造方法により性能品質に大きく影響が出ることが特徴です。
・IELUは独自特許技術(特許5243483) を用いた「3室型電気分解システム」で作られた次亜塩素酸水です。一般的な次亜塩素酸水の製法だと、化学的もしくは製造の構造上どうしても食塩や塩酸などの不純物が生成・排出してしまい、この不純物が健康被害に繋がる可能性があると言われています。
・独自特許技術「3室型電気分解システム」で作られたIELUは、食塩や塩酸などの不純物を一切含まず、高純度の次亜塩素酸の生成が可能になります。この純度の高さにより、塩素濃度20~25ppmという低濃度でも高い生菌不活性化機能を発揮すると共に、飲めるほどの安全性を確立することができます。
3. 2020年5月29日のNITE中間報告における一部報道について
1.「次亜塩素酸水、新型コロナへの有効性は確認されず(NITE調査)」という報道に対して
2020年5月29日のNITE報告の内容は、すべての次亜塩素酸水を検証した報告ではなく「市場商品群のなかには効果が認められない粗悪品も含まれるため、継続的に検証を続ける」という中間報告に過ぎず、すべての次亜塩素酸水の有効性が否定された最終結果ではありません。なかには有効性が認められる商品も含まれておりました。また、現時点のNITE検証対象商品群に、3室ダブルイン型電気分解システムで製造されたIELUは含まれておりません。上述の通り、IELUは安心安全であると各種研究機関からの報告も得ており、NITEの継続検証に対し、IELUの検証および情報提供に積極的に働きかけている所存でございます。
2.「次亜塩素酸水、噴霧での利用は控えて」という報道に対して
・2020年5月29日のNITE報告は、次亜塩素酸水の噴霧による新型コロナに対する有効性に明確な解答が得られていないという内容で、NITEが次亜塩素酸水の噴霧を控えることを推奨する内容とはなっておりません。本件見出しは、NITE中間報告に対して、さも結論であるかのように伝え、かつ正確な中間報告の内容を曲解して報道したものであると弊社は見なしております。
・なお、2020年5月29日NITE中間報告に記載されている、各国の衛生当局の見解は、あくまで消毒剤(医薬品)の空間噴霧に対する見解であり、次亜塩素酸水の空間噴霧に対する見解ではありません。現時点、次亜塩素酸水の空間噴霧に対して、国が定めた明確なガイドラインやルールは存在しない状況ですが、上述の通り十分に人体に安全なIELUを噴霧することで、健康被害を与えることはありません。
高機能電解イオンミスト「IELU」
【価格】300mlボトル3500円(税別)、1lパウチ7800円(税別)
【問い合わせ】03-5843-1426
【URL】https://www.onetenth.co.jp/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.