画像: UNIVERSAL王者・佐々木大輔が高梨から権利譲渡のクリス相手に6・27新宿で防衛戦【DDT】

UNIVERSAL王者・佐々木大輔が高梨から権利譲渡のクリス相手に6・27新宿で防衛戦【DDT】

試合では佐々木が吉村を沈める
DDTプロレスリングの無観客による「DDT TV SHOW!#6」(6月13日、DDT TV SHOWスタジオ)が動画配信サービス「WRESTLE UNIVERSE」で放送された。
DDT UNIVERSAL王者で「ダムネーション」の“カリスマ”佐々木大輔(34)が、紆余曲折の末、前王者であるクリス・ブルックス(28)の挑戦を受けざるを得ない事態に追い込まれた。
佐々木はこの日、高尾蒼馬(31)とタッグを組み「ディザスター・ボックス」のHARASHIMA(年齢非公表)、吉村直巳(25)組と対戦。
試合は一進一退の闘いが繰り広げられたが、佐々木が高梨将弘(37)の得意技であるタカタニックと同形のササタニックを吉村に決めて、「ダムネーション」が勝利を飾った。
松葉杖をついて登場の高梨を暴行した佐々木をクリスがKO
そこに、左足の腓骨、脛骨を骨折して欠場中の身ながら、佐々木から次期挑戦者に逆指名されていた高梨が松葉杖をついて現れてリングイン。高梨は「オマエに指名されて、4カ月ぶりにリングに上がった。短いのか長いのか分からないくらい、プロレスから離れた生活を送っていた。復帰はまだ考えられない。復帰したら、ぶん殴ってやる」とマイク。
佐々木は「マサ、来てくれてうれしい。このベルト、オマエが復帰するまで、俺は待ってるよ」と言うや、高梨がケガしている足に蹴りを入れた。パートナーの窮地にクリスが現れると、高梨が佐々木を松葉杖でぶっ叩き、クリスがプレイング・マンティスボムを見舞うと、佐々木はこの日も大の字にのびてしまった。
高梨は「残念だったな。その(挑戦)権利、クリスにしようと思う。クリスがベルトを獲る」と挑戦権の譲渡を宣言。これが認められて、6月27日の新宿FACE大会で、クリスが佐々木に挑むことが決まった。
佐々木「そんな話知らない」...もタイトル戦は決定
大ダメージを負って、コメントスペースにたどり着いた佐々木は、へたり込んだまま「どうなってんだ? 誰か知ってるか? 俺が勝ったのか? 今日も体中が痛い。クリスが挑戦? そんな話知らない。マネジャー(島谷常寛)を通して、話してくれ」と混乱の中コメントしたものの、拒んでいたクリスの挑戦を受けなければならなくなってしまった。
3月20日の東京・後楽園ホール大会で佐々木に敗れて王座から陥落して以降、ようやく巡ってきたシングルでのリターンマッチのチャンスを得たクリスは「(高梨の)骨折してる足を蹴るなんて見ていられなかった。シングルでのタイトル戦を待っていた。こうやってDDTのファンの前でできるのはうれしい。タカナシの一発は最高だった。さっきのスイングを見るかぎり、タッグベルトも獲れる」と満足げ。高梨は「(佐々木には)いちばんイヤな展開だろうけど、オレにはうれしい展開」としてやったりの様子だった。
「DDT TV SHOW!#6」(6月13日、DDT TV SHOWスタジオ)
◆オープニングマッチ 30分一本勝負
大鷲透&松永智充&○納谷幸男(8分8秒、コブラツイスト)勝俣瞬馬&飯野雄貴&岡谷英樹●
◆第二試合 アイアンマンヘビーメタル級選手権試合 30分一本勝負
〈王者〉●男色ディーノ(8分41秒、スーパーごんぎつね3)アントーニオ本多○〈挑戦者〉
※ディーノが防衛に失敗、アントンが第1480代王者となる。
◆アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
〈王者〉●アントーニオ本多(19時31分、体固め)男色ディーノ○〈挑戦者〉
※リップロック。アントンが防衛に失敗、ディーノが第1481代王者となる。
◆第三試合 #DAMNHEARTSvsEruption! 30分一本勝負
マッド・ポーリー&エル・リンダマン&●島谷常寛(10分39秒、片エビ固め)樋口和貞&坂口征夫○&赤井沙希
※神の右膝
◆第四試合 30分一本勝負
秋山準&○渡瀬瑞基(10分7秒、片エビ固め)クリス・ブルックス&中村圭吾●
※バックドロップ
◆第五試合 DAMNATIONvsDISASTER BOX! 30分一本勝負
○佐々木大輔&高尾蒼馬(11分2秒、エビ固め)HARASHIMA&吉村直巳●
※ササタニック
◆セミファイナル いつでもどこでも挑戦権争奪戦 30分一本勝負
○上野勇希(7分38秒、ウラカンラナ・インベルティダ)MAO●
※上野がいつでもどこでも挑戦権を獲得。
◆メインイベント #DAMNHEARTS vs ALL OUT! 30分一本勝負
○遠藤哲哉&T-Hawk(18分16秒、エビ固め)竹下幸之介&彰人●
※シューティングスター・プレス
◆緊急決定試合 いつでもどこでも挑戦権使用~KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
〈王者〉○遠藤哲哉(16分54秒、変形ゆりかもめ)上野勇希●〈挑戦者〉
※第75代王者が初防衛に成功。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.