画像: 気になる「紫外線」の基礎知識と「光老化」とは? 皮膚科専門医に聞いた【前篇】

気になる「紫外線」の基礎知識と「光老化」とは? 皮膚科専門医に聞いた【前篇】

「緊急事態宣言」が解除され、少しずつ外出できるようになったけれど、これからの季節にどうしても気になるのは「紫外線」。「紫外線」対策を怠ると肌年齢の老化「光老化」を引き起こす原因に......。そこで「Dクリニック」総院長で皮膚外来専門医でもある川島眞先生に、「紫外線」の基礎知識と「光老化」との関係を聞いた。
はじめに「紫外線」とはどのようなものか教えてください。
川島眞(以下、川島)「紫外線とは、太陽光線の中のある波長のものを指します。太陽光線の中には人の目に見える波長の可視光線があり、それよりも波長の短い光が紫外線で、長い光が赤外線と呼ばれています。紫外線はUV(Ultra Violet)と言いますが、主に知られているものはUVA、UVB、UVCで、それぞれ波長によって分けられます。ただし、UVCは地球を取り巻くオゾン層によって遮られ、エネルギーは強いのですが地表に届きません。地表に届く太陽光線のうち波長の短い紫外線がUVB、長い紫外線がUVA、その次に可視光線となります。
私たちが一番身近に感じる紫外線の影響といえば日焼けですが、赤くなったりひどいと水ぶくれになったりしてから肌が黒くなる、一連の作用の多くはUVBの紫外線で起こります。UVAはUVBとともに肌を黒くするのですが、問題なのは波長が長い分肌の奥の真皮にまで侵入し、膠原繊維(コラーゲン)や弾性繊維(エラスチン)を変性させてシワやたるみに作用するのです。ですから紫外線の影響に気がつきやすいのはUVBですが、知らず知らずのうちにUVAによる影響も受けていると考えていいと思います」
そのほかに「紫外線」を浴びることで身体への影響はありますか?
川島「メリットとしては、私たちの骨の成長や維持に必要なビタミンDを、皮膚で合成する際に紫外線が使われます。とはいえ日本の夏の紫外線であれば、顔や手の甲を露出して15分程度で十分なビタミンDが作られると言われています。一日中紫外線に当たっている必要はないですし、裸で日光浴しないと骨が弱くなるということもありません。ビタミンDは青魚やきのこ類など食事からも摂ることができますし、サプリメントなどにも含まれています。もちろん極端に日光を避ける必要はありませんが、遺伝的な難病などで一切紫外線に当たれない方もいて、食事やサプリメントで十分なビタミンDを保てるかといった研究も進んでいます。
紫外線の最大の悪影響としては、皮膚がんの問題があります。主にUVBが表皮の細胞の遺伝子に傷をつけるのですが、その修復がうまくいかないと増殖してがん細胞になってしまいます」
屋内で過ごす場合や曇りの日であれば「紫外線」は防げるのでしょうか?
川島「屋内でもUVAはガラスを透過しますので、窓際にいて真っ赤に日焼けすることはありませんが、長年浴びているとシワやたるみが増える原因になるかもしれません。紫外線の量は季節でいうと夏を100%として、冬は30〜40%程度です。天候では晴れの日を100%とすると、曇りの日で50%程度、雨の日で30%程度には弱まります。とはいえゼロにはなりませんので、曇りや雨の日でも長時間外出する場合は、日焼け止めを塗ったほうがいいですね」
「光老化」という言葉も聞きますが、通常の老化と何が違うのでしょうか。
川島「光老化(Photoaging)とは、年齢とともに目立ってくる紫外線によって起こる皮膚の変化全般のことを言います。私どもは皮膚の老徴と呼びますが代表的なものはシミ・シワ・たるみで、一番の原因は紫外線、つまり光によって起こる肌の老化なので光老化と呼びます。光老化は日焼け止めをきちんと使うことで予防できるので、私どもは光老化の予防に日焼け止めが有効であることを啓発する『光老化』啓発プロジェクトという活動も行っています」
(後篇に続く)
「Dクリニック東京メンズ」
【URL】https://www.menshealth-tokyo.com/skincare/
「Dクリニック東京ウィメンズ」
【URL】https://www.womenshealth-tokyo.com/skincare/
「『光老化』啓発プロジェクト」
【URL】https://www.hikari-rouka.org/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.