画像: 板垣李光人”美しすぎる少年”の呼び声に「ハードル上げないで!」安藤政信、市原隼人、三浦貴大の撮影でファースト写真集

板垣李光人”美しすぎる少年”の呼び声に「ハードル上げないで!」安藤政信、市原隼人、三浦貴大の撮影でファースト写真集

いま最も注目を集めている若手俳優のひとり、 板垣李光人(いたがき・りひと)がファースト写真集『Rihito 18(リヒト ジュウハチ)』(SDP、17日発売)の発売日を控えた16日、リモートでマスコミの取材に応じた。「正直なまたところ、あまり実感がない」と板垣。「90何ページ全部、自分の顔っていうものがが世に出るというのがあまり実感がないです。喜びだったりうれしい気持ちはあるんですけど」。
タイトルの"18"は板垣の現在の年齢。写真集には、等身大だったり、大人っぽかったり、17歳だった自分が詰め込まれている。発売前に数点写真集からショットが公開されているが、それを見て「美しすぎる少年」とネット上がざわついた。
「自分の知らないところでハードルが上がっている気がしていて、ちょっと怖いというのもあります。そう言って下さるのはうれしいんですけど。......あんまり、ハードルを上げすぎないでほしい」
撮影は、安藤政信、市原隼人、三浦貴大の3名が担当。安藤は屋久島の自然豊かなロケーションと作りこんだスタジオセット、市原はカフェや路地裏のような身近なロケーションで10代の板垣の等身大を写した。三浦は安藤の屋久島ロケに同行し、安藤と撮影中の表情など板垣も知らない顔を捉えているという。
いずれもリスペクトする先輩。写真集を出すことになり、板垣が「ダメもとでお願いしてみた」という。安藤、三浦とは共演経験があり、そのときに安藤に写真を撮ってもらったことがあったそうで、「(写真集を)出すことになったらお願いしたいです!、と話していました。お忙しい方なので、ダメもとで安藤さんにお願いしたら快く引き受けてくれました。市原さんもダメもとでお願いしたら撮ってくれることになって......言い方は悪いですけど、どんどん大ごとになっていった(笑)」。
「17歳の1年間が詰まっている」というファースト写真集。板垣は「家族アルバムのよう」だとも言う。「お父さんとお母さんが撮った顔が違うように、そういうところも楽しんでほしい」。
写真集は、SDPより17日に発売。表紙違いで、通常版と限定カバー版の2種がある。通常版の表紙は安藤が、限定カバー版は市原が担当している。
最後に板垣は「(写真集を発売するタイミングで)ファンのみなさんとお会いできるかなと思っていたのですが、今は我慢ということで。いずれお会いできればと思っています」とあいさつして、締めくくった。
今後は、人気コミックを実写映画化する『約束のネバーランド』(平川雄一朗監督)の公開が控えている。板垣はノーマン役で出演する。映画は12月18日公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.