画像: “レジェンドキラー”オートンが非公認戦でクリスチャンをKO【WWE】

“レジェンドキラー”オートンが非公認戦でクリスチャンをKO【WWE】

クリスチャンがオートンを挑発
WWE「ロウ」(日本時間6月16日、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)のオープニングにPPV「バックラッシュ」でエッジを破った“レジェンドキラー”ランディ・オートンが登場した。
オートンは「“史上最高のレスリング戦”を制して最高のレスラーになった。エッジのおかげで再び“レジェンドキラー”になれたことに感謝しているよ。エッジは復帰までまた9年かかるだろうがな」と言って試合を振り返ると、そこへエッジの盟友クリスチャンが現れた。
クリスチャンは「お前は最低な男だ。エッジはあきらめることはない」と非難すると、オートンは「お前ももう1試合したいだけだろ。試合の許可が出ていないなら俺と非公認戦はどうだ? 受けなければただの臆病者だな」と挑発してその場を後にした。
オートンはこの日もパントキック
この対戦要求にクリスチャンが覚悟を決めて受諾するもリック・フレアーが試合前にやめるように説得。しかし、クリスチャンが試合を強行すると、なんとフレアーが背後からクリスチャンにローブローを放ってしまう。この状況にもオートンは容赦なくパントキックをクリスチャンに叩き込んでピンフォールを奪取すると、試合後には「すまない。こんなことしたくなかったのになぜここに来たんだ。これはお前のせいだ」と複雑な心境を露わにした。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.