画像: 自宅にいながら、いろいろな映像世界へお出かけ!【DVD&Blu-ray】

自宅にいながら、いろいろな映像世界へお出かけ!【DVD&Blu-ray】

『天気の子』
天候の調和が狂っていく時代に、東京にやってきた家出少年・帆高と不思議な力を持つ少女・陽菜が、運命に翻弄されながらも自らの生き方を“選択”する物語。
2019年NO.1興行収入を記録した新海誠監督の最新アニメーション映画。大ヒットを記録した前作『君の名は。』に続き、音楽をRADWIMPSが担当。さらに前作同様、重要なシーンではRADWIMPSが書き下ろした複数のボーカル曲や劇中音楽が、新海ワールドならではの美しい映像と融合し、見る者の心を揺さぶる。主題歌のうち2曲にはRADWIMPSのボーカル野田洋次郎たっての希望で女性ボーカルを採用。約1年をかけたオーディションで選ばれた三浦透子が参加している。また主人公・帆高と陽菜には2000人以上のオーディションから抜擢された若手俳優、醍醐虎汰朗と森七菜をキャスティング。さらに小栗旬、本田翼、倍賞千恵子ら実力派が脇を固める。
発売元:STORY、東宝 販売元:東宝 発売中 Blu-rayコレクターズ・エディション 1万2000円、Blu-rayスタンダード・エディション 4800円、DVDスタンダード・エディション 3800円(各税別)
『屍人荘の殺人』
新人作家としては前代未聞の、国内主要ミステリー賞を総なめにした今村昌弘のデビュー作「屍人荘の殺人」を神木隆之介、浜辺美波、中村倫也といった豪華キャストを迎え映画化。監督はドラマ「民王」の鬼才・木村ひさし。脚本は「TRICK」シリーズなどの蒔田光治。奇想と本格ミステリーが見事に融合し、斬新なトリックの数々がはりめぐらされる原作の良さをそのままに、映像化ならではの大胆なアレンジに挑む。
大学のミステリー愛好会の所属する葉村譲と明智恭介は学内の事件を推理する自称“ホームズとワトソン”。ある日、2人の前に現れた謎の美人女子大生・剣崎比留子に誘われ、山奥のペンション「紫湛荘」で合宿に参加することに。
販売元:東宝 6月17日(水)発売 Blu-ray豪華版 6800円(税別)
『リチャード・ジュエル』
今年、90歳を迎えた巨匠クリント・イーストウッドが、1996年にアメリカで起こった「アトランタ爆破テロ事件」にまつわる実話をもとに、テロ容疑をかけられた男と彼を取り巻く社会を描いた社会派サスペンス。
米アトランタのセンテニアル公園で不審なリュックを発見した警備員のリチャード。その中身は無数の釘が仕込まれたパイプ爆弾だった。事件を未然に防ぎ一時は英雄視されたリチャードだったが、一転、自作自演を疑われたことで事件の容疑者となってしまう。加熱する報道合戦にあおられた世間の偏見や誹謗中傷にさらされたリチャードは、弁護士サムとともに立ち上がるのだが...。
販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント 発売中 ブルーレイ&DVDセット4980円(税別)
『ロマンスドール』
高橋一生と蒼井優が夫婦役で共演。“邦画史上最も美しい”ベッドシーンも話題を呼んだ大人のラブストーリー。一目惚れした妻と幸せな結婚生活を送りながら、ラブドール作りに没頭する哲雄を演じるのは、高橋一生。夫に理解のある良き妻でありながら、胸の中の秘密をなかなか打ち明けられない妻の園子役を蒼井優。他、きたろう、渡辺えり、ピエール瀧、浜野謙太、三浦透子、大倉孝ニらが脇を固める。『百万円と苦虫女』のタナダユキ監督が自らのオリジナル小説を映画化した。
一目ぼれをして結婚した園子と幸せな日常を送りながら、ラブドール職人であることを隠し続けている哲雄。仕事にのめり込むうちに家庭を顧みなくなった哲雄は、恋焦がれて夫婦になったはずの園子と次第にセックスレスになっていく。いよいよ夫婦の危機が訪れそうになった時、園子は胸の中に抱えていた秘密を打ち明ける...。
販売元:ハピネット 7月3日(金)発売 DVD通常版 3900円(税別)他

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.